SPORTS

HEADLINE

白血病で闘病中の池江璃花子となべおさみが密会!?なべの気功治療を施術 怪しむ関係者のリーク!?

白血病を公表している競泳女子・池江璃花子選手とタレント・なべおさみの“奇怪なる巡り合い”を、8月29日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

記事は、池江選手がなべの自宅を訪れるシーンや、一緒に東京・銀座へ向かう姿など、複数の写真を交えながら、なべが行っているという「民間療法」の存在、またそれに疑問を投げかける内容となっている。

池江選手、なべの2人とも、取材に応じていないが、この情報源となっているのは池江選手側の関係者とみられているという。

記事によると、なべは自らの“気”や“パワー”を用いた施術によって、各界著名人の命を救ったことがあるそうだ。

なべと池江選手の母親が知人を介して面識を持ち、池江選手はなべに対して、多額の報酬を支払い相談に乗ってもらっているという。

「かねてから同誌は、科学的根拠に基づいていない“民間療法”に対して、一貫して厳しいスタンスを取っていて、かつてフリーアナウンサー・小林麻央さんが死去した際にも、夫で歌舞伎役者・市川海老蔵が『スピリチュアルに傾倒していた』などと非難していました。今回の記事も、池江選手となべの関係性について、批判的な目を向けています」(週刊誌記者)

あまりにも意外な池江選手となべの関係性だが、実はこの件について取材を進めていたのは、「新潮」だけではなかったとか。

「ほぼ同じタイミングで、別の週刊誌もなべの自宅周辺を取材していたと聞いています。つまり、両者の関係性を『世間に広めたい』『マスコミに報じてほしい』と考える人間がいて、実行したということでしょう」(同)

一部メディア関係者の間で、複数週刊誌の“リーク元”として疑われているのは、池江選手に近しい人間なのだという。

「母親の紹介とはいえ、こうした“民間療法”に、当然疑問を抱く者が周囲にもいたはず。

しかし、当人同士が望んでやっていることですし、藁にもすがる思いで相談に乗ってもらっているのであれば、説得はなかなか難しいでしょう。

そこで、あえてメディアに情報を流し、“騒ぎ”にしてしまうことで、両者に距離を置かせようと考えたのではないでしょうか」(同)

現時点で、双方はこの件について、コメントを出していない。果たして今後も“施術”は続けられるのだろうか。

[via:サイゾーウーマン]
https://www.cyzowoman.com/2019/08/post_248043_1.html



白血病は順調に回復!?

「なべが『気』や『パワー』を使って施術しているかはわかりませんが、写真の池江選手を見る限り、元気そうに見えます。

闘病前より筋肉は落ちていると思いますが、それでもふくらはぎなどは力がみなぎって見えますね」(芸能記者)

池江選手といえば、8月22日に更新したインスタグラムで東京ディズニーランドに行ったときの写真を公開。

シンデレラ城の前で、人気キャラクター・ミニーマウスの耳の形をしたカチューシャを着用した池江選手も、闘病中とは思えないほど楽しそうな様子だった。


池江璃花子 東京ディズニーランド訪問[8月22日]

「ただ油断は禁物です。8月6日発売の『週刊女性』によると、抗がん剤の治療は折り返し地点の段階で、まだ予断を許さない状況とのこと。

このまま回復したとすれば、あと1年で日常生活は送れるようですが、完治してからアスリートとして復活するにはさらに時間がかかるといいます。

とはいえ、東京ディズニーランドや銀座で元気な姿を見せているので、治療が順調に進んでいると信じたいですね」(前出・芸能記者)

今後も、驚くほど元気な姿を見せてほしいものだ。

[via:アサ芸Biz]
https://asagei.biz/excerpt/6686

王貞治の胃がんを治癒!?

なべは、かつて王貞治ソフトバンク会長の胃がんを「治療した」などと自著に記したことがある。

なべによると、胃の摘出手術をした王貞治が「私を助けてくれますか」と相談に来て、手を握ってあげたら、余命の終わりが近付いていると分かったので、その手を握り続けて何と治癒、救ってあげたと自分の本に書いてある。

事実かどうかは分からないが、なべよる民間療法に、わらにもすがる思いで池江は頼っているのだろうか。

だが、あるテレビ局関係者は「池江さんは、白血病と分かった直後から医師による抗がん剤治療を受けているから、治療に関する心配はないのでは」と指摘する。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1528842/

なべおさみ 吉本入り

タレントのなべおさみ(80)が26日、毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」に生出演し、吉本興業に所属したことを発表した。関係者への取材によると、所属は5月1日から。《中略》

闇営業騒動で揺れた吉本に、日本テレビ「シャボン玉ホリデー」、同「ルックルックこんにちは」などで知られる超ベテランの加入。

なべは1991年、長男で元たけし軍団のなべやかん(49)の明治大学替え玉受験事件で騒がれた。その後、吉本に所属していた時期もあり、今回は“復帰”という形になる。

[via:デイリースポーツ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000077-dal-ent

吉本興業入りしたなべは、口はうまいし、一見、優しいオジサン風だが、今は知らないが、かつてはヤクザとの付き合いも深かった人間である。池江も深入りしないほうが・・・。

ネットの反応

・おいおいおい
・あ~、こっちに来ちゃったか。ヤバいな~。
・麻央症候群
・もう末期なんか
・気功なんて末期患者がすがるもんだろ、縁起でもない
・末期になる前に早めに受けてるからセーフ
・気持ちはわからんでもないが、追い詰められてると冷静な判断はできなくなるね
・ディズニー行ったもの動けるうちに行かせたんだろうね
・自分で何か悟ったんやろなあ…
・なべあかん
・こんなインチキ野郎よく信用したもんだな
・なべやかんって腹の底から笑ってるの見た事無い
・手かざしくらいなら害はないけどな
・変な薬飲まされたり、近代医療拒絶するよう指導されたら手遅れになる。
・川島なお美も金の棒でコロコロしてれば病気が治ると信じてたな
・なべはでも本物らしいよ オレの知り合いが聞いた話で白血病の女子大生が医者が驚く治癒見せたらしいし
・弱りきった有名人をこうやって勧誘していくんやなぁ
・弱者の心理につけ込むのがカルト
・この手のヤツ始めたらもう駄目だな
・あーあ 小林麻央と同じ末路に
・病状が良くないてことかな。悲しいね。なんとか治っていただきたい。
・勝手なことされて退院許可与えた主治医の立場ねえよな
・白血病治っても新興宗教にのめり込みそうやなぁ
・俺は気功自体は信じてる。太極拳とかも気功の一種だし。ただ気功治療となると話は別だ。胡散臭い奴がほとんどというか100パーに近い。日本にはいないだろう。
・症状が悪化するようなことがあれば、なべおさみは全国民敵に回すかもな。
・大丈夫、池江璃花子は順調に回復しているよ 死ぬことはない ただ池江は 東京五輪で復活したいという夢がある 一刻も早く回復したい 当然そんなもの夢物語だから病院では実現しない なべおさみのことだから 東京五輪までに間に合わせるとか言ってるんだろう
・さすが吉本、ベストなタイミングで契約したな なべの金の流れを追ったら面白そうw

関連商品

コメント

  1. 6
    名無しさん 2019/09/06 9:38

    神をもすがる思いの人を食い物にする奴には絶対天罰が当たる。

  2. 5
    名無しさん 2019/09/02 9:11

    水素水の風呂がいいよ

  3. 4
    名無しさん 2019/09/01 22:18

    >各界著名人の命を救ったことがあるそうだ。
    誰?

  4. 3
    名無しさん 2019/09/01 13:24

    鍋は●日って聞いた

    関わるべきではないだろ、死ぬぞ

  5. 2
    名無しさん 2019/08/31 23:48

    で、ヨーロッパ諸国は気功が主流なの?
    頭悪いんだから人間のフリせずにウキャウキャ喚いとけや

  6. 1
    名無しさん 2019/08/31 21:18

    いやいや抗がん剤やってるほうが危険だよ。
    抗がん剤は売れてるのは日本だけ。
    アメリカ、ヨーロッパでは抗がん剤は逆効果なケースが多いことが公然となっていて、もう使わない医者が多い。
    これは医学会のタブーなのでマスコミも報道していない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事