TALENT

HEADLINE

高知東生は単なるヤク中、売人レベルじゃない!?更なる逮捕者!?尿検査を拒否の大物俳優と夕刊フジ

t20160628-1

覚せい剤・大麻所持で逮捕された元俳優の高知東生容疑者。

清原和博の逮捕以来、「大物芸能人が薬物逮捕寸前」というニュースが多く報じられたが、高知容疑者は人気、知名度ともにそこまで高くなく、ネット上では「肩透かし感」という声もあるが……。

ただ、どうやらこの高知容疑者、単純な「ヤク中芸能人」という域では収まらない”キケンな男”だった可能性が浮上している。

まず、高知が所持していた覚せい剤に関してだが、所持していた量は「4g」。

これが多いのか少ないのかは一般ではすぐに想像できないだろうが、清原和博容疑者が逮捕された際の所持は「0.1g」。まさに「ケタ」が違うのである。

0.1gですら3~4回の使用が可能とされる覚せい剤。4gという数字が、高知の依存を如実に表している。

かなり前からクスリ漬けの日々を送っていたことがうかがえ、状況を見る限り妻の高島礼子の「知らなかった」という言葉も信ぴょう性が薄くなってしまう。

数年にわたって使用していたなら気づいてもおかしくないはずと思うのは自然だろう。

そして、高知がこのように大量に覚せい剤を所有していたことが示すのは、単なるジャンキーではない、もっとドス黒い疑惑だと語る記者も。

「これだけの量の覚せい剤を持っていれば、当然『売人』という説も浮上するわけですが、『その程度』の話ではない可能性も無視できません。

一気にそれだけの量を購入し、所持できるというのは単なる売人からの購入では不可能。とすれば、高知は薬物ルートのさらに奥、元締めと深く関わっていた可能性があります。

さらにいえば、高知自身が『元締め』的存在だった可能性すらあるでしょう。そういう意味では、知名度以上に高知は清原以上の『大物』だったといえるかもしれません」(記者)

大量の覚せい剤所有は驚きだったが、それほどの深すぎる闇が潜んでいる可能性があるとは驚きである。

確かに「ヤクで商売」していたとするならば、俳優よりも金銭的な面では確実に儲かる部分もあり、その理由を隠し「義父の介護」という建前を作って引退……とするならば、つじつまはピタリとハマッてしまう。

思った以上に深く危険な闇が見え隠れする今回の事件。収束など当分は訪れないだろう。

[引用/参照/全文:http://biz-journal.jp/gj/2016/06/post_725.html]

高島礼子「ブローネ」CM降板

t20160628-2

高知容疑者の逮捕を受けて、妻で女優の高島礼子(51)が、10年間続けてきた花王のCMを降板した。

高島は2006年から同社の白髪染め剤「ブローネ」のCMに出演してきたが、27日には同社のホームページからも写真が削除された。おしどり夫婦として知られていたが、イメージダウンは避けられない。

高島は花王以外にも、太田胃散とアパレルメーカー、キングとCM契約を結んでいる。今後の対応は不透明だが休止は避けられそうにない。

[引用/参照/全文:http://news.infoseek.co.jp/article/28fujizak20160628019/]

大河主演級の大物俳優 逮捕秒読み[夕刊フジ]

警察当局が目下、徹底マークする大物俳優は、NHK大河ドラマの主演級でヤクザ映画にも出演。一般的にはさわやかなイメージで通っている。

捜査関係者によると、覚醒剤の常習者として以前からリストに載り、ある薬物中毒者の逮捕をきっかけに改めて行動確認を行ったところ“クロ”となる証拠が続々と出てきた。条件さえ整えば、いつでも身柄を確保できる状況という。

この俳優について、芸能事務所の関係者が興味深いエピソードを明かす。

「清原さんが逮捕されて以降、各プロダクションは所属タレントに薬物使用者がいないか確かめるため、尿検査を行った。しかし、この俳優だけはかたくなに拒否したという。そのせいで、業界内でも怪しいと噂されるようになった」

この俳優に近い芸能関係者は「大物すぎて誰も薬物について触れられなかったのが正直なところ。『もしかしたら』と疑っている関係者は多い」と話す。

いさめる者がいなかったという点では、覚醒剤にのめり込んでいった清原元選手と似かよっている。

ある芸能ジャーナリストは「10年ぐらい前、テレビ局の外で張り込み中に偶然、その俳優を見掛けた。実年齢より10歳以上も老け込んで見え、非常に驚いた。

覚醒剤は効き目が切れると強烈な疲労に襲われるというが、乱用者だったとしたら合点がいく」と振り返る。

覚醒剤と性行為には強い親和性があり、この俳優も行為中の使用が疑われている。

「もともとサディスティックなプレイの嗜好の持ち主だが、薬のせいなのか、行為中に女性とトラブルを何度か起こしたことがある」(先の芸能関係者)

捜査関係者は「薬物汚染の恐ろしさを社会に知らしめる意味でも、この俳優の存在は大きい。警察は絶対に所持、使用の現場を押さえて逮捕に持っていく。相当な意気込みだ」と語る。

衝撃の逮捕再び-。その日は迫っている。

[引用/参照/全文:http://news.infoseek.co.jp/article/28fujizak20160628013/]

ネットの反応
t20160628-3
・この人が思い浮かんだ…
・ほんとかなーほんとかなー
・結局いつも芋づるにはならないね
・『大物芸能人逮捕か?』小出しネタ作戦
・主演俳優じゃなく主演級?主演したのか、してないのか?
・前も歌姫だの大物司会者だのあったけど全然進展なしだよね。。
・サディスティック=西田敏
・「釣りがバカみたいに好きな人」説が出てるけどまさか、、、ね?
・大河ドラマで主演級、おまけに爽やかなイメージとなるとマツケンくらいしか思い浮かばない
・紅白出場大物歌手もなかなか逮捕されない(´-`)
・西田敏行ずっと前からネットの中で噂になってるよね…
・みんな、西田敏行にロックオンしすぎw
・血液や尿は治療にあたり検査してるはずだから、西田さんはないでしょ
・西田敏行のサディストはガセで、作家某と間違えられていたって話じゃん
・骨折プレイマニアは作家の西村寿行だから。西田敏行とばっちり。
・マグロ釣るヒト??名前度忘れしちゃった
・大河主演、ヤクザ映画だと渡辺謙しか思い浮かばなかった
・薬物常習してると、始めは痩せるけど後からだんだん太ってくるって。そんな俳優いるかな

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事