TALENT

HEADLINE

人気イケメン俳優が表舞台から姿を消した理由とは・・・結婚を機に復活は「稼ごう」モード!?

29日、『バトル・ロワイアル』(2000)などで知られる俳優の安藤政信が一般女性と結婚し、妻が第2子妊娠中であることが、ファッション誌「NumeroTOKYO」(扶桑社)での写真家・蜷川実花氏との対談内で明らかになった。

デビュー以来イケメン俳優として名を馳せながら、一度たりとも熱愛報道のなかった安藤の結婚に、ネット上では「福山雅治の結婚よりショック」という悲嘆の声も少なからず上がっている。

t20151001-2

「安藤は、デビュー2年目の1996年に公開された北野武監督の『Kids Return キッズ・リターン』(96)に主演。

映画賞を総ナメにして一気にスターダムにのし上がり、映画『バトル・ロワイアル』『サトラレ』(01)など多数の映像作品に出演して不動の人気を獲得しました。

しかしその後、テレビドラマは2001年以降12年もの間出演せず、映画も08年から11年まで国内作品には一切顔を出さないなど、表舞台から姿を消していたんです。

もともと『日本の業界のスタイルが合わない』『ルーティンワークに飽きていた』など疑問を持っていたようで、こだわりが強いんですね。シレっと結婚しているあたりも彼らしいのでは」(芸能記者)

日本の芸能界との“ソリ”が合わないというのが、安藤が世間から“消えた”理由らしい。しかし、最近になってその安藤に大きな“変化”が見られたとのこと。その“変化”も今回の結婚と大きく関係しているのではと記者は見ている。

「以前は『年1本』のペースでしか作品に出演していなかった安藤ですが、11年には国内映画である『スマグラー』や中国映画『ソード・ロワイヤル』など3本の映画に出演。

『スマグラー』殺し屋・背骨役

『スマグラー』殺し屋・背骨役

12年には『東野圭吾ミステリーズ』(フジテレビ系)で久々のテレビドラマ出演を果たし、資生堂『TSUBAKI』やDeNA『三国志バトル』のCMにも顔を出すなど、活動の幅を拡げてきました。

現在は映画『GONINサーガ』も公開中です。結婚が昨年ということですから、今の奥さんと交際している時期に出演を増やしたとすればしっくりくる。彼としても“結婚”を強く意識して『稼ごう』と思ったのかもしれませんね」(同)

『GONIN サーガ』五誠会三代目役

『GONIN サーガ』五誠会三代目役

安藤も、一家の大黒柱としての責任を感じたということだろうか。しかし、「出演を増やそう」と思って増やせるのだから大したものだ。文句なしのイケメンだからこそなせる業か。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/10652619/]

事務所退社後3年間のフリー活動

t20151001-4『Kids Return キッズ・リターン』で各映画賞を総なめにした後、深作欣二監督、三池崇史監督、塚本晋也監督ら才能豊かな映画人の現場でキャリアを築いてきた。

ところが2009年の中国映画『花の生涯~梅蘭芳~』出演を機に、しばらくの間、日本映画界から距離を置き、さらに今年5月まで事務所に所属しないフリー俳優として活動していた。その胸中とは。

俳優業を支える裏方の仕事に触れ苦労知る

チェン・カイコー監督による『花の生涯~梅蘭芳~』で、日本から飛び出した。

「ちょうど日本映画に飽きている時期で、同じようなルーティンワークに嫌気がさしていたんです。変に道が出来てしまうような感覚が嫌だった。アジア圏の映画も好きで、憧れの監督もいましたから、その監督に会いたいという一心で自分から飛び込んだ感じです」

と、新天地で心機一転を図ったという。

海外作品に参加したことで、逆に日本映画を支えるスタッフたちの優秀さに気づく。2011年の映画『スマグラー お前の未来を運べ』で約4年ぶりに日本映画に復帰。

しかし再び新たな刺激を求めて所属事務所を退社。フリー俳優として、約3年間活動することになる。

「なんだか急に飽きが来てしまって、そこから“一人でやってみよう”と思ったんですよね。ギャラ交渉も自分でやったし、請求書も自分で出しました。自分の事を一から相手に説明して出演交渉もしたりして。すべてが自分の身に降りかかってくるので、かなり大変でしたけど」。

俳優業を支える裏方の仕事に初めて触れて、その苦労についても身をもって知った。

竹中直人さんが石井監督と僕をつないでくれた

安藤自身「役者一人で芸能界という“村”でやっていくのには無理がある」と覚悟はしていたが、俳優としての魅力は衰えることなく、オファーは舞い込み続けた。

石井隆監督が『GONIN』の19年ぶりの続編として作り上げた『GONIN サーガ』もその一つ。

「自分はブログもホームページもやっていなくて、誰もどう僕に連絡していいのかわからない中、竹中直人さんが石井監督と僕をつないでくれた。フリーの自分にオファーが来るのは本当に嬉しかった」

と、仕事ができるありがたみを噛みしめる時間でもあった。

しかも『GONIN』は安藤にとって、ベストフィルムと呼べる作品。劇場公開時には3回観て、サウンドトラックCDとVHSも持っているほど。その続編に指名されれば、二つ返事しかない。

また前作の出演者であり、石井監督のラブコールに応えて約11年ぶりに銀幕復帰を果たした根津甚八との共演も大きな刺激となり、安藤の仕事観はガラリと変わった。

本気になってきたのはここ最近

「来年で俳優生活20年ですが、本気になってきたのはここ最近です。病を押して撮影に参加された根津さんは、役者としては不本意な状態だと思います。

それでもカメラの前ですべてを晒した。それなのに自分はこれまで、仕事に対して真摯に向き合えない時もあって、それはあまりにも傲慢だった」と背筋を伸ばす。

全国規模のメジャー配給映画出演は約4年ぶり。

「石井監督にとっても、自分にとても久々の大作。

あの石井監督がメジャー作品をやるとなれば、映画ファンはどういうものを撮ったのかと観に来るはず。自分も久々だから、そこで凄くなかったらみんなガッカリするだろうし、だからこそ絶対にやってやるという気持ちしかなかった」。

俳優生活20周年を目前に、俳優として新たな境地に立つことが出来た。40代に突入した安藤は、まさに不惑の道を進む構えだ。

[引用/参照/全文:http://thepage.jp/detail/20150926-00000002-wordleaf]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事