TALENT

HEADLINE

2月にオファー受けていた「笑点」新司会に春風亭昇太を抜擢した裏事情

o20160524-1

日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5:30)の6代目大喜利司会に決定した春風亭昇太(56)が23日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(前11:30~)に出演。司会決定までのエピソードを明かした。

オープニングでパーソナリティーの高田文夫(67)とアシスタントの松本明子(50)が昇太についてトークを繰り広げていると、スタジオに昇太本人が登場した。

新司会について

「2月に関係者に呼ばれて話があると。『薄々わかっていると思うけど、歌丸師匠が辞めると言うことで、次の司会者を探さなきゃいけない。次の司会者をやってくれませんかと。偉い人に囲まれていたので、その場で「わかりました」と決断しましたよ」

とオファーを受けたときの状況を説明した。

「2月に決まって、よくここまで黙っていられたね」と高田が突っ込むと、昇太は「番組で発表するので、とにかく黙っていてくれと。誰に言ったら一番危険かと思ったら、高田先生だった(笑い)。

発信力がありすぎるので、まず先生には絶対に言えないと。あと(水曜日に一緒に番組をやっている)乾(貴美子)さんが、時々探りを入れてくるんですよ!『どうなんですか?』って。

もう番組関係者には危なくて言えないと思いましたね」と答えた。

「でも(火曜日担当の)東(貴博)くんは、僕が『ボクってこともあるんじゃないですか?』と言ったら、『それはないだろ~!』と言っていたので、東くんは大丈夫だなと思った」と冗談を言い笑いを誘っていた。

29日に発表される新メンバーについては「知っているんですけど、高田先生には言えません」とごまかしていた。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/11554061/]

o20160524-3
1979年当時43歳の歌丸

56歳なの!?

この決定にネット上では「意外!」「昇太さん56歳なの!?びっくり」と驚きの声が上がっている。

5代目の司会者・桂歌丸が勇退を発表してから、世間の関心が高まっていた新司会者の行方。

三遊亭円楽を予想する声も多かっただけに、歌丸の口から昇太の名前が告げられると、

「メンバーの長老が司会やるイメージがあったのに」
「まさか! って感じ」
「てっきり円楽が後任だと思ってたからびっくり」
「まさか昇太さんとは…!」
「かなり意外」
「良いと思う」
「考えてみれば昇太さんは司会者向きかも」
「期待しています!」
「楽しみ」
「これは笑点版ペレストロイカである。大改革。」
「これは予想してなかった」
「未来を見据えたんだねけっこうビックリしたわ」
「ええんじゃない?新人大喜利とかの司会は上手だったし」

と驚きつつも期待や応援する書き込みであふれた。

一方で、昇太の56歳という年齢も注目を浴び、「もっと若いと思ってた」「司会に決まったことより年齢のほうが驚いた」「若いなぁ外見!」「あと4年で還暦って!」「山田くんは59歳」というコメントもTwitterなどに投稿され、反響を呼んでいる。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/11553501/]

たい平を救った転機

番組プロデューサーが「フラットに番組を100年続けていくためには、大喜利はチームワークなので、外部の方に来ていただくことは早い段階でやめた」と明言し、「回答者の中から、ひとりずつシミュレーションしていき、2月頃に昇太師匠に決めた」ことを打ち明けた。

昇太起用にあたっては、番組の正規レギュラーになる以前に若手大喜利の司会を務めてきた経験も買われたはずだ。

それは、本家・大喜利の回答者だった林家こん平が2004年に病気で番組を離脱したときのこと。急遽、若手大喜利の優勝から代役を出すことになった。

o20160524-2これに弟子のたい平は「師匠の座布団は弟子の自分が死守する」と奮起するも、出す答えがことごとくすべってしまう。

司会の昇太もできることなら師匠の代役を弟子が務めるのが自然だと考えていたが、これでは座布団をやれない。そこで昇太は、ほかのメンバーから座布団を取り上げて、たい平を優勝させることにしたという。

これにより無事にたい平は代役に選ばれ、2年後には昇太とともに正式メンバーとなった。今回、昇太が司会に選ばれたのには、上記のような若手大喜利で見せた機転もポイントとなったのではないか。

[引用/参照/全文:http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20160523/E1463965826166.html]

回答者としては役不足?消去法?

o20160524-4笑点のプロデューサーは昇太を選んだ理由について、「他のメンバーは大喜利の回答者として不可欠の存在」と話しているという。

[引用/参照/全文:http://www.j-cast.com/tv/2016/05/23267472.html]

ほかのメンバーが高齢のため、“消去法”で選ばれたともいわれる昇太だが、実際にはかなりのベテラン。ぜひ無礼講で大物噺家たちを取り仕切り、歌丸に代わる司会者として活躍していってほしいものだ。

[引用/参照/全文:http://www.cyzowoman.com/2016/05/post_20184.html]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事