SPORTS

HEADLINE

延期の追加費用でドタバタ劇【東京五輪】IOCは日本に責任と費用を押しつける魂胆がバレバレw


IOC バッハ会長

国際オリンピック委員会(IOC)は20日に公式サイトで、新型コロナウイルスの影響による東京五輪の1年延期に伴う追加費用に関し、安倍晋三首相の名前を引用し、日本側が負担に同意したとする見解を発表した。

これに五輪組織委、政府も含め日本側が猛反論。

組織委は該当箇所の削除をIOCに申し入れ、即座に文面が変更された。3000億~6000億円に上るとみられる巨額の追加費用を巡る駆け引きがさらに激しくなっていきそうだ。

東京五輪のカネを巡り、ジャブの応酬が繰り広げられた。

発端はIOCの公式サイト。20日に更新された「東京五輪に関するよくある質問」という合計31個のQ&Aの中の「大会の延期にかかる追加経費」だった。

3000億円とも6000億円ともいわれる追加費用に関し、IOCは「現行の契約条件に沿って安倍晋三首相が、引き続き日本が負担することに同意した」とちゃっかり発表。

これが日本国内で大きな波紋を呼んだ。

16日にIOCと組織委、双方の幹部会議が行われ、費用に関しても可能な限りの節約を行う方針を定め「双方の共通課題として、今後議論する」との合意がなされたばかり。

組織委の高谷正哲スポークスパーソンは「3月24日の安倍首相とIOCのバッハ会長の電話会談では費用負担について取り上げられた事実はなく、双方合意した内容を超えて、総理の名前が引用され、さも合意したかのように表現されているのは適切ではない」と強い不快感をあらわにし、削除を求めた。

菅義偉官房長官、橋本聖子五輪相らも「合意の事実はない」と完全否定した。


(左から)武藤敏郎事務総長、森喜朗会長、高谷正哲スポークスパーソン

組織委の要請を受け、IOCは21日、即座に公式サイトの文面を訂正。安倍首相の名前を削った上で「今後も延期によるそれぞれの影響を評価し、議論していく」と実質わずか1日で見解を変更した。

ドタバタ劇には互いの本音も見え隠れする。

もともとの開催経費総額は1兆3500億円。IOCの負担金は850億円に過ぎず、その他の財政的義務もない。

新型コロナウイルスの影響で日本の経済活動が機能不全に陥る中、組織委、東京都、政府に青天井で延期に関わるカネを出す余裕はなく、IOCに一定の負担を望むのは当然だ。とはいえ、IOCも日本側から延期の提案を引き出した以上、さらなるカネの拠出は避けたい。

前例のない緊急事態にもかかわらず、五輪の開催権と引き換えに開催都市に大きな財政負担を強いるIOCの手法は従来通り。

組織委は文面訂正に「先週(16日)の共同声明の合意事項に沿って議論を進める」と改めて強調したが、一枚岩にはほど遠い現状が浮き彫りとなった。

[via:スポーツ報知]
https://hochi.news/articles/20200422-OHT1T50035.html

◆東京五輪開催の費用変遷

五輪招致の時点での費用経費は約7340億円で試算。

だが、招致決定後に国立競技場の建設費が当初の1300億円から3500億円以上に膨れ上がり、15年に同競技場のデザイン変更を決定。

また、テロ対策などの警備費や建設費の高騰で総額3兆円以上の負担がかかる可能性が出たことから、16~17年にかけてIOCとの協議で見直し。

競技会場を既存施設に替えるなどして費用を削減した。

19年末の時点では1兆3500億円程度とした。

その一方で、会計検査院は国の費用負担だけで1兆円を超えると試算している。

[via:スポーツ報知]
https://hochi.news/articles/20200422-OHT1T50038.html

再延期検討求める声に
IOC「日本が対応できない」と明言

IOCは20日に更新した公式サイトの中で、五輪の1年延期は日本の都合であることを強調した。

新型コロナのパンデミック(世界的大流行)終息が不透明な中、すでに22年への再延期の検討を求める声も出ているが「日本のパートナー(組織委、利害関係者)と(安倍)首相が来夏以降の延期には対応できないと明言した」と明かした。

また、「21年夏までにパンデミックが抑制されない場合は?」との質問には、「WHOのリスク管理と緩和策に従う。関係者全員にとって安全な環境でのみ五輪を開催するという原則に従う」と、回答している。

[via:デイリースポーツ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00000012-dal-spo

ネットの反応

・でも来年とは言え開催は無理じゃない?
・2021年7月にできるとは到底思えない。
・すでにオリンピックなんでどうでも良いと思ってる人が多いでしょう。
・もう空気がオリンピックどころじゃない。早く夢から覚めて、コロナ対策に立ち向かうことが必要。
・もはや中止の検討に入ってもいいと思うよ。
・追加予算6000億円ですかwこれはコロナ対策に使うべきお金だと思います。
・それだけつぎ込むメリットはあるのか?
・そのお金があればワクチンなどの新薬開発に回して欲しい。
・もうIOCには不信感しかない、マラソンの件でもあったけど、余りにも独善的で傲慢。
・「4年に一度のスポーツの祭典」は、何故このような巨大なマネーゲームになったのか。
・延期じゃなく中止にすれば保険が適用されるんでしょ?この状況下で1年延期は難しいし、仮に来年下火になっていても五輪によって第2第3の波がやってきそうで恐怖しかない。
・来年になってからやはり無理だとなると延期で追加負担となる分まで全て無駄になります。
・アスリートの方々には気の毒ですが、中止の方向に持って行った方が。
・IOCは、何か問題があったら日本が責任を全部を押しつけられるのは目に見えている。
・中止でいい。てかもう五輪とか憲章が形骸化して国威の為や政治利用、利権化、賄賂、汚職で平和の祭典ですらなくなってる。こんな運動会はもう無くせ。
・IOCは中止宣言をして悪者になりたくないから無理難題を押し付けてきた様にも見える。
・利権団体、往生際が悪いなw
・さっさと中止しろよ何考えてんだ
・つか、みんな4年後に先延ばしでよくね
・中止か2022にするか選択肢は二つしかねーんだからさっさと決めろ無能共
・パリだって4年後に出来るかどうかも分からないのに、今の状況では来年も、いや、2年後だって厳しいと思う。残念ながら今回は撤退した方がいいだろう。
・2024年パリオリンピックですらまともには開けないと思うぞ。良くて外国人観客不可とかだろう。
・IOCは、日本に対しては強く言えば金を出す国と理解しているようだ。それは日本がyes、noをはっきり言わないからで、従来の日本の態度にも問題がある。「ない袖は振れぬ」とはっきり言うべきだ。
・そもそも東京五輪延期は国内事情によるものではなく、全世界のコロナウイルス蔓延によるもので、日本に責任はないことを、IOCはまず即刻かつ明確に表明せよ
・引き返す勇気と、決断力があれば、日本はまた違う未来があると思う。しかし、そのようなリーダーは、日本にはいない。
・いつまでも五輪というお荷物を抱えていると、経済復興の足かせになる。
・保険金の出る中止で良い、初めからそうしとけよ
・ガス代もったいないからとりあえず聖火は消しときますね

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2020/04/28 22:56

    間違えた!
    2022年

  2. 1
    名無しさん 2020/04/28 22:52

    もう、いっそのこと
    2024に夏の東京オリンピックと
    冬の北京オリンピックをやればいいよ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事