SPORTS

HEADLINE

ヤングなでしこ 現なでしこジャパンとの差は?

今回のU-20W杯で、ヤングなでしこは大きな注目を集めた。姉貴分のなでしこジャパンを思わせる攻撃的なサッカースタイルも魅力のひとつではあるが、なんといっても才色兼備のプレーヤーが目白押しであることが人気に拍車をかけたといえるだろう。

ヤングなでしこ
ヤングなでしこ

猶本光(浦和レッズレディース)、仲田歩夢、田中陽子(ともにINAC神戸レオネッサ)の”MF3人娘”はもちろんのこと、DF陣には剛力彩芽似(?)の木下栞や、16歳ながらきりりとした顔立ちの土光真代(ともに日テレ・ベレーザ)など隠れた逸材もいて、最後尾には笑顔が愛くるしいGK池田咲紀子(浦和)が守護神として立ちはだかっている。

となると、今秋に指導スタッフが入れ替わると噂される新生なでしこジャパンには彼女たちの多くが引き上げられ、日本女子サッカー史上初ともいえるフォトジェニックなフル代表チームが出来上がるのでは?と期待している人も多いはず。

だが、現実はそう甘くはないようで……。スポーツ新聞の女子サッカー担当記者A氏がこう語る。

「まずはっきりさせておきたいんだけど、ヤングなでしこの選手たちは、本人たちの実力以上に評価や注目をされているということを忘れちゃいけない」

確かに、ロンドン五輪でのなでしこジャパン準優勝の熱狂が冷めていないこともあり、妹分にも過剰に期待をかけてしまっている感は否めない。そして、またU-20女子W杯をテレビ中継しているフジテレビが猛プッシュしていることも影響しているのかも。

「フジはこれから女子サッカー中継をバレーボールみたいなドル箱コンテンツにしようともくろんでるから。そのうち、なでしこやヤングなでしこの選手ひとりひとりにイタいニックネームをつけ始めるんじゃない!?(苦笑)」(A氏)

確かに、スポーツ中継を過剰に盛り上げようとするテレビ局にかかれば、そんなこともおおいにありそうだ。

では、現場を知るプロの間では、ヤンなで戦士たちの実力は、掛け値なしでどの程度のレベルだと認識されているのだろう。

「メディア露出の多い猶本、仲田、田中陽の3人についていえば、次のW杯や五輪でもなでしこジャパンのレギュラーとなるのは相当厳しいでしょうね」

猶本光|仲田歩夢|田中陽子
猶本光|仲田歩夢|田中陽子

そう予想するのは、サッカー専門誌編集者B氏だ。

阪口夢穂

「猶本は攻守にわたって運動量の多いボランチなのですが、なでしこジャパンでポジションが重なる阪口夢穂(日テレ)は、テクニックや視野の広さ、守備やパスのセンス、キック力、一対一の強さなど、すべての面で猶本をはるかに上回っている。その差は猶本が今後場数を踏んでいけば縮まるというものではなく、阪口が持って生まれた天賦の才能。しかも、阪口はまだ24歳と若いから、当分、代表のレギュラーを張り続けるでしょう」(B氏)

現なでしこジャパンと比べれば粒が小さいというのは、田中陽や仲田についても同様だという。

宮間あや

「中盤中央の攻撃的な選手であり、セットプレーも得意な田中陽がフル代表入りしたとすれば、ライバルとなるのは宮間あや(岡山湯郷Belle)。しかし、田中陽と宮間ではモノが違いすぎる。そして、左利きのサイドアタッカーである仲田も際立ったスピードや足技を持っているわけではない。U-20代表でさえ不動のレギュラーというわけではないので、なでしこでの可能性は推して知るべしといったところ」(B氏)

また、このような意見も…

猶本光
「芸能プロからオファーをも受けた猶本は、UU-20女子代表ではレギュラーでしたけど、レッズレディースではレギュラーではありません。現状では、A代表のレベルには達していないということです。芸能活動なんてやらずに、今はサッカーに集中して、いずれはA代表の中心選手になって欲しいです。そういう意味では、周りもサッカーに集中できる環境を守ってあげなければいけないと思います。」

もちろん、これらは現時点での実力の話。3年後、そして4年後には力をつけたヤングなでしこ世代がフル代表入りして、再び世界の頂点に立つことを期待しよう。

[週プレNEWS]
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/09/10/13924/

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 12
    名無しさん 2012/09/24 18:48

    所詮は記事ですね(笑)猶本は十分やれますよ!それ以外でも田中陽・田中美・柴田はテクニックではA代表でもやれますね。逆にこういう記事を書いてるマスゴミは何を見てるんだが(笑)
    次のなでしこ戦で数名選ばれて活躍したら掌返した記事書くんでしょうね。

  2. 11
    名無しさん 2012/09/23 4:15

    日常生活?アホか?
    そもそも面白さとしては断然ヤングだったろうが。
    今回のロンドンだって銀メダルを取ったけど、メチャメチャヤングのほうが面白かった。
    今のなでしこには期待できない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事