TALENT

HEADLINE

MEGUMIが語る元イエローキャブ・野田社長の巨乳面接「お前のおっぱいはどれ?」

2004年にグラビア界を震撼させた業界大手のイエローキャブで、内紛が生じた。抗争の末に当時の社長・野田義治が解任され、サンズエンタテインメントを設立。

当時は、野田に批判も相次いだが、実際に野田はどのような人物なのか?タレントのMEGUMIが『ナカイの窓』(日本テレビ)で明かした。

MEGUMI 野田社長との出会いは
MEGUMIと野田の出会いは、「私はシンガーになりたかった。オーディションを受けたりしつつ、ダメだったんですね。それで、そこのボイトレの先生が、野田さんを知っていて、いきなり面接をした」という。

ここまでは、普通の流れだが、その面接が驚愕である。

野田社長 MEGUMIの巨乳面接とは
「2人きりで。当時、社長が赤坂プリンスが大好きで。カフェみたいなところに行って、雑誌を広げて、いっぱい色々なおっぱいがのっていて、『お前のおっぱいどれだ?』って(雑誌をみせられて、聞かれて)『これか、これですかね』みたいな。それが面接だった」

グラドルになりたかったわけではなく、シンガーになりたいという若い女性が受ける面接としては強烈だ。

「一週間くらい後に電話かかってきて、『パスポート持ってこい』って言われて、待ち合わせ場所行くと、そのままサイパンに行って、グラビア撮影。突然で。(野田が発掘したタレントは)皆、そんな感じです」

MEGUMI 巨乳面接とは
しかし芸能界は怖いところかもしれないと疑心暗鬼の女性にとって、この強引さは驚愕だったに違いない。どこかアダルトビデオ撮影の雰囲気さえある怪しい会社に思えるが、野田への忠誠心を唱えるタレントは少なくない。

MEGUMIもその一人、サンズを「野田イズム」と表現し、「タレントよりもキャラが濃い社長」と野田を評しながらも感謝しているという。

「『女は貧乏だとダメだ』と○○○万円くらいくれる。(デビュー当時は)家賃も払ってくれて。『貧乏ったらしいとダメだ』て言うんです。ある程度、稼げるようになったら、『あとはお前がやれ』と(売れてからはタレント自身で払うけど、それまではお金を払ってくれる)」

これを聞いたジャニーズ事務所の中居正広ですら、「すっごい良い事務所だね」と驚きの声を上げた。

野田がイエローキャブ社長を解任されたのも、タレント達に自社株を発行しようとしたからだと言われている。

弱肉強食の芸能界で、タレントを一番に大切にしてくれる野田についていった雛形あきこ、MEGUMI、かとうれいこらの選択は間違っていなかったのだろう。

そんな野田は、所属タレントの彼氏にも寛大で、「どこが好きなんだ?」「やったのか?」と親のように聞いてくるとも笑う。

野田の愛人などと揶揄されたタレント達は、社長を親のように慕っているようだ。

[引用/参照:http://tocana.jp/2014/12/post_5294_entry.html]

【関連商品】

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2014/12/07 11:38

    ↓クズ

  2. 3
    名無しさん 2014/12/07 9:37

    一歩手前。セクハラ騒ぐ馬鹿女に聞かせたい。巨乳サイコー

  3. 2
    名無しさん 2014/12/06 18:00

    ↓クズ

  4. 1
    名無しさん 2014/12/06 14:24

    地味顔乳

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事