TALENT

HEADLINE

前田敦子 映画大コケで大ピンチ

先日行われた「第3回AKB選抜総選挙」で、ライバルの大島優子から見事、1位を奪還した前田敦子(19)だが、ピンチを迎えている。

もしドラ

250万部を超える大ベストセラーの実写版映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が大コケしてしまったのだ。

原作のクオリティーの高さと、AKB48総選挙1位の人気が加われば、大ヒットを疑わなかった映画関係者。ところが、いざ蓋を開けてみれば松本人志の『サヤ侍』といい勝負。最終的な興行成績は1億円にもいかない。大赤字は確定だという。

映画『もしドラ』のあまりの不人気ぶりが仇となってしまったのが、7月スタートのドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス』(フジテレビ)のキャスティング。

実は、業界関係者の間では早くも映画同様、大コケ説が囁かれているのだ。

「ギリギリまで前田以外の出演者が決まらなかった。原因は前田です。映画がコケていることで『ドラマもヤバい』と警戒されてしまったんです。前田では視聴率が取れないとドラマ界は見ている。

実際にヒロインを演じたドラマ『Q10』(日本テレビ)も平均視聴率は初回こそ15%を超えたものの、その後は急落。最終的には10.9%と大惨敗を喫している。その後に出演した『桜からの手紙』や『マジすか学園』もヒットと呼べるには程遠い視聴率だった」(芸能プロ関係者)

Q10
Q10

AKB総選挙後に噂されていた前田の卒業もかなり厳しいようだ。

柏木由紀

「いま前田からAKB48の看板がなくなると、アイドルとしてやっていけない。今回のドラマで総選挙べスト3入りした柏木由紀をキャスティングするのも保険の一つなんです」(事情通)

スッタモンダの末、全てのキャストが決まったのは制作発表ギリギリのタイミングだった。

「結局、名前がある俳優は中村蒼や三浦翔平、山田親太朗くらいです。正直、かなりヤバいキャスティングです」(ドラマ事情通)

6月22日発売の雑誌「an・an」では、単独で表紙を飾り、グラビア全7ページでファン垂涎の色白ボディを披露したばかり。あまりの人気ぶりゆえ、同時にアンチの数もナンバーワンであることも事実。

選抜総選挙1位だからといって、一部熱狂的ファンの作り上げた人気が世間で受け入れられるかどうかは微妙なところ。

[芸能Factory 週間実話]

【関連画像】
前田敦子のお宝画像コチラ
前田敦子の極秘情報はコチラ!!⇒
AKB48でBubbling
初期AKB48のお宝パンチラ画像コチラ
AKB48の極秘情報はコチラ!!⇒

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 82
    名無しさん 2011/09/06 17:54

    まぁ、花君はどうしても過去に演じた堀北と比較してしまうし、前田の演技の下手さが明確に浮き彫りになったね。

  2. 81
    名無しさん 2011/07/25 0:22

    柏木って人、ブスすぎやしないか?
    あれが3位って…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事