SPORTS

HEADLINE

井上尚弥のKO劇はもうタダでは見られない!?今後もPPVが主流になる理由…日本で受け入れられるか?

歓声と悲鳴が同時に聞こえてくる。

14日のボクシングWBAスーパー・IBF世界バンタム級統一王者、井上尚弥(28)の防衛戦(両国国技館)。挑戦者のディパエンのボディーにパンチを集中させると、8回に左フックでダウンを奪ってTKO勝ちとなった。

2年ぶりに日本で試合をした井上だが、KO劇をリアルタイムで見られたファンは少なかったはず。というのも、この試合はコンテンツを購入する「ペイ・パー・ビュー(PPV)」形式。3960円を支払わなければ、視聴がかなわなかったからだ。

ボクシングの本場米国ではこのPPVが主流。購入者の数が多ければ多いほど、莫大な収益が上がる。

過去、ボクシングでもっともカネと視聴者数を稼いだPPVは2015年のメイウェザーVSパッキャオ。「世紀の一戦」と称された試合の視聴料は高値の100ドル。

約460万件の購入があり、チケット代なども含めると総額5億ドルもの興行収入があったという。ファイトマネーも2人合わせて3億ドル。日本円で約300億円と破格も破格だった。

井上は米国でも絶大な人気を誇る。昨年、米ボクシング誌の権威といわれる「リング」誌では、パウンド・フォー・パウンドの2位に選出。現役ボクサーの体重が全員同じと想定した上で、2番目に強いと称えられた。

PPVには「無料で見る機会がなくなるので、競技人気の拡大を阻害している」という批判もあるが、今回の井上のファイトマネーは自身最高額の1億数千万円。

今後さらに高騰することが確実視される中、コロナで青息吐息の民放テレビ局に、多額の放映権料などはとても払えない。

嘆き節のファンも決して少なくない……。

[via:日刊ゲンダイ]
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/298753

大橋会長「進まなくてはいけない道」

井上の2年1カ月ぶりの国内世界戦はテレビ地上波ではなく、ひかりTVとABEMAで、番組ごとの視聴課金となるPPV(ペイ・パー・ビュー)生配信による中継となった。

井上のファイトマネーが軽量級では破格の100万ドル(約1億1000万円)以上となっている一方で、コロナ禍による入場者制限などで収益にも限界が出てきたため、今回は新たな試みが実現した。

大橋会長は「これは歴史的なこと。感無量です。PPVはこれから進まなくてはいけない道だと思う」と力説していた。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/battle/news/202112150000098.html

テレビと比べたら発展はない

ひかりTVを運営するNTTぷららの永田勝美社長は、まだ日本で定着していないPPVに踏み切った理由を、こう話す。

「一番の肝はスーパースターの井上選手という存在であり、大橋秀行会長の思いだ」

日本のボクシング界で、競技だけで生活していけるのは一握り。「(日本のボクシング界のビジネスモデルを)変えなければいけない」と大橋会長らの思いに共感し、今春からプロジェクトが本格化したという。

税込み4950円(GoToイベントの適用で実際は3960円)という価格設定には「高い」という声もあるが、永田社長は「入場チケットの代替と考えれば、かなり安いと思う。(無料で見られた)従来のテレビと比べていたら、この先の発展がなくなってしまう」と理解を求める。

異例の試みが今後のボクシング興行にどんな影響を与えるのか。リング外の挑戦も注目を集めている。

[via:朝日新聞]
https://www.asahi.com/amp/articles/ASPDD4DRXPD9UTQP02P.html

ネットの反応

・どのくらい売れたんだろうな?
・さすがにこの相手だと高すぎる気がする
・この雑魚狩りにそんな金払えん
・ドネアならこの値段でもとは思うけど
・3分で終わっても値段が安くなるわけでもないだろうし
・10万人くらい見てもらわないと回収できないのでは?
・海外ではTVは金を払って観るものってのが根付いてるから成り立つ
・音楽配信ライブなみだな
・RIZINにしてもボクシングにしても無駄に高すぎる
・日本でPPVは根付いてないから、海外で売れなきゃ大した売上にならないんじゃね
 >Netflixユーザーは増えてる
 >サブスクのネトフリやアマプラとは全然違うんじゃね
・PRIDEのPPVは全試合プラス付加価値がついて2,300円(約5時間)
・今回も、井上の試合に加えて武居らの前座も観られて約4000円という価格設定だったからお金を払って試聴した。
・ラウンド割引つけてくれないかな。その方が盛り上がりそう
・アマプラかネトフリで2000円のPPVなら見た
・WOWOWなら井上なんかより面白い試合が一杯みれるわ
・どうせ勝つから良いよ
・勝つのが分かってる試合ほどつまらないものはない
・PPVが成立(成功)するのは人気選手同士のいわゆるビックマッチだけ。
・コロナ禍での興行は様々な困難があると思うものの、今回のような魅力的な興行をまた見たい。
・熱心なファン以外はボクシングに触れる機会は当然減るでしょう
・見る人だけが払う有料放送の方が本来あるべき姿だと思う。
・サッカー日本代表も地上波ではアウェー戦が見られなくなったように、これは時代の流れ。見たいものを選んで見る。この傾向は大歓迎だね。
・お金を出さないファンにまで自分たちの利益(ファイトマネーを含む)を削ってまでサービスはもうしない、ということですね。
・民放放送視聴率は軒並み右肩下がり。悲鳴をあげているのはオールドメディアでしょう。
・井上だけで1億数千万円じゃもう民放では無理だな
・井上が目指すのは10億以上稼げるボクサーでしょ
・たくさん稼ぐのは選手にとっては良いこと
・視聴率30%取れるならテレビで生中継されてる。それだけの事。
・テレビはこの後すぐ!とか言いながら1時間後に試合して10分で終わったりするからな。その間のCMとかでペイしてるんだろうけど、DAZNみたいにサクッと始まって終わるみたいなスタイルじゃなきゃいちいち待ってられるかよ
・PPVもわかるけどそれなら値段安くして無駄なゲスト排除して淡々と試合だけ放送しろよと思う
 >ゲストがヒカキン、関根じゃあな。
 >あーabemaTVだわ…って感じだったな…
・テレビは無駄にコロナ煽って自分から不景気にさせてるんだから自業自得だわな
・地上波の貧乏人達はタダのドラマ、バラエティー見て骨抜きになれって事だよな
・選手生命が短いので理解はできるが日本では盛り上がらないと思う。
・これが世界の常識だとしたらスポーツは誰も見なくなるだろうね
・日本のボクシング業界が今後尻つぼみになる可能性も
・ほとんどの人が昨日試合あったのさえ知らないもんな
・やっぱ地上波でやらないと何の話題にもならんな
・ラウンドガールのハイレグには払う価値あったw


ラウンドガールはダンス&モデルグループ「CYBER JAPAN DANCERS」の㊧SERINA ㊥CHIAKI ㊨ELENAの3人が務めた。

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2021/12/16 1:21

    ドネアカシメロ戦はPPVでも結構売れるんちゃう?
    相手によるわ
    さすがに今回は勝ち確すぎて真剣にどうやって勝つか以外見どころゼロやもん

  2. 2
    名無しさん 2021/12/16 23:58

    日本人ボクサーがテレビ局のスポンサーシップを得ないで何処まで行けるのか、あるいはPPVによって逆に日本人ボクサーが世界戦への切符を掴みやすくなるのか?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事