SPORTS

HEADLINE

長友佑都 態度の”上昇”は控えめに

サッカー日本代表、不動の左サイドバック・長友佑都(26)の著書『上昇思考』(角川書店)の売れ行きが好調だ。発売2カ月で25万部を突破。昨年出した『日本男児』(ポプラ社)も40万部売れたというから、立派な”売れっ子作家”である。

長友佑都

この『上昇思考』では成長するうえでのメンタルの大切さが書かれており、帯には〈感謝の心があるから人は成長できる〉とある。

ところが、あるスポーツ紙のサッカー担当記者はこう言うのだ。

「長友の態度は初めて日本代表に選ばれた頃とは180度変わってしまいました。以前は取材に丁寧に応じ、囲み取材でも終わりに『今日は取材していただいて有難うございました』と言うほど、他の選手にはない律義さがありました。でも、今ではある程度のところで『じゃ、この辺でいいっすか?』と去ってしまう。メンズファッション誌の表紙を飾っていますが、『表紙じゃなきゃ雑誌の取材は受けない』と言っているそうです」

別のスポーツ紙サッカー担当記者もこう語る。

三浦知良

「彼は三浦知良選手(45)のことを尊敬していて、『カズさんは年下の俺なんかにも敬語を使ってくれる。一流の人間は違う』とよく言っています。でもそれを年上に対してタメ口で語るから、言ってることとやってることが違うと言われています(笑)」

長友の態度が大きくなるのも無理はないかもしれない。11年1月、世界的ビッグクラブのインテル(イタリア・セリエA)に移籍し、以来、レギュラーの座をほぼ守り通している実績があるからだ。だが、イタリア在住のサッカーライターは「その地位は必ずしも安泰ではない」と言う。

「長友は運動量は素晴らしいのですが、実はインテルOBや番記者から『伝統あるインテルの選手としては技術的にいかがなものか』という疑問の声は根強い。

DFとして攻め上がって良い時と悪い時の判断を間違うことが多く、そこを相手に突かれてチームの負けに直結することもある。

ただ、いまだに子供を中心にファンからの人気はすごくて、ゴールを決めたときのお約束である『おじぎポーズ』は、2面ぶち抜きで指の角度まで図解されたほどです」

陰口を叩かれるのも人気者ゆえ?くれぐれも態度の”上昇”は控えめに――。

[週刊文春]
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1807

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 14
    名無しさん 2012/10/01 0:45

    クソチビのくせに態度でかいとかw

  2. 13
    名無しさん 2012/09/26 16:35

    人って変わるよねw

  3. 12
    名無しさん 2012/09/25 9:19

    最近見た試合だと、ファイナルサードで仕事出来ない選手にしか見えなかった(爆

  4. 11
    名無しさん 2012/09/25 2:22

    スタミナとメンタルはずば抜けてるんだが…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事