SPORTS

HEADLINE

代表追放になった韓国バレー界のアイドル双子姉妹 ナイフで脅す?中学時代のヤバいイジメの内容とは


㊧李在英[Lee Jae-Yong] ㊨李多英[Lee Da-young]

韓国女子バレーボールの主力選手として、東京五輪での活躍が期待された双子姉妹が、子供時代のいじめを理由に代表チームから追放された。厳しい処分には、暴力根絶に取り組む韓国スポーツ界の強い姿勢もある。

処分されたのは、24歳のイ・ジェヨン、ダヨンの2選手。バレーの元五輪選手の母を持ち、共に高校で代表デビューした。アイドル並みに注目され、自動車のCMにも出ている。

発端はインターネットで今月10日公開された、小・中学時代のバレー部後輩という4人による告発だ。

「合宿所で消灯後、雑用を命じられ、断ると刃物で脅された」「恐喝したお金でおやつを買って、仲間だけで食べていた」「頭を殴られた」など、21項目の悪行を列挙し、「今もトラウマがある」と訴えた。

東亜日報などによると、4人に告発を決意させたのは、いじめ問題を論じたダヨン選手のSNSへの投稿だ。

「いじめる方は楽しくても、いじめられた方は死にたい」と、被害者への共感をアピールしたことが、自身の過去の行為を忘れていると映ったようだ。

ネットで炎上すると、両選手は「分別がないころの無責任な行動で、多くの方を傷つけた」などと自筆の謝罪文を公開した。しかし収まるどころか、他にもいじめを受けたとする書き込みが続いた。

韓国バレーボール協会は15日、両選手を代表チームから無期限に除外し、東京五輪など国際大会にも出場させないと発表した。

聯合ニュースによると、文在寅大統領は16日、大統領府の会議で「学校から国の代表チームまで、暴力をなくさなくてはならない」と述べた。

文化体育観光省は16日、バレーボール以外でも暴力で処分歴があれば、代表チームの選考対象から外す方針を示した。

[via:読売新聞]
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210216-OYT1T50203/

告発されたいじめの内容

「汚いから、臭いから、隣に来るなと言われた」

「恐喝したお金でおやつを買って、仲間だけで食べていた」

「試合会場に行って負けてきたとき、部屋に集合させてオートバイの姿勢にさせた」

「本人たちの気に入らなければ、いつも悪口を言い、両親を『あんたのところ、×(伏字)』と称して悪口を言った」

「更衣室でスケッチブックに被害者の悪口や家族の悪口を書き、他の選手たちに見せた」

「一緒に宿舎を利用した際、“任せた仕事をしなかった”という理由でナイフで脅迫された」

「何かを頼んだとき丁寧な口調で何度も断ったが、加害者はナイフを持ってきて脅迫した」

「合宿所で消灯後、雑用を命じられ、断ると刃物で脅された」

「事あるごとにお金を取られ、腹をつねられたり、口を叩いたり、集められて拳で頭を殴られたりした」

「自分だけ加害者になるのを避けるため、被害者にも、いじめに加担させた」

欧米メディア「名声は一夜にして失墜した」

こうした異常事態を、欧米のメディアはどう報じているのか。まずはアメリカ最大ネットワークのひとつ『CNN』だ。過度なバッシングに驚きを抱きつつも、淡々と状況を説明しながら、次のように論じている。

「イ姉妹は学生時代のいじめ加害によってキャリアの危機に立たされている。告発に対して深い謝意を示したが世論はこれを許さず、日を追うごとに批判は活性化しているのだ。

我々は被害者に接触を試みようとしたが返事はなく、すでに件の告発文は削除されていた。大統領府には永久追放を求める声が12万件も寄せられ、大統領本人がこの問題に言及。管轄省庁が監視を強化するなど、信じられないペースで大きな問題へと発展している」

香港の有力紙『South China Morning Post』は姉妹のプロフィールにスポットを当てて特集。

「昨日までテレビや雑誌などで人気者だった彼女たちの名声は、一夜にして失墜してしまった。それは劇的と形容してもいいほどのスピードだ」と記している。

「全部で21にも及ぶ悪行が明らかとなった」

英大衆紙『Daily Mail』は「ツインズの東京五輪行きは消えた」と銘打ち、タブロイド紙らしく姉妹が行なった行為の一部始終を事細かに紹介している。

「全部で21にも及ぶ悪行が広くネットに掲載された。少なくとも4名の被害者がいたとされている」とし、「今回の騒動が起こる前から、韓国ではこれらいじめに関する問題が顕在化していたが、一気に大混乱に進化したようだ」と伝えている。

全体的に欧米メディアは、ここまでの大騒動に発展した事実を驚きとともに伝えている。

処分内容や国民の反応などもやや厳しめと見ているだろうか。「韓国では珍しくない」とのフレーズを使う媒体が少なくないのも特徴的だ。

[via:THE DIGEST]
https://news.yahoo.co.jp/articles/576e7141e01ce7ff54be61c6003bc7d4bcaa2746

アイドル的な人気だった双子姉妹

ファッション誌『DAZED KOREA』の2人の撮影カットをインスタグラムで公開した。『DAZED KOREA』は投稿に際し、キャプションにこう綴っていた。

「ずば抜けた実力はもちろん、愛らしくさえあるイ・ジェヨンとイ・ダヨンの双子選手の登場は、世界のバレーボール界を見ても前例のないこと。今、彼女たちと女子バレーボール対する関心は爆発している。でも、彼女たちは言う。これがすべてじゃないって。これからが本当の始まりだって」

イ・ダヨン「おなかチラ見せ」ショットでファンを魅了!

女子バレー韓国代表イ・ダヨンがゴールデンウィーク期間に撮影した写真が、ファンの注目を集めている。漢江(ハンガン)の川辺でレジャーシートを敷いてくつろぐ姿をインスタグラムに投稿した。

「過去の過ち」日本との違い

2人は暴行していた事実を認め「被害者に直接会って謝りたい」と言っているが、世論は「無期限禁止ではなく、永久追放すべき」など厳しい意見が多い。

韓国は、学校暴力が社会問題になった時期があり、今でも耐えられず命を絶つ子供がいる。日本でも同じ問題が表面化したこともあるが、対応策や価値判断には違いがある。

私はソウルで生まれ、19歳で来日した。以降33年間、日本で生活しているので、比較的、両国の価値観や考え方を理解していると、自分では思っている。

日本は「学生の時は不良でした。今は真面目に頑張ってます」「子供の時に番長やってました。今は生まれ変わりました」「昔はワルだった」などと公言するスポーツマン、芸能人がいて、過去の過ちから立ち直ったことを美談としてとらえられる傾向がある。元不良に再生する機会を与え、過去は過去として今の成功に目を向けがちだ。

一方、韓国ではどうか。

同様の過去が明らかになった場合、まずは当時被害を受けて苦しんだ被害者のことを考える。いじめられたことが原因で、将来プランが崩れた人もいるだろう。いまだにトラウマに苦しむ人もいるし、ひどい場合には自らの命を絶つ人もいる。

当時は人格的にも年齢的にも未熟だったにせよ、何年前だろうが、加害者は社会的制裁を受けるべきで、再生するのは罰してからと思われる節が強い。

双子の李姉妹が日本人ならどうだったか。

「なんでいまさら?」「よく立派に再生した」「罪滅ぼしのためにも、東京オリンピックで頑張れ」という流れになりはしなかっただろうか。

果たして、学生時代の暴力が代表剥奪までつながるだろうか。賛否はあり、どういう対応が適切かはわからない。今回の裁定は、韓国ではおおむね違和感なく受け止められている。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/sports/news/202102160000374.html

ネットの反応

・いじめの度合いが犯罪レベルでひどいな
・ナイフ出したらあかん
・いじめって…これ恐喝事件やんけ!
・スターが一夜で大転落、今では追放署名まで… ナッツ姫もびっくりかな。
・犯罪まがいのいじめだったのか こりゃしゃーない
・そうなんだけど罰が重すぎない?ということでは
・韓国は過去のイジメでも絶対に許さない国ってことだな
・恨の国だから何度謝罪しても未来永劫子々孫々まで許されることはないよ
・韓国も日本に対するいじめをそろそろやめないと
・顔が似てなくてわろた
・つーか、これ二卵性の双子なんだか、修正途上の整形ポイントが違うんだか韓国の場合わかりにくいよねー
・相手が憎ければ墓も暴くという情緒の国。風向きが変われば、地位や名誉は一瞬で失う。確かに、このくらいは当たり前なんだろう。
・オリンピックのスケートパシュート思い出すなw
・人生はプラマイゼロだ。昔の行為が今発覚して禊の時が来ただけだ。
・まぁ本人じゃなくても周りに「昔のことじゃん」とか「いつまで根に持ってんの」とか言う人もいるからな 死んでも恨まれるの自覚した方がいい
・時効だろ
・「いじめを受けた被害者の心の傷は、時間の経過が癒してくれる」なんてことはない。
・同窓会の幹事をするとわかりますが、「みんには会いたいけど、○○さんが来るなら欠席します。」という返信が何年たっても絶えません。された側の心の傷は相当なものです。
・日本でもそれやりたい。陰湿ないじめをしてたくせに代表候補の奴いるんだよな。
・いじめ問題は、日本では加害者の人権が尊重されるはかり、加害者がいじめで非難される事すらない。被害者の泣き寝入りで終わる。韓国方式でやらない限り、なくなりはしないだろう。
・韓国に対しての個人的感情はともかくとして、イジメ処罰に関してだけは、全面的に賛成
・このニュースをみて、ドキドキしているトップアスリートはたくさんいると思う。
・中田翔も日本代表から追放だろこれ
 >中田クラスになると事前に根回しして示談にしていくのよ
・この姉妹がイジメをしていた時には同級生やチームメイトも一緒にやっていたり、見て見ぬふりをしていたんだと思う。姉妹は有名になったからターゲットにされているけど、もっと多くの関係者はいるだろう。
・「同級生が活躍してるのがむかつく」的な変な理由で盛った話をネットに晒したり‥ってことが起きないか心配。
・一生懸命やっているアスリートがデマ等でつぶされなければいいけど。
・これってスポーツに限らないですよ。成功者だけではなく、一般人でも結婚して家庭を持ったらいきなり告発とかもあり得ます。
・日本は無理だな 教師が乗り気じゃない「教師の管理能力不足」を指摘され、出世コースから外れるからな
 >教師までいじめに加担してることもあるしね
 >管理職への登用条件に「積極的ないじめの通報」ってのを盛り込めば多少は改善するかもね

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2021/02/22 4:25

    この程度で代表から追放してたら、その内韓国にはまともな実力のある代表選手がいなくなるのでは?

  2. 2
    名無しさん 2021/02/24 9:02

    昔はヤンキーで喧嘩はよくしてた、とかはお互いあってのことだから別にって感じ。
    虐めは一方的な暴力。自業自得だと思います。
    あびる優みたいに万引きして店を潰しましたとか、以ての外!未だにテレビで見ると気持ちが悪い

  3. 3
    名無しさん 2021/03/12 5:32

    ↑この程度て…

    バレー代表からはとりあえず外した方が
    現在進行形や、この先のいじめ問題への
    厳しいメッセージになっていいと思う。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事