TALENT

HEADLINE

GACKTが多岐にわたるサイドビジネスが成功と告白も・・・豪華すぎる生活に疑惑は深まるばかり

t20160607-1

歌手のGACKTがブログで、自身が行っているサイドビジネスについて語っている。

それによると、2000年頃から音楽産業の衰退を感じ始め、売り上げに左右されずに自身の音楽を追求するために、音楽とは別のビジネスを手がけるようになったという。

また、当初は失敗もしたが、最近は多岐にわたるビジネスもそれなりに構築することができるようになったとも。

GACKTといえば、自宅に設けられた神殿や加湿器代わりの滝、30畳のバスルーム、専用の料理番やボディガードの存在など、芸能活動による収入に見合わないセレブな生活ぶりがたびたび話題になってきたが、今回のブログでその実態がようやく明らかになったのか……。

「全然明らかになっていないですよね。何しろ、ビジネスの具体的な内容については触れられていないわけですから(笑)。

GACKTのサイドビジネスについては、歌舞伎町のラーメン店や宝石ブランド、ゴルフ場のオーナーなどが取り沙汰されてきましたが、どれも真偽のほどは定かではありません。

しかし、あれだけ贅沢な生活をしているのだから、相当な収益を上げているはず。だとしたら、評判や話題がもっと漏れてきてもよさそうなものですが、それがまったくない。

サイドビジネス説も怪しいところです」(芸能記者)

最近のGACKTの周辺から聞こえてくるのは、自身が関わった東日本大震災の義援金の不正処理疑惑、個人事務所による悪質な所得隠しなど、うさんくさい話ばかり。

「結局、サイドビジネスといっても、怪しげな詐欺まがいのビジネスのようなものでは? それならば、実態が一向に伝わってこないのも、GACKTが具体的なことに一切言及しないのも納得できます。

もしくは、パトロンの存在でしょうか? カラオケ機器大手の企業をパトロンにしていたという話もありますからね。しかし、豪華な生活ぶりは見せかけだけだという話もあります。

自宅ビルにしても普通の雑居ビルで、いわれているほど豪華でもないし、金欠のため、世界に200台しかない約6,000万円の愛車を売りに出していました」(同)

今回のGACKTの告白に、ファンからは「少し謎が解けた」「さすが一流! 先見の明があったんですね」などの声が上がっているものの、世間一般のGACKTに対する疑念は、一層深まっただけだろう。

[引用/参照/全文:http://www.cyzo.com/2016/06/post_28342_entry.html ]

ランボルギーニの行方が判明!

t20160607-2

その後、どこの誰に売られたのかわからないままだったが、あまりに特徴的な車であるためツイッターに目撃情報が投稿され、行方が判明したのである。

投稿された写真を見ると、車に筑豊のナンバーが付けられていることから、九州の誰かが購入したと推測できる。

「新しいオーナーは金ピカのまま乗っているようですね。もしかするとGACKTファンなのかもしれません。しかし、まさか筑豊とは‥‥。

実は筑豊はとても荒っぽいことで知られ、車の運転もすごいと言われています。名古屋の運転が荒いと有名ですが、筑豊はそれ以上という人もいます。もらい事故などなければいいのですが‥‥」(モータージャーナリスト)

なにしろ世界に100台しかない車である。無事に乗り続けられることをGACKTも願っているに違いない。

[引用/参照/全文:http://www.asagei.com/excerpt/58150 ]

関連キーワード

コメント

  1. 1
    そり 2016/06/08 13:21

    詐欺師の話?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事