TALENT

HEADLINE

AKBには俳優や芸人から文化人まで、コバンザメのような連中が次々と群がり続けている

国民的アイドルグループとしてすっかり定着し、不動の人気を誇っているAKB48。

「広告代理店からのゴリ押しがなくなった今も、勢いは衰えず…といった感じです。もともと一般層に対する数字を持っているグループではなかったのですが、知名度が全国区に拡大し、誰もが知るアイドルとなりました」(キー局関係者)

前田敦子
センセーショナルだった前田敦子の卒業は「ひとつの時代が終わった」感を漂わせたが、ファンとの交際で左遷された指原莉乃が選抜総選挙でセンターに選ばれたニュースは、多くのヲタを戸惑わせた。

指原莉乃
指原莉乃

これには狂信的なドルヲタも、自分たちが「踊っている」のではなく、「踊らされている」ということに気づき始めた。

小林よしのり

この茶番に先頭を切って噛みついたのが、重度のAKBファンとして知られる漫画家・小林よしのり氏だ。いわく、「指原莉乃1位にはシラケた」「社会に失われた『本気(マジ)』という価値観が、AKB48にはあると思って、応援してきたが、今回の総選挙ではそれが失われた」と。

潤沢な資金を背景に、大手代理店の仕掛けによって作られたアイドルに、「本気(マジ)」が存在すると思って今まで見てたんですか!?社会的な問題を扱ってきた人気漫画家が、狂信的なドルヲタと同じレベルでAKBをウォッチしていたことにビックリした人も多いだろう。

これだからやっぱりAKBはすごい。これまでアイドルやアイドルヲタクを白眼視してきた”一般層”を取り込んだという意味において、AKB48の功績はとてつもなく大きい。

しかし、そうした”イッパソ”や”新参”が、アイドルとアイドルファンが地道に耕してきた畑にズカズカと土足で踏み込み、荒らしているという事実も見逃せない。アイドルとファンの間にあったはずの「見えない壁」を乗り越え、私的な関係=繋がりになりたがるのも、大概これらの層だ。

ドルヲタが守ってきた暗黙のルールを破る、やっかいな迷惑ヲタ。その象徴であり権化とも言えるのが、芸能人・有名人でありながら「AKB好き」を公言する連中だ。

もちろん、芸能人でもAKB好きであるのは、むしろ人間味があって好感が持てる。しかし、自分の立場をきちんと理解しているのなら、むしろそこは隠し通すべきだろう。公言すれば、お近づきになれることが分かっていて明かすのだから呆れてしまう。

伊藤英明

あのイケメン俳優・伊藤英明も、「AKB好き」を公言している。中野美奈子や加藤あいなど、過去に噂されてきたお相手を見れば、”その手”の女性が好みなのは一目瞭然。AKBメンバーも大好物だろう。

ただ、人として男としての良識を持つ者ならば、「いつか、ドラマで共演できればいいな」と密かに願うところでとどめておくべき。ところが伊藤の場合、「AKBかわいいなぁ。じゃあ、劇場に行っちゃえ!」と、即一線を踏み越える。

有名芸能人が秋葉原の劇場やドーム公演に現れれば、関係者が放っておくわけがないだろう。それでも劇場へ足を運び、「こじはる推し」を公言。その甲斐あってか、伊藤はライブ後の楽屋や打ち上げにも顔を出すように。逆に、伊藤が出演するドラマの打ち上げに小嶋陽菜が参加していたりという報道もあるくらいだ。

田中将大

ガチのアイドル好きが高じてハロプロアイドルと結婚した田中将大も、実は高橋みなみ推し(SKEでは松井玲奈)。

テレビの企画で落語をちょこっと教えただけなのに、その後もずっとAKBにつきまとう春風亭小朝は大島優子推し。彼らもライブを見に行くたびに、楽屋を訪れている。本当のAKB好きで、多くのAKBファンを仲間と思う気持ちが少しでもあるのなら、それが迷惑行為であることを認識してほしい。

AKB好き有名人で最もタチが悪いのが、文化人系の人たちだ。新参ヲタの盲目性、ビジネスヲタの利己性、さらには文系ヲタクならではの粘着気質や理屈っぽさ。これらをすべて併せ持っているのだから、まったくもってうんざりする。

濱野智史
その筆頭が、社会学者の濱野智史氏。なんたって、AKBを論じた著書のタイトルが『前田敦子はキリストを超えた』だ。ずいぶんと大仰なことを言い出したかと思えば、「アイドル」「AKB48」に対する考察は極めて浅く、その薄さをごまかすかのように〈この言葉に充溢するあっちゃんの「利他性」こそが、前田敦子がキリストを超えたアルファにしてオメガのポイントである〉などと、それっぽい言葉を並べているにすぎない。

最近では地下アイドルにも手を伸ばし、その経緯を訊かれて「別にAKBが嫌いになったわけじゃないんですね。むしろ”AKBにハマりすぎた結果、地下アイドルに流れ着いた”というのが正しいと思います。僕の周りにいるAKBの古参ヲタの皆さんもほとんどそうなっているので、それが自然の流れ」(リアルサウンドより部分引用)と回答。

ただ経緯を訊ねただけで、誰も責めてはいないのに、自己正当化しているのだ。 要は、三十路に入ってアイドルの楽しさを覚え、他のドルヲタが通ってきた道を、1ミリもズレることなくトレースしているだけ。それ以上でも、それ以下でもない。2ちゃんねるのアイドル系掲示板に行けば、彼と同じ言葉にはいくらでも出会える。

宇野常寛

評論家の宇野常寛氏も、負けず劣らずだ。濱野智史、小林よしのり、中森明夫らとの座談会をまとめた『AKB48白熱論争』では、こんなことを言っている。

〈(AKBは)マスメディアを介さない、ソーシャルメディア前提の新しいファンとアイドルの関係を作っちゃったんです〉

どうすれば、ここまで現実を歪めることができるのか?2005年12月、AKB48劇場オープン時に秋元康氏が目指していたのは、確かにそこだったかもしれない。マスへ出すこともあえて控えていた。しかし、それではまったく売れず、スポンサーや代理店の力を借りて積極的にマスへ出し、やっと花開いたグループがAKB48だ。

「代理店の営業局とテレビが組んで、メディア攻勢を仕掛けた成果。総選挙はもちろん、ナベツネと前田敦子との対談も代理店の仕掛け。これがマスでなかったら、なにがマスって話ですよ」(広告代理店関係者)

この頃の宇野氏はほとんど劇場やコンサート会場には足を運ばなかったらしい。いわゆる「在宅」だ。2ちゃんねるを見れば分かるように、現場へ入らない在宅ヲタがズレまくった言葉を並べてしまうのは致し方ない。

田原総一朗

しかし、バリバリの現場主義で通してきた御大・田原総一朗まで、「高橋みなみは野田首相(当時)よりリーダーシップがある。政治家になるべき」などという妄言を吐き出してしまうのだから恐れ入る。

ただ、発言からまもなくして、秋元氏との対談本『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術(田原総一朗責任編集)』を出版したことを考えれば、単に”仕掛け”に乗ってファンを演じていただけとも。

中森明夫

アイドル評論といえば、80年代から活躍する中森明夫氏も有名だ。AKBに関してもたびたび口を出しているが、その知識は一般人並みで、少ない知識を過去に見てきたアイドルに当てはめているだけに見える。

事実、〈AKBが面白いのは、そのルール(恋愛禁止)を明文化していること〉などと語っているが、そんな文言はどこにも記されておらず、プロデューサーの秋元康も「僕は一度も言っていない」とコメント。長くアイドル評論をしているせいで、他のアイドルと間違えているのかも。アイドル評論家としての使命は、すでに終わった感がある。

ちなみに、濱野、宇野、田原、中森、全員がAKB関連の書籍を出している。「ビジネスヲタの利己性を持つ」と前述した通り、AKB48からおこぼれを預かっているということ。AKBには俳優や芸人から文化人まで、コバンザメのような連中が次々と群がり続けているのだ。[ブッチニュース]
http://bucchinews.com/geinou/4304.html
http://bucchinews.com/geinou/4308.html

【関連画像】
前田敦子
おっぱい谷間お宝画像コチラ

AKB初期時代のパンチラ画像コチラ

指原莉乃
元カレに送ったおっぱい写メ

意外にエロい体まとめ画像

【関連商品】



関連キーワード

コメント

  1. 9
    名無しさん 2014/05/08 19:51

    AKBのこの記事自体も捏造ごり押しでAKB自身が有名人に対してコバンザメ寄生虫な肛門をクンカクンカしたい

  2. 8
    名無しさん 2014/05/08 15:22

    ブスの巣窟じゃねえか

  3. 7
    名無しさん 2014/05/07 22:53

    この記事書いたヤツってかなり重度のAKBヲタなんだろうな。

  4. 6
    名無しさん 2014/05/07 22:52

    結論!全員キモい!

  5. 5
    名無しさん 2014/05/07 20:53

    ある意味このグループが芸能人、テレビを興冷めさせてるような… 個人差あるけど。。競馬会三浦、、野球ハンカチ、サッカー本田??

  6. 4
    名無しさん 2014/05/07 20:50

    女子のシッコ飲みてえ

  7. 3
    名無しさん 2014/05/07 17:16

    草加臭い クサ〜い臭

  8. 2
    名無しさん 2014/05/07 17:06

    偶像崇拝出来るとは?

    一種の宗教だな!

  9. 1
    名無しさん 2014/05/07 16:59

    まさにその通りだと思う。
    AKBに群がるハエやな(笑)

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事