TALENT

HEADLINE

浅尾美和 TVで「メコスジ」写真に照れ笑い&ダンナに処女を捧げた?

元プロビーチバレー選手の浅尾美和(29)が、久しぶりにテレビバラエティに出演して「相変わらず可愛い」と話題になっている。

2012年にプロ引退後、その翌年に一般男性と結婚し、昨年には第一子となる男児を出産した浅尾。

今年に入ってからたびたびビーチバレー関連のイベントなどに出席していたが、本格的なバラエティに登場するのは本人曰く「かなり久々」だという。

ただ残念なことに、浅尾が出演したのは読売テレビの『マヨなか笑人』で、いわゆる関西ローカルだったために11日の放送を見られた人は限られてしまった。

それでもネット上には浅尾の出演シーンが貼られ、”ビーチの妖精”と呼ばれた現役時代と変わらない美貌に絶賛の声が寄せられている状況だ。

また、お笑いコンビのブラックマヨネーズが司会をするこの番組は、ローカルバラエティということもあってか、全国放送のバラエティよりもトークの内容が刺激的な印象で、ビーチの上とはまた違った浅尾が見られたとしても話題に。

この日の浅尾は、10代のころから親交があるというお笑いコンビのペナルティと共にスタジオに登場しており、久々のバラエティといってもリラックスして収録に臨めたのかもしれない。

番組の冒頭で現役時代について紹介された浅尾は、当時を振り返りながら「いろんなところに砂が入って辛かった」と、いきなり変な妄想をしてしまいそうなトークを展開。

t20150917-4

ビーチバレーでは、動きやすさや見た目から、かなりキワどいタイプのビキニを着ることが多く、コートに飛び込めば体中のあらゆるところに砂が入るという。

ただ、試合用のビキニはかなりしっかりしているため、「ズレたりすることはないけど、練習では…」とのこと。どうやら大勢の観衆がいないところでは”ポロリ”をしてしまったこともあるようだ。

人前で水着になることには特に抵抗はないという浅尾だが、美女アスリートとして世間の注目を浴びたころの過熱するメディア報道には少々嫌気がさしていた様子。

高校卒業後にバレーボール元日本代表の川合俊一(52)のスカウトを受け、競技生活と並行してタレント活動をスタートさせた浅尾は、瞬く間に世の男性ファンを虜にしたが、戸惑うことばかりだったという。

特に週刊誌の袋とじなどに自分の写真が掲載されることは「イヤで仕方なかった」とのこと。だが、嫌がる浅尾を尻目に番組では当時の写真を紹介。

「メコスジ!!」と大々的にキャッチコピーが打たれた浅尾のビキニショットが披露されることに。これには浅尾も赤面。

しかし「やめてくださいよ~」と言いながらも笑顔を浮かべており、当時を懐かしんでいるようでもあった。

t20150917-1

ちなみに「メコスジ」とは、ビキニやショーツなど、女性の大事なところに直接触れる衣類をはいた際にくっきりと浮かび上がるスジのこと。

若かりしころとはいえ、自らのちょっと恥ずかしい写真をテレビで披露された浅尾。一瞬険しい顔をしたものの、笑顔で対応した彼女は視聴者にも好印象を与えたようで、

「健気な子なんだな~」
「下ネタのリアクションが完璧」
「もっとテレビ出てほしいわ」

などと絶賛の声が寄せられた。その後のトークでは、現在のダンナについて「初めて付き合った人だった」と明かしており、ピュアな一面にも多くのファンから好意的な意見が上がることとなった。

今のバラエティ界ではさまざまな競技出身の美女アスリートが多く活躍している。

浅尾が今後どういった活動を視野に入れているかはわからないが、ぜひ全国放送のメジャーバラエティに出演して、より多くの視聴者に屈託のない笑顔とちょっぴりセクシーな話題を届けてほしいものだ。

[引用/参照/全文:http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0912/mcz_150912_9871378899.html]

自分から夫に猛アタック!!みょうががキッカケ!?
t20150917-2

元ビーチバレー選手の浅尾美和(29)が、12日放送のTVQ九州放送の情報番組「土曜の夜は!おとななテレビ」(土曜18時半~)に出演。

一昨年に結婚した美容師の夫とのなれそめエピソードや、現在8カ月になる男児の子育てについて語った。

夫は浅尾のヘアメークを担当していた美容師。雑誌の撮影など、仕事でよく一緒だったという。

高校時代から「男性とはあまり接点がなかった」という浅尾。仕事をするようになった当初、ヘアメーク担当が男性のときは「髪の毛を触られたりするのが嫌で、いつも女性にお願いしていた」という。

しかし、「旦那さんは嫌じゃなかったんですよね。仕事前のメークの30分とか1時間の時間がすごく好きで。2人っきりになれるじゃないですか」と振り返った。

ただ、当時は交際している女性がいたため、恋心を抱きながらも諦めていたという。ところが1年後くらいに、「(彼女と)別れたんだよ」と知らされた。

t20150917-3浅尾はその瞬間を「きたーっと思って。上がった(笑)」と彼のハートにアタックを決めるための恋のトスが上がったかのように表現した。

それから浅尾は、まず相手のことをよく知ろうとブログを検索。そのなかで、「みょうがが好き」という記述を発見した。「私、そのときみょうがは嫌いで食べられなかったんですよ。

でもなんとか(彼との)共通点を見つけたくて、メーク中『浅尾さんいま何かハマってることとかあるんですか?』って聞かれたときに、私ちょっと、みょうがにハマっててーと(笑)好きなものを一緒にした」と、ほほ笑ましいエピソードを披露した。

[引用/参照/全文:http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/09/14/0008394750.shtml]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事