TALENT

HEADLINE

実父が告白「戸籍」「母の遺言」「災厄」「誤解」・・・中森明菜が家族と断絶したワケ

t20160510-1

「お母ちゃんががんで亡くなる前に入院していたときも、明菜は一度も見舞いに来なかったんです。仲の良かった早見優ちゃんは何度も病室に来てくれたんだけどね……。

末期がんに苦しみながら、お母ちゃんは『明菜は薄情だ』って涙をこぼしていました。お母ちゃんのお通夜のときもあの子は来るだけは来たけれど、すぐに帰っちゃって……」

中森明菜(50)の父・明男さん(82)は、そう言ってため息をついた――。

記者が東京都清瀬市に住む明男さんを訪ねたのは5月1日。ちょうど明菜のデビュー35周年の記念日だった。明男さんの手には、デビュー当時に一家が揃って撮った貴重な家族写真があった。

「このときはまだお母ちゃんも元気でした。明菜が抱いている小さな男の子は、いまでは結婚して子供もいる甥っ子。思えば、月日はあっという間に過ぎてしまっていたんですね。

以前、恥をしのんで『女性自身』さんに身内の話を打ち明けました。そのとき話したとおり、お母ちゃんが死んでから21年間、私たち中森家の人間は誰ひとり明菜と会えていないんです」

父としてのつらい胸中を、切々と訴える明男さん。これまで、明菜にとって母・千恵子さんは誰よりも大切な存在だと言われてきた。千恵子さんが眠る菩提寺の住職によれば、明菜は命日にたびたび墓参りに来ているという。

千恵子さんの死後、明菜と中森家の親族との間に生まれた断絶。その原因は、母が生前に言い残していた「中森家の墓には入りたくない」という遺言にあったと、かつて本誌は報じた。

だが――。明男さんが今回本誌(女性自身)に明かしたのは、秘められてきた“家族の実像”だった。

「初めてお話しすることですが……。お母ちゃんが亡くなる少し前のことでした。明菜の所属事務所の人間が2人来て、『明菜が中森家の戸籍を抜けたいと言っている』と突然言ってきたんです。

もちろん私は『そんなことはできない』って突っぱねました。だって、明菜本人から一度もそんなことは聞いていなかったですからね。

その後、明菜本人か、事務所の人間か、どちらが市役所に行ったのかはわかりませんが、あの子は勝手に家族の戸籍から、自分だけ籍を抜いてしまったんです……」

さらに後日、明菜の荷物も、事務所の人間が来てすべて持ち去っていったという。この極めて“異例な決断”は、いったい何を意味しているのだろうか。

「籍を抜くことは『分籍』という手続きになりますが、法律的には特別な意味はありません。単に戸籍を2つに分けるだけの意味しかなく、法律的に親子の縁が切れるわけでもありません。

ただ、それでもやったということは、明菜さんの強い“意思表示”として、親子の縁を切った、と示したかったんでしょう」(民事に詳しい弁護士)

何より驚くのは、母・千恵子さんが亡くなる前から、明菜が中森家との縁を切ろうとしていたという事実だ。

明菜ファンなら知るとおり、そもそも芸能界に興味がなかった明菜が歌手を目指したのも、若いころに歌手志望だった母・千恵子さんの夢を「自分がかなえる!」と決意したから。

そんな明菜が、末期がんになった“最愛の母”の見舞いすら行かず、生前から“親子の縁”を切ろうとしていたとは――。父・明男さんは言う。

「私ももう、子供たちには『私が死んでも、明菜には知らせなくていい』と言っているんです。でもね……私ももう82歳。やっぱり、死ぬ前に明菜に会いたい。

そう思って、今年に入って2度『どうか顔を見せておくれ』と書いた手紙をしたためたのですが、出すことができず、破ってしまいました。写真を見るたびに思うんです。このころに戻れたら、どんなにいいだろうって……」

明菜が閉ざされた心を肉親に開く、その日はやってくるのだろうか――。

[引用/参照/全文:http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/23884]

ネットの反応

・親父ペラペラ喋るなよ…
・明菜の方が被害者だと思う
・家族に食い物にされれば、人間不審になるわなぁ。
・たかられてたんだっけ? ヌードになった妹は何してるの?
・母親の墓参りはしてるみたいだから単純に父親が嫌いなんじゃないか?
・この親父はなんで娘から嫌われてるか まだわかってないんだな
・中森明菜って何に怒ってんの?
・早見優っていい人なんだね
・両方の意見をきかないと意味無いよ
・確かに明菜が反論しない事をいい事に言いたい放題書きたい放題だよな
・なんか親父が猛烈に怪しいんですけど

t20160510-2
中森明菜 ミ・アモーレ 第27回日本レコード大賞にご両親が駆けつける
「病気でずっと入院していた母・千恵子さんがステージに上がって来る姿が見えた瞬間まさかと思い一瞬歌えなくなってしまい、今でもその時の記憶は一番鮮明に覚えてる」

t20160510-3
中森明菜 DESIRE 第28回日本レコード大賞で甥っ子との初対面

誤解が生んだ“家族との断絶”[2013年10月22日]

父・明男さんは、絶縁に至った“原因”を、重い口を開いて語り出した。

「それは、明菜が私たち家族に“自分のお金を勝手に使われてしまった”と、固く信じ込んでいるからなんですよ。明菜は、当時の事務所のスタッフから『清瀬(の家族)にいっぱいお金が行っていて、大変なんだよ』と言われたそうです」

当時、家族で経営していたスナックや中華料理店に、明菜のお金がつぎ込まれていると、誤解しているのだと明男さんは語る。

[引用/参照/全文:http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/19327]

最愛の母の「悲しすぎる遺言」[2014年06月20日]

本誌は、真相を聞くため、明菜の父・明男さんを直撃した。いつものように快く取材に応じてくれた明男さんは、記者が疑問をぶつけると顔色を変えた。千恵子さんが亡くなる前に、いったい何があったのか。

「お母ちゃんは晩年がんになってね……。『家族の迷惑になるから』と家を出て一人暮らしを始めたんです。お墓のことも生前、お母ちゃんが自分から言い出したんですよ。

千恵子は昔から『父親が眠る墓に一緒に入りたいから、中森家じゃなくて実家の墓に入りたい』って言ってね。最初は家族全員びっくりですよ。

でも一度言い出したら聞かない性格ですから、最後は『お母ちゃんらしくっていいんじゃない』と家族会議を開いて決めたんです」

なんと、千恵子さん自ら、中森家の墓に入ることを拒否したのだという。「繊細な明菜ちゃんは、そのお墓のことが胸につかえているのかもしれませんね」と記者が聞くと、明男さんは肩を落としてこう答えた。

「たしかに、あの子は“お母ちゃん命”でしたからね……。

病院にも何回も見舞いに行っていたから、明菜はその話も本人(千恵子さん)から聞いていたと思います。明菜がどう思ったかは、お母ちゃんが亡くなってから一度も会ってない私には、残念ながらわかりません……」

明菜がもっとも頼りにしていた千恵子さんが、死の直前、家族との“別離”を選んでいたという衝撃の真実。もしそうだとすれば、明菜と家族の“断絶”の本当の原因は、この千恵子さんの“遺言”にあったのかもしれない。

[引用/参照/全文:http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/20197]

断絶した家族に続く災厄[ 2013年09月24日]

じつは、その“長期の断絶”のなか、中森家は次々と不幸に襲われていた。

「じつは、明菜の一番上の姉の孫娘、私にとっては初の“ひ孫”が、去年、亡くなったんですよ。小児白血病で、骨髄移植したりと2~3年、苦しんだんですが、小学6年生で他界しまして…。

明菜もとても可愛がっていた子でね。でも、明菜にはとうとう会えずじまいで亡くなりました。長女は、自身が苦しんでいる明菜に訃報を知らせずらかったのかもしれませんが、明菜はいまだに、その子の死を知らないと思いますよ」(明男さん)

さらに、妹の明穂(46)も3年前に大ケガを負っていたという。

「明穂は交通事故に遭ってしまい、右の踵を大ケガしました。手術を3回も受けて、もうハイヒールなんか、とても履けなくなり、足が不自由で引きずるようしか歩けなくなってしまいました」

中森明穂1987-8年に芸能活動

中森明穂1987-8年に芸能活動

愛した親戚の女児の死、妹の事故…。そして、父・明男さんも昨年秋、明菜と同じ帯状疱疹に苦しんだという。

[引用/参照/全文:http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/20197]

t20160510-5

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2016/05/17 15:17

    何もかもマッチとか言うクズのせいだろ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事