TALENT

HEADLINE

元イエモン吉井和哉がカジメンに!?前妻「信じられない」デキ婚は眞鍋かをりの執念か

中学時代から吉井のファンだったという真鍋が、共通の友人を介して出会ったのは2011年の秋。2人はすぐに意気投合し、交際がスタートした。

12年2月に交際が発覚したが、そのときにはすでに南青山にあるマンションで同棲生活を送っていた。当時、眞鍋は前所属事務所との契約問題で訴訟を抱えており、それを支え続けてきたのが吉井だったようだ。

一時は、結婚願望の強い眞鍋と再婚に消極的な吉井、という関係が囁かれたが、愛は静かに続いていたというわけだ。

 眞鍋といえば、お笑いコンビ『麒麟』の川島明(36)との熱愛があったが、3年間で破局している。

一方の、吉井にはデビュー当時に出来ちゃった婚した妻がいた。その前妻との間には1男3女をもうけたが、吉井の度重なる浮気で離婚。

「収入が10万円にも満たない時代もあった」と、告白していた糟糠の妻だったが、慰謝料はゼロで、吉井がいまも払い続けている養育費だけの離婚だった。

「吉井はモテるからね。誰でも知ってる有名女性タレントと不倫していたときは、私の友人に女性タレントが相談していた。

t20150710-1

不倫関係が長くドロドロの関係になっていたから、友人は両者を呼び出して話を聞いたそうだが、『妻と別れられない』という吉井と、『別れて一緒になると約束した』という女性タレントが、お互いにワンワン泣き出して収拾が付かなかったそうだ。

友人も『とても、あのカッコいいステージ姿を見せる吉井とは、思えなかった』と言っていた」(テレビ制作関係者)

 この女性タレントとの不倫は最終的に金銭で解決したそうだが、吉井の優柔不断さが招いた破局だったと言われている。だが、吉井は眞鍋に対してはいままでの交際や不倫と違う姿勢を見せていたという。

 「吉井は眞鍋と出会った瞬間に、山梨の豪邸を飛び出して、眞鍋と同棲を始めた。でも、妊娠しなかったら結婚はなかったかもしれない。

この結婚は、最初の奥さんのときとよく似ている。吉井の“浮気の虫”が、再び目を覚ますことのないことを願うばかりだ」(同)

[引用/参照:http://npn.co.jp/article/detail/30194103/]

吉井は、デビュー間もない頃に結婚した。この結婚には、乗り越えなければいけない大きな山(彼女には恋人がいた)があり、それを乗り越えてのゴールインだった。

t20150710-5すぐに子どもに恵まれ3男1女のパパになる。しかし、元局アナとの不倫も始まる。局アナは、吉井との結婚を望み、間に関係者が入り話し合いが持たれたが、妻とは別れられないという吉井に、結局は局アナのほうが愛想を尽かすことになる。

 これがきっかけで、吉井は離婚することになり4人の子どもたちは、元妻が引き取りことになった。当然、養育費は吉井が払い続けている。現在独身である吉井と眞鍋の恋愛には何も問題はないように見えるが、ここにも大きな問題があるのだ。

「吉井が結婚した相手は、怖い人の彼女だった。結婚前はかなり脅かされたようだ。しかし、結婚するということで相手も納得したそう。吉井が元局アナWさんと不倫したときにも、吉井は、その男性の影に怯えていた。だから離婚ができなかった。そのこともありWアナに泣いて詫びたそうだ」(男性週刊誌記者)

[引用/参照:http://www.cyzowoman.com/2012/03/post_5352.html]

年齢差13歳の眞鍋と吉井が出会ったのは4年前、11年秋だったという。

「吉井と食事をしていた眞鍋の友人が、その席に彼女を呼んだそうです。眞鍋はもともと吉井がボーカルを務めていたバンド『THE YELLOW MONKEY』の大ファンで、2人は意気投合し、すぐに交際に発展しました。

t20150710-4翌年2月には熱愛も報じられています。眞鍋のほうが積極的だったそうですが、結婚まで4年もかかったのは、吉井には結婚歴もあり、子供も4人いたからです」(芸能関係者)

吉井は92年ごろに最初の結婚をしている。吉井を知る音楽関係者は言う。

「アマチュアバンド時代に出会った女性と出会い、女の子3人と男の子1人に恵まれました。吉井は大変子煩悩ですが、それは彼の生い立ちも関係しているようです。

彼自身も『喪失感が僕の表現の基本』と語っていますが、旅芸人だった父親は彼が小学校に入学する前に亡くなり、母親との関係も良好とはいえず、家出をしたのです。両親との縁が薄かったことの反動なのか、彼は子供たちを溺愛していました」

 08年ごろに離婚した後も、吉井は子供たちと良好な関係を保つよう努めていたという。 

「それは眞鍋と交際を始めた後も変わりませんでした。吉井と出会ったとき彼女は31歳。結婚願望も強かったそうですが、吉井と子供たちとの絆を目の当たりにしていた眞鍋は、待ち続けるしかなかったのです」

 しかし、眞鍋の妊娠が転機になった。

「眞鍋は不安を感じながらも、吉井に妊娠を打ち明けたそうです。子供と暮らせず寂しい思いをしていた吉井は、眞鍋が想像していた以上に喜び、入籍することになりました」

 まさに眞鍋の執念が勝ち取ったゴールインだった。

[引用/参照:http://jisin.jp/news/2687/8757/]

「結婚について吉井から何もコメントは発表されていません。これは前妻と子供たちへの気遣いからでしょう。

ブレークする前の吉井は月給が10万円しかなく、前妻はまだ小さかった子供を2人を抱えながら彼を支えた、いわば糟糠の妻ですからね」と話すのは音楽関係者。

 吉井は07年に出版した自伝で、前妻との離婚を告白している。離婚後もきちんと養育費を払い、妻子が困らないようにと、河口湖近くの広大な敷地に建つ豪邸を、そのまま残した。

 吉井と眞鍋の交際が報じられた際、吉井の前妻は女性週刊誌の直撃取材に対して、こう答えている。

「私は彼が好きだから離婚したんです。悪い人、ずるい人になってほしくないから。離婚しても子供の父ですし、家族ですから。

本当に幸せになってほしいです。女性を幸せにしてあげて欲しいですし、自分も苦しんで欲しくないし、誰も泣かしてほしくないです」

 妻と4人の子供を残して家を出ていった元夫に対して、幸せを願う前妻。吉井も子供たちの成長や気持ちを尊重し、再婚に関しては慎重だったようだが、今回の結婚、妊娠はまさに真鍋の粘り勝ちだというのは女性誌記者だ。

「出産予定が秋なのにこのタイミングでの発表は、できちゃった婚という見方は否めません。デキ婚には否定的だった真鍋が同時発表したということは、アラフォー目前にしての粘り勝ちといったところですね」

 一方、吉井は仕事の送り迎えや家事も手伝うほどの献身ぶりだという。
t20150710-2

「かつては家事や子育てはほとんどしなかった吉井が今では、ゴミ出しも買い物にも付き添うほどですからね。

前妻も、二人の交際を報じた週刊誌の写真を見て『彼がゴミ出しをするなんて信じられない』と驚いていたほどです」(前出の女性誌記者)

「おひとりさま」キャラを装いながら、吉井に家事を手伝わせるとは、さすが高学歴タレント、ブログの女王の面目躍如である。

[引用/参照:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150629-00000011-sasahi-ent]


関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事