SPORTS

HEADLINE

【東京五輪】ポスト森に橋本聖子が浮上も…キス強要写真が海外に拡散 小谷実可子と元女王バトルも!?

2月12日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が女性蔑視とされる発言の責任をとって辞任を表明した。しかし会長後任をめぐって、波紋が広がり続けている。

「森氏は日本サッカー協会(JFA)相談役の川淵三郎氏(84)に独断で打診。川淵氏は受諾しましたが、選考過程が『透明性に欠ける』などと批判が殺到。

結局、わずか一夜で白紙となりました。スポンサー企業など各方面からは、一日も早い組織委員会の立て直しが求められています」(社会部記者)

混迷を極めた状況のなか、後任候補に橋本聖子五輪相(56)の名前があがった。橋本氏は12日、記者団からの「組織委員会や政府から打診はあったか」という問いに「全くない」と否定。ところが後任会長には、橋本氏が浮上しているようだ。

「次期会長に求める資質として、武藤敏郎事務総長は『五輪・パラリンピックに何らかの経験がある人』と述べました。加えて、ジェンダー平等やダイバーシティなどの見識の高さも求められています。

橋本氏はスピードスケートや自転車競技で、合わせて7つの五輪に出場した実績の持ち主。そのため、政府内では橋本氏を推す声もあるようです」(全国紙記者)

セクハラ疑惑が懸念材料に

そんななか、14年8月に「週刊文春」で報じられた“セクハラ疑惑”が再燃している。

当時、日本スケート連盟会長だった橋本氏は、酒に酔った勢いでフィギュアスケート男子の高橋大輔選手(34)にキスを強要したという。橋本氏は否定したが、世間からの批判もあり引責辞任を申し出た。だが「今後も会長職にあるべき」と慰留され、辞任を免れたのだ。


「後任会長候補の報道が出たことを機に、SNSでは“キス写真”が出回っています。またBBCワールドニュースの大井真理子キャスターも12日、橋本氏の“セクハラ疑惑”を報じた当時の『シドニー・モーニング・ヘラルド』の記事をツイート。

海外にも拡散されたかたちとなりました。森氏の失言に続いて“五輪相もセクハラをしていた”と報じられると、『根本からポリシーを理解していない』と認識されてしまうのではないでしょうか……」(スポーツ紙記者)


『シドニー・モーニング・ヘラルド』の記事

橋本氏が後任会長に浮上しているという報道について、Twitterでは厳しい声が広がっている。

《川淵三郎氏に代わる後任候補に挙がってるけど、これが五輪憲章にふさわしいトップでしょうか。政治家のパワハラ、セクハラは絶対にダメでしょ。世界の世論が許さないよ》

《まさに「圧倒的な立場の差」を利用したセクハラと思われる疑惑で、男女とか被害者の認識関係なくアウト。森氏の後任どころか、ついでにこんなのが五輪相だったのか…と世界にバレてしまったお粗末さ》

そもそも組織委員会には、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構顧問副委員長の河野一郎氏やパナソニック株式会社代表取締役社長の津賀一宏氏など計6名の副会長が在籍している。後任会長を選任するにあたって右往左往する状況に、副会長の存在意義を問う声もあがっている。

《副会長何人もいて代わりができないんでしょうか?代わりができない副会長の選考にも問題ありですよね》

《そもそも会長に何かあったときに代われる副会長とか会長代行とかいなかったのか?》

「透明性のあるプロセスで早急に決める必要がある」として、選考検討委員会を立ち上げた組織委員会。果たして後任会長に選ばれるのは、誰なのだろうか――。

[via:女性自身]
https://jisin.jp/domestic/1951108/


『後任候補 橋本聖子五輪相にキス強要セクハラ疑惑』英BBC

橋本聖子VS小谷実可子

森会長の後任を選定する「候補者検討委員会」は御手洗冨士夫名誉会長が委員長を務め、男女ほぼ同数の計10人未満の理事で構成される。

現時点では次期会長候補としてスピードスケート銅メダルの橋本聖子五輪相(56)が本命視されるほか、競泳金メダルで初代スポーツ庁長官の鈴木大地氏(53)、ハンマー投げ金メダルでスポーツ庁の室伏広治長官(46)、アーティスティックスイミング(シンクロ)銅メダルで本紙が〝大穴候補〟と報じた組織委の小谷実可子スポーツディレクター(54)、バレーボール銅メダルで日本バスケットボール協会の三屋裕子会長(62)ら五輪メダリストの名前が挙がっている。

早ければ今週中に検討委が候補者を絞り込み、その後の臨時理事会で新会長が誕生する見通し。とはいえ、一筋縄にはいきそうにない。《中略》

ある組織委幹部は「政府や国際オリンピック委員会(IOC)の意向を無視できるわけがない」と断言。実際にはあらゆる人間関係が慎重に考慮され、多方面に根回しされた末に候補者が決まるものとみられる。

中でも一部関係者が重大な関心を寄せているのが「橋本VS小谷」の元女王バトルだ。〝犬猿の仲〟と言われる森会長、JOC前会長の竹田恒和氏(73)による「代理戦争」と目されているという。

「森会長の出身派閥(清和政策研究会)に所属する橋本さんは、いわゆる森ライン。小谷さんは竹田さんと深い絆がある。

その森さん、竹田さんが招致時代から互いに嫌っているのは有名。森さんは著書の中で竹田さんをボロクソに書いていますからね」(組織委関係者)

本紙が既報したように招致の段階で主流から外れた森会長は招致委理事長の竹田氏を敵視していたが、組織委の立ち上げとともに森会長がトップに座ると、両者の立場は逆転した。

竹田氏は贈賄疑惑でJOC会長を退任し、森会長も今回の騒動で辞任。くしくも東京五輪の招致と開催に尽力した両トップが不祥事で共倒れとなる中、その無念を2人の〝女性後継者〟が晴らす――。こんな図式でみられているのだ。

森会長に〝絶対服従〟の橋本氏は女性蔑視発言について一貫して踏み込んだ発言を避けて「親分」をかばった。一方で、小谷氏は竹田氏が贈賄疑惑でJOC会長を退任した際に慰留を熱望。人目をはばからず涙を流し、本紙に「できれば名誉会長として大会を迎えてほしい」と話していたほどだ。

東京五輪まで残り約5か月。人事でモメている暇などないが、目の前のバトルが決着しないことには先に進めない。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2758083/

ネットの反応

・あとはチュー止を宣言するだけだから、適任とも言える
・チューおばさん駄目じゃん
・橋本さんは絶対に反対
・女性蔑視発言で辞めた森の後任にセクハラパワハラの橋本?もっと悪いわ
・元々大臣やってんだから今更言ってもな
・日本はこういうの遅れてるからな
・お前ら知らないの?欧米ではチューは挨拶代わりなんだよ。
・高橋大輔がもらい事故すぎる
・女性ばかりの名前が出て余りにも極端すぎる。
・小谷実可子ってもう54なのか。
・さぁ罰ゲーム役職を受けるのはどっちだ
・両氏とも長の器ではないと思う
・美人な方で
・セクハラ疑惑の橋本大臣を候補に出して、女性でも問題行動やってますのアピールか?
・滝川クリステルがいい、カノジョこそ東京五輪決定の立役者である
・小泉進次郎で。夫婦でやればいい
・欧米のニュースになった時点で橋本聖子は終わっただろ
・もう誰が選ばれても何かしらの差別になるっていう泥沼状態
・新聞やテレビはなぜこの問題をスルーするんですかね。
・これで国民は一気に中止へ傾くな
・もうオリンピック止めたらいい 垢がつきすぎた コロナも収束しないしね
・利権や利益がある人達だけが開催したいだけ、中止しましょう
・政治できるやつにしろよ
・スポーツに政治を巻き込まないで欲しい
・日本の政治家はほんま醜悪やな
・自浄作用さっはりないのな
・今回の騒動で日本ってこんなにも遅れた国だと知ってショック TVでよくやってる「日本すごい」って嘘だったんだね
 >すごいだろ?こんなんずっと放置してきた。
 >政治家や官僚がダメなだけ
 >本当にすごかったら自画自賛する必要ないし
・橋本は大臣のまま会長やるのか?
 >政治家辞任してからになるかと 大臣も空白になるし本人のメリット的にも無理なんじゃないかと言われてる
・実際に候補にも挙がってない名前を出してバカに叩かせて炎上で稼ぐマスゴミ
・今回は多分五輪は中止になる だから、自民党国会議員は敗戦処理に出てこない部分もあるんだろう 皇族も多分出てこない
・次は小谷未可子が探られたくない過去を探られる訳ねw
 >選手選考のドロドロ劇とかかっこうの餌食だな
・なにかの立場にたつ→週刊誌が身体検査→叩かれる この下らない無限ループ。
・政治介入はよくないんだろ。室伏さんが良さそうだな。
・どっち転んでもお飾り傀儡にしかならん
・どうせ飾りなんだし滝川クリステルでいいやん(´・ω・`)
・何でアスリート出身者にこだわるの?電通の役員とかにやらせとけよ。

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2021/02/16 15:02

    出場経験や競技成績と運営実務能力は全然別の話ですが。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事