SPORTS

HEADLINE

WBC参加で日本が失ったもの

日本プロ野球選手会の承認で、わが国の第3回WBC(World Baseball Classic)の参加が決まったが、ファンは必ずしもこのことを歓迎しているわけではない。スポーツニッポン紙がインターネットでアンケート調査を行った結果、回答の41%が選手会の決断に反対した。

WBC参加会見
WBC参加会見

かく言うボクも、選手会の判断には複雑な気分だ。日の丸を背負い活躍する侍ジャパンに期待する一方で、加藤良三コミッショナーをはじめとする日本野球機構(NPB)には大いに失望させられた。

日本野球機構(NPB)
日本野球機構(NPB)

NPBには、WBCに代わる、新たな国際大会の開催を期待していた。

WBCはメジャーリーグ(MLB)の世界戦略の一環だ。
MLBは、米国ではバスケットボール、アメリカンフットボール、アイスホッケーといった、他のプロスポーツと激しい競争を強いられている。

海外に目を向ければ、2008年の北京大会を最後に、野球がオリンピックの正式種目から外された。国際野球連盟(IBAF)主催のIBAFインターコンチネンタルカップも、2010年大会を持って終了した。

そんな中、MLBが考案したのが、WBCだった。

当初は、選手会、球団オーナー、ファン、参加を要請された諸外国などから、大会の意義を疑う声が挙がったが、MLBは過去2回に渡り、WBCを成功させた。

そんなMLBからすれば、「権利のことで文句があるのなら、日本も自分で国際大会を開催してみろよ」というのが本音だろう。

これに対しNPBは、最初からWBC参加の姿勢だった。WBCの主催者で、MLBとメジャーリーグ選手会の合弁会社であるWBCI社にはいい顔をし、自国の選手会には強気な交渉にあたった。

NPBははたして、WBCIから侍ジャパン独自のスポンサー権を認められ、選手会の説得に成功した。スポンサー権による収益は、4年間で40億円と言われている。

だが、せっかくのスポンサー権も、MLBからおこぼれを頂戴するに過ぎない。いや、MLBやWBCIに流れるジャパン・マネーを考えると、NPBは自ら、MLBの金づるになることを選んだと言っていいだろう。

わが国にも、米国に果敢に挑んだ時代があった。1971年の日米野球では、読売ジャイアンツはボルティモア・オリオールズに完膚なきまでに敗れたが、わが国は、当時V9時代の真っ只中にあったジャイアンツの勝利を信じて疑わなかった。

今にして思えば身の程知らずとの批判は免れないが、あの頃の日本球界には今には無い、自信と誇りがあった。選手はもちろん、球界全体が、MLBに勝るとも劣らないと自負していた。

あれから40年間以上が経過した。わが国では毎年のようにスター選手がメジャーに挑戦しているが、一方でNPBや球団は、かつての自信と誇りを失ってしまったように思える。

かつての球界だったら、MLBの提案を一笑に付し、自らWBCに代わる国際大会を開催したかもしれない。それぐらいのエネルギーに満ちていた。

40億円で奴隷契約書に自らサインをした日本球界。失ったものは、小さくない。

[Baseball Journal]
http://news.livedoor.com/article/detail/6924594/

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 23
    名無しさん 2012/10/12 1:24

    典型的な会話が出来ずシカトされるタイプ

  2. 22
    名無しさん 2012/09/08 20:06

    だからナメられる

    日本外交と一緒

    いい加減腹くくれ

  3. 21
    名無しさん 2012/09/08 3:19

    日本語読めないヤツ多いな
    (*^^*)

    在日しかいないのかココは
    世界基準なんて書いてないぞ
    (/_;)

    ここは日本なんです
    日本のサッカーつまらないでしょ?
    ドーゾ自分の国に帰ってサッカー楽しんでね
    バイバーイ(^-^)ノ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事