SPORTS

HEADLINE

日本シリーズ 微妙な判定に不思議な報道

日本シリーズは巨人が日本ハムを4勝2敗で下し、日本一となったが、今シリーズで最も物議をかもしたのは、巨人が王手をかけた1日の第5戦での”微妙な判定”だろう。

「問題の場面は4回表。日本ハムの多田野数人投手(32)が打者の巨人・加藤健捕手(31)に初球を投げると、加藤はもんどりうって倒れ込み、柳田球審は『ヘルメットに当たった』と死球の判定を下し、多田野に『危険球退場』を宣告した。日本ハムの栗山監督は猛抗議しましたが、たしかにVTRで見ても、加藤の身体に当たっているようには思えない」(スポーツ紙記者)

危険球の場面
危険球の場面

当然、この件は大々的に報じられたが、あるスポーツ紙のデスクは「『スポーツ報知』の報じ方が不思議だった」と語る。

「報知は読売の系列紙なのに、妙に加藤に対して厳しかった。各紙は『打者に当たったようには見えなかった』などと表現しましたが、報知は『当たっていなかった』と断定、”名演技”という見出しまで付けて斬っていた」(同前)

さらに驚いたのは、同じ見開きに掲載されていた桑田真澄氏のコラムだったという。

桑田真澄氏

「桑田氏はもっとはっきりと『手にもバットにも当たっていない』『多くの野球少年たちが注目していることを考えると、スポーツマンとして残念でならない』と断罪していました」(同前)

この”珍現象”をベテラン野球記者がこう読み解く。

「加藤は人柄が良く、現場の記者に人気が高い。おそらく報知の記者は加藤を叩こうという気はなく、事実関係を淡々と書いただけでしょう。一方、桑田氏のコラムは結構踏み込んでいる。このコラムでは『加藤は、教えられてきたことをやったわけだから、責めては気の毒だ』とも書いていて、普通に読めば、巨人が演技するように教えているように取れます(笑)。

原監督

桑田氏は退団前、原監督に『悪いようにはしない』と言われたのに2軍に置かれたまま音沙汰がなかったうえ、球団HPで退団を示唆したら、原監督から『順番が違う』と怒られた。以来、原監督と目も合わさないと言われます。将来の監督候補にも名前の挙がる桑田氏は、原野球を否定することで自分をアピールしようとしたのかもしれません」

げに恐ろしきは、人事の恨み!?

[週刊文春]
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2006

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 33
    名無しさん 2012/11/13 9:12

    ナベツネは結構な歳なのになかなか死なないなぁ、ナベツネが死ねば巨人はよくなるかな?監督も選手もその他諸々みんなクズだからダメかな。

  2. 32
    名無しさん 2012/11/13 5:04

    当たったと思うわけねぇだろ!!あきらか当たってないだろ

  3. 31
    名無しさん 2012/11/12 22:45

    スポーツに誤審はつきもの。
    誰も悪くない。
    誤審があっても正々堂々とプレイする精神力が重要。桑田の発言には一理あるがガッカリ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事