TALENT

HEADLINE

テレビ東京、ニッポン放送、NHK、意外に多い!?明石家さんまが出演拒否&出入り禁止の放送局

明石家さんまがラジオ番組「ヤングタウン土曜日」にて、自身がMCを務める春の新番組「さんまのお笑い向上委員会」について語った。

番組には今田耕司、ネプチューンの堀内健、土田晃之など豪華メンバーが揃うということで「今から興奮している」と話すさんまだが、現在のフジテレビについては「今、フジテレビって、凄い調子が悪いんですよ。過去の栄光が凄すぎるから」と不調を指摘した。



明石家さんま ヤングタウン



そんな厳しい状態にあるフジからのオファーに快く力を貸すこととなったさんまだが、在京キー局の中で唯一、テレビ東京に対してだけは、ある理由で出演を拒否しているのだという。

「さんまは30年ほど前にテレビ東京で『サタデーナイトショー』という番組をやっていたのですが、当時、深夜ながら全時間帯トップの視聴率を記録するほどのオバケ番組でした。

もちろんスタッフや出演者は大喜び。そして”今後、10年、20年頑張りましょう”と誓い合った矢先、打ち切りが決定した。

どうやらお色気番組が局の視聴率トップになるのはイメージ的によくないと上層部が判断したようなのです。

さんまは、きちんと結果も出したにもかかわらず終わらせられたのが相当ショックだったようで、以降、わずかなVTR出演以外はテレビ東京とは関わっていません。

一方、フジテレビには『オレたちひょうきん族』などの出演で恩があるため、今回の番組も引き受けたのでしょう」(テレビ関係者)

さんまといえば、昨年も長寿番組だった「さんまのSUPERからくりTV」(TBS系)が打ち切られ、悔しい思いをしている。それだけに、新番組への意気込みはかなりのものだという。

「番組は1日かけて収録し、何本撮りになるか分からないそうです。つまりトークや演者のバランスなどを見て、さんまが納得のできない収録だったら、5時間回しても30分に編集して放送する。

3本撮れる時もあれば、1本の時もあるというスタイル。それほどさんまは新番組に賭けている。つまり今度こそ、数字も内容も満足のいくバラエティを本気で目指しているのでしょう」(前出・テレビ関係者)

さんまは不調が続くフジテレビの救世主となれるだろうか?

[引用/参照:http://www.asagei.com/33497]

□ ニッポン放送も出入り禁止の過去


明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送



当時パーソナリティを務めた土曜夜の人気生ワイド番組「明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送」(1983年~1988年)において、ナイター中継延長に関してスケジュールの都合で番組冒頭30分を録音にする処置を行った際、さんま側に無断であたかもその部分を生放送のように見せかけて放送してしまい、それがリスナーや週刊誌の間でさんまの番組に対する態度を批判する騒動に発展。

これに怒ったさんまが最終的に番組を降板する事態となった。所属事務所の吉本興業とも一時険悪になる。以来、さんまはニッポン放送との仕事を一切していなかったが、2011年放送の「大竹しのぶのオールナイトニッポンGOLD」に正式出演を果たしたことで、はれて「解禁」となっている。

※宮本幸一

現・常務取締役。叩き上げの制作畑で、笑福亭鶴光のオールナイトニッポンや中島みゆきのオールナイトニッポンのディレクターを担当。

オールナイトニッポンやヤングパラダイスなど深夜放送の黄金期を作り上げたが、出演タレントと反目することがしばしばで、その辣腕には毀誉褒貶が多い

明石家さんま、とんねるず、伊集院光をニッポン放送から放逐した張本人であり、一部のラジオファンからは悪い意味で有名な人物。

[引用/参照:http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E6%94%BE%E9%80%81]

【関連記事】

明石家さんまがNHKに出ない理由とは?

【関連映像】



【解禁】明石家さんまが26年ぶりにテレビ東京に(VTR)出演

【関連商品】



関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事