SPORTS

HEADLINE

FLASHのスクープで振り返る平成のアスリートの熱愛、純愛、不倫報道史

アスリート11人の熱愛スクープ史

時代はついに令和に変わった。平成の30年と4カ月のあいだに本誌がとらえてきたのは、熱愛、純愛、不倫に、かなわぬ恋……。そう、男と女が織り成す愛の物語だ。

幕を閉じたひと時代に別れを告げるべく、平成の「テレビには映らないアスリート愛」のスクープ写真を公開する。

イチロー&福島弓子
[平成11年12月]

3月に現役を引退したイチロー(45)は、引退会見で弓子夫人(53)を、「ゲーム前にホームのときは妻が握ったおにぎりを食べている。その数は2800。3000個握らせてあげたかった」と労った。

弓子夫人の誕生日直前、ハワイへの新婚旅行に出発する2人は、笑顔だった。平成の終わりとともに、夫婦の第2の人生が始まった。

伊達公子&ミハエル・クルム
[平成13年2月]

テニスを観戦中に、顔を寄せ合う伊達(48)とクルム(49)のラブゲーム。このとき仲のよかった夫婦は、平成28年に離婚した。

阿部慎之助&のちの妻
[平成15年7月]

マンションの前で、お姫様抱っこをするなど100分近くイチャつく男女がいた。男の名は読売巨人軍の阿部(40)。結局自宅に上げてもらえなかったが、この3年後に結婚。3人の子供をもうけた。

口説き文句は「君を99.99999%愛してるよ」だった。だが平成24年、グラビアアイドルとの浮気が発覚。0.00001%の性欲に負けた。

ダルビッシュ有&紗栄子
[平成19年10月]

結婚直前のダルビッシュ(32)と紗栄子(32)だが、5年後に離婚。紗栄子はこの後、ZOZOの前澤友作社長と交際するも、破局。

王貞治&事実婚の恋人
[平成21年9月]

恋人について「福岡の人はみんな知っているよ。知らないのは君たちだけだ」と記者に説明してくれたのは、世界の王(78)だった。

平成13年に愛妻を亡くしていたワンちゃんのお相手は高級料亭の娘。「今の僕にとって必要な人なんだ」とも。平成30年、「昭和のホームラン王」はこの女性と入籍した。

高見盛&松坂南
[平成22年1月]

高見盛(振分親方・42)とグラドルの松坂(35)とのデート現場。親方のアプローチ虚しく、交際には至らなかったという。

田中将大&里田まい
[平成22年12月]

当時、彼女である里田(35)の存在を隠さなかったマー君だが、婚前バリ旅行ではご覧の微妙な「登板間隔」ならぬ「歩行間隔」。されど、宿泊は1泊20万円のスイートルーム。平成24年に結婚。もう30歳、パパにもなってマー君とも呼びづらい。

宮里藍&マネージャー
[平成25年3月]

「関係者の間では恋人同士というのは周知の事実だった」(ゴルフ記者)というが、宮里(33)が結婚したのは現役引退後の平成30年。

お相手は、長年にわたってマネージャーを務めた座親匠(ざおやたくみ)氏。本誌は6年前に日本帰国時の2人をキャッチしていた。

照ノ富士&モンゴル美女
[平成27年6月]

大関昇進伝達式の12時間後。隣は沢尻エリカ似の同郷のモンゴル人美女だ。怪我や内臓疾患で、2019年の春場所では序二段まで番付を落とした。頑張れ。

錦織圭&観月あこ
[平成28年7月]

凱旋帰国中の2人をキャッチした一枚。3歩後ろならぬ、5歩前を颯爽と歩くのは観月(27)。錦織(29)のスタッフは最敬礼で彼女を迎える。

堂々とした振舞いの観月に対して、終始、周囲の様子をうかがっていたのがケイだった。グランドスラム初制覇が先か、結婚が先か……。ジュースが続く。

立浪親方&不倫相手
[平成30年1月]

「もうやめろよ!」と本誌の直撃にキレた立浪親方(50)。妻と一男一女がいるのに、長谷川京子似の美女と逢瀬を重ねていた。

[via:SmartFLASH]
https://smart-flash.jp/sports/68767


松坂南ごっつぁんヘアヌード

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事