TALENT

HEADLINE

NEWS加藤シゲアキが脱退した錦戸亮への複雑な心境を涙で告白「この人とはしばらく会えない」

t20160810-1

NEWSの小山慶一郎とアナウンサーの羽鳥慎一が司会を務める『チカラウタ』(日本テレビ系)に、NEWSの加藤シゲアキがゲストで登場。

自身が小説を書くきっかけとなった出来事や、元NEWSのメンバーで現・関ジャニ∞の錦戸亮との関係性を告白した。

「11歳の時にジャニーズに入った加藤は、すぐに沖縄ロケやドラマに出演するなど、順風満帆な人生を送っていましたが、NEWSとしてデビューしてからは山下智久や錦戸亮などの人気の影に隠れる形になってしまい、いきなり泣き出してしまうなど情緒不安定な時期が続いていました。

同じくNEWSの手越祐也もグループ内での人気格差にひどく悩んだことがあったようです。あまりにも2人に人気が集中したことで、他メンバーの劣等感が強く刺激されてしまっていたんです」(芸能誌ライター)

錦戸とは趣味が合ったという加藤は、錦戸への反骨心から「好きだけど嫌いに思おうみたいな、複雑な心理だった」と番組内で当時を振り返っていた。

さらに、自分には自慢できるものが何もないという想いと、メンバーのソロ活動が目立つようになったこともあり“書く”ということに専念。1カ月半もの短期間で処女作となる「ピンクとグレー」を書き上げた。

しかしその後、グループとして絶頂期にあった2011年に、山下智久がソロ活動を理由に脱退、同じく錦戸亮は当時掛け持ちしていた関ジャニ∞での活動に専念するために脱退と、人気を集めていた2人がいなくなる状況に陥った。

「錦戸が脱退した後、関ジャニ∞のメンバーで加藤と仲が良い丸山隆平の計らいで、1度だけ錦戸と食事をしたそうです。

その時に錦戸から『お前が本を書いたのは本当に嬉しい。でももっと頑張れ、誰よりも頑張れ』と激励されて、『それがすごい嬉しかったんですけど、ずっとおしぼりでこうやって泣いていた。っていうのがあって、この人とはまだしばらく会えないなって(思った)』と泣きながら語っていました」(同)

t20160810-2

MCの小山も元メンバーの錦戸とのエピソードを告白。

NEWSがMCを務める『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK系)に関ジャニ∞がゲスト出演し、グループ同士では初の共演を果たした時のことを「亮ちゃんとああいうテンションで目を合わせるって、今までなかった」と語り、歌番組で顔を合わせた時も挨拶もなかったなどのエピソードを暴露した。

しかし「大人になったというか、お互い本当に尊重できる」と錦戸との関係性や確執を率直に語ってもいました。

t20160810-3

「山下と錦戸が脱退した当時は、ファンの間でNEWS解散説も出ていました。それでも残った4人で何度も話し合って結束を固め、2012年には4人でのツアーを成功させたメンバーに

『2人の脱退は辛かったけど、4人が頑張ってるから応援する』
『前のNEWSも好きだったけど、今のNEWSも好き!』

とメンバーそれぞれのファンではなく、NEWSファンが今も応援している状態です。

その反面、

『今でも、私は山ピーと亮ちゃんの事を許せない』
『錦戸君はどんな気持ちでシゲちゃんに頑張れって言えたんだろ』
『脱退騒動のせいであの二人には好感持てないわ』

と否定的な意見も多く、今でも活動を続ける4人を擁護する声が多いですね」(同)

山ピーと錦戸の脱退から4周目を迎えたNEWSの4人。

今年夏の「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)では、NEWSとしては2回目、4人でのNEWSとしては初めてメインパーソナリティを務めるということで、4人でのグループ力が再び試される。

人気メンバーの脱退を乗り越えた時のように、この大役を4人でこなすところをファンはさぞ楽しみにしているだろうが、脱退していったメンバーがどんな気持ちで見るのかも気になるところだ。

[via:http://news.infoseek.co.jp/article/messy_34552/]

t20160810-5

ジャニーズJr.時代に組まれていたユニットの中から選りすぐりのメンバーで結成されたNEWS。

しかし加藤は、自身を「補欠扱い」だったといい、「ちょっとした番宣とか、誰でもいい仕事を『じゃあ僕がやります!』って言っても『加藤はいいや』みたいな、誰でもいい、すらに入っていなくてだんだん情緒不安定になっていった」と当時を振り返った。

周りから思われている自分と自身が思っている自分との差にもがき苦しみ、個人活動も盛んになって来たグループを俯瞰で見ていた加藤は「このままじゃやばい」と危機感。

嵐の二宮和也が、自らオーディションを受けたいと行動に出ていたことを知り、それまで「行動したことがなかった。来たものを受け入れているだけだった」と語った加藤は、「書くことだったらジャニーズの誰よりもやって来たかもしれない」と事務所に告げ、「これが達成できないと一生自分は変わらないし、何者にもなれない」とわずか1ヶ月で処女作となった著書「ピンクとグレー」を書き上げたという。

フラワーカンパニーズの楽曲「深夜高速」が加藤の支えになったようだが、その曲は錦戸も聴いていたといい「今は別グループになってしまいましたけど、あの時一緒にいた時間はいい思い出」と当時を懐かしみながら回顧した。

[via:http://news.infoseek.co.jp/article/messy_34552/]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事