SPORTS

HEADLINE

谷亮子 暴力を隠ぺいする無責任発言

園田監督による暴力行為が明らかになった直後からテレビなどメディアに登場しまくった谷亮子。

谷亮子は「園田監督は素晴らしい人間性の方。自分の現役時代、歴代の監督をみても暴力は一切なかった」と言い放った。

谷亮子
谷亮子

しかし多くの柔道関係者は暴力の存在を認めており、中にはこんな証言も…

女子柔道界は指導者に気に入られるかどうかという、実力以外の物差しがまかり通ってきた理不尽な世界であり、その最たる存在がヤワラこと谷亮子だったという。

確かにヤワラは特別だった。実力もあり、努力も惜しまない。根性も、そして運も飛びぬけて強かった。しかしその存在がえこひいき感を呼び、実力ではいくら頑張ってもダメ、という女子柔道の風潮を作ったという。

福見友子

その最たる例が2007年の北京五輪の代表選考だった。一発勝負の選考大会で福見友子がヤワラに勝ったにもかかわらず、全日本柔道連盟の横槍で、ヤワラが五輪代表となった。さらに翌年、ヤワラは別の選手にも負けたが、五輪代表の座は揺るがなかった。

そんなえこひいきをされ続けたヤワラが「暴力は一切見聞きしなかった」といって連盟や園田監督の擁護を繰り返す。自分をえこひいきしてくれた全日本柔道連盟への恩義なのか、彼らの権威におもねるのか、それとも何らかの利害関係なのか、単に権力に媚びる性格なのか――。

いや、もしそうなら少しは救われる。だが、ヤワラがもし本気で「暴力など存在しない」と思っていたとしたらこれは致命的だ。特別扱いのヤワラだから暴力を受けず、直接は見なかったことが事実だとしよう。

しかし実際見聞きしなくても、長年の柔道生活の中で、仲間や先輩後輩女子からの会話やうわさ、周囲への考察、雰囲気から何も感じなかったのか。自分のことしか見えていなかったのか。さらに今回の一件でも、後輩の女子選手たちが人生を賭して代表監督を告発したことへの想像力、同調性はヤワラには見受けられない。その鈍感力には唖然とさせられるほどだ。

現在でも柔道界に大きな影響力を握る谷亮子だけに、今回の発言に対して「無責任」「鈍感すぎる」「隠ぺいに加担するつもりか」と怒りの声が続々と上がっている。

[cyzowoman]
http://www.cyzowoman.com/2013/02/post_7899.html

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 35
    名無しさん 2013/02/11 13:36

    ロンブーの淳が嫌い

  2. 34
    名無しさん 2013/02/11 9:32

    ばか

  3. 33
    名無しさん 2013/02/11 0:34

    野糞してもええか?

  4. 32
    名無しさん 2013/02/10 20:05

    けっこう頭を強く打ってたんですな

  5. 31
    名無しさん 2013/02/10 12:00

    こいつに一度会ったけど、礼儀しらずの馬鹿天狗。不細工で嫌われ者だけど、強いから、周りがチヤホヤするから、つけあがってる。旦那さんも早くこんな不細工棄ててしまえ~

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事