TALENT

HEADLINE

悪ふざけが身上!?黒歴史満載!?とんねるずの全盛期って・・・今のテレビでは無理?

東のお笑いシーンをリードしてきたコンビ、とんねるずの地位を確固としたのが、『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ系)。

当時のとんねるずは、歌手デビューすれば、ヒットソングを連発、駆けだしだった秋元康と手を組んで、過激でスパイシーな爆弾を次々と投下していった。



とんねるず 秋元康



もともとは不定期特番として放送されていたが、88年に木曜の21時からに昇格した。度を越した企画で放送休止となった過去もありながら、97年には『とんねるずのみなさんのおかげでした』に改題。

“新・食わず嫌い王決定戦”や”博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~”、”買う。”シリーズなどヒット企画は多い。

ロングセラーのこの番組にも、黒歴史がある。絶頂期のアイドルや売出し中のタレントなどにセクハラを仕掛け、視聴者の批判を煽った時代もあった。

意図的にBPO(放送倫理・番組向上機構)にすら挑戦状をたたきつけ、テレビ界に歯向かっていた。

同番組は、木梨演じる『仮面ノリダー』というコントキャラクターが子ども人気を得た一方で、松嶋、牧瀬里穂、観月ありさといった次代の美少女をいち早く抜てき。

彼女たちに石橋は遠慮なく、キスを迫ったり、押し倒したり、添い寝をしたりで、やりたい放題だった。そんななか、今なお語り継がれているのは、松嶋菜々子だ。

まだ松嶋が新人の頃、コント『近未来警察072(オナニー)』に出演、女隊員に扮した松嶋は、とんねるずにいじめられながら、卑猥なセリフを言わされるのがお約束だった。

石橋に殴られ、蹴られる中、


近未来警察072 松嶋菜々子


「あぁ、クセになりそう。私はあなた達のメスブタよ。もっとイタぶってちょうだい!」

近未来警察072 松嶋菜々子
「お願いやめて、おなかの子だけには罪はないの!」

近未来警察072 松嶋菜々子
「今日は私が上になるわ。そうよ、下から突きあげて!あぁ当たってる!」

近未来警察072 松嶋菜々子
「あぁ、空気が入っている、聞かないで!クネクネ」



近未来警察072 松嶋菜々子


「ダメ!中はダメ。外ならどこでもいいから!」

などと卑猥なセリフを言わされ続けた松嶋。

この映像は、松嶋の所属事務所がすべて買収したと言われ、もう2度とテレビでは観られない。

他にも牧瀬里穂は、石橋の口に入れたお粥を顔に垂らされたり、小泉今日子は食べかけのイチゴを取り上げられ、食べられるなど、石橋はまさにブレーキが壊れた暴走機関車だった。

やりすぎた企画で、番組が休止に追い込まれたこともある。

石橋 宜保愛子をパロディしたイボ貴子
前身の「とんねるずのみなさんのおかげです」では、当時、社会現象といわれた霊能力者・宜保愛子をパロディ化。石橋が過剰メイクを施した霊能力者の宜保愛子に扮し、企画”真夜中のドッキリ 爆破でドン!”を実施。

やらせ心霊ツアーで洞窟を爆破し、後片付けもしないままに現地を去ったため、現地の関係者に訴えられて放送休止の処遇を食らった。

とんねるず自身もスタッフも、とり憑かれたように浮かれた暴挙を続けていたことが関係者の事故へとつながった回もある。芸人コンビ、ずんのやずの事故だ。

12年、新潟県内のスキー場のゲレンデで、水上スキーに用いるゴムボートに乗り、タイムを競うゲームをしていたが、スピードが止まらずスロープを乗り越え、4メートル程も下に転落してしまったのだ。

山小屋に激突したやすは腰を強打し、第2腰椎破裂骨折および第1腰椎両側突起骨折。半年後には復帰できたものの、芸能界引退、ずん解散も頭をよぎったらしい。

かつては、「人間大砲」という企画で、歌手の葛城ユキが骨折事故を起こしているだけに、やりすぎバラエティはつねに、議論の的となる。

それでも危険な橋を渡ってしまうのが、芸人の哀しい性。吊るし上げという征伐を食らいながらも、歩みをやめないのだ。

デビューから四半世紀を過ぎても、未だに視聴者に媚びる姿勢を見せないのがとんねるず。視聴率、製作費、BPOを無視するその姿勢は、彼らの専売特許。「丸くならないでほしい」というのが、テレビ業界関係者の総意のようだ。

[引用/参照:http://npn.co.jp/article/detail/22637526/]

□ とんねるずの功績とは?

ネット上のアンチユーザーがよく書き込むことは、「面白くない」「実力がない」という意見だ。

お笑い芸人の根本ともいえるこれらの資質の欠如を指摘している意見だが、自らのことを語ることがない性格の木梨はさておき、石橋はこの点について認めているところがある。

過去に石橋は、ピンでSMAPの中居正広とともに司会を務めていた歌番組『うたばん』の中で、

「自分たちが売れたのは、実力と運でいえば、9割は運だ」

「おれらより実力があるコンビはたくさんいた」

と語っており、世間が持ってしまいがちなイメージとは異なり、とんねるずは自らの実力については至って謙虚なのだ。

しかし彼らは、「面白い」に特化するのではなく、「他のどの芸人もマネできない」ことを冠のバラエティー番組の中で展開していき、その点でナンバーワンに上り詰めたのである。

その”マネできないこと”というのは、「群れない」、そして「自分たちだけでやる」という点だ。

彼らの相手となったのは、『みなさん』ではチェッカーズや小泉今日子といったアイドル・歌手、『ねるとん』では素人出演者、『生ダラ』では定岡正二や錦野旦といった元スポーツ選手やバラエティー経験の少ない往年のベテランタレントなどであった。

とんねるずは、このような”お笑い外”の人たちを文字通り「いじり倒す」ことで彼らの面白さを引き出し、バラエティーの世界の中で活かしたのである。

その結果、テレビの世界におけるバラエティー番組の立ち位置は大きく向上したといえるだろう。スポーツスターや人気絶頂のアイドルでもバラエティー番組に出演するという土壌、そして現在の環境は、彼らの番組の中で作り上げられ成立したのである。

[引用/参照:http://news.aol.jp/2013/11/17/tunnels/]

【関連動画】



近未来警察072

【関連画像】

テレビでおっぱい揉まれた
放送事故!?テレビでおっぱい揉まれた!例の篠原涼子や、さま~ず三村の件まで決定的瞬間の画像まとめ

【関連商品】



関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2015/04/07 19:49

    この頃の方がバラエティーは面白かった。

  2. 3
    名無しさん 2015/04/07 16:27

    お笑いのダサいイメージを変えたのは彼ら。

  3. 2
    名無しさん 2015/04/07 15:51

    なんで今とんねるず?

  4. 1
    名無しさん 2015/04/07 14:17

    いじめとセクハラの番組やん むなくそ悪い

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事