TALENT

HEADLINE

宇多田ヒカルの『Fantôme』が世界的ヒット!?日本語で歌うことがテーマなのに・・・本人「はひ!?」

t20160930-1

9月28日にリリースされた宇多田ヒカルさんの8年半ぶりのフルアルバム『Fantôme』が、世界各国の音楽ランキングで上位に急上昇。本人も驚く“宇多田旋風”が巻き起こっています。

宇多田さんやスタッフのアカウントがリツイートしているものだけでも、フランスのiTunes Storeランキングで12位、アメリカでは6位、台湾や香港、シンガポールに至っては1位を獲得するなど絶好調。

さらに日本のiTunes Storeでは、爆発的なヒットを記録しているRADWIMPSの「君の名は。」を追い抜き堂々の1位に。

また、タワーレコードの全店総合アルバムチャートで2日連続1位となっている他、オリコンのデイリーCDアルバムランキングでも、27日に登場したEXILEのベストアルバム「EXTREME BEST」を抑えてトップに輝く快進撃を見せています。

この反響は全く予想できていなかったようで、宇多田さんは

「なにこれどういうこと?笑」

「ええええ?!」

「はひ!?」

とツイート。宇多田さんのスタッフも「マーケ担当者として正直に告白しますが、ここまでの筋書きはなかったです。言霊?ですかねw いやーにしてもすごいなぁ」と驚きを隠せない様子です。

19日には、8年ぶりに「MUSIC STATION」に出演して歌声を披露した宇多田さん。空白の6年間については「一旦リセットしたいなと。だんだん分からなくなってきちゃって。

みんなに求められている私と本当の自分が離れている気がして、一旦止まろうと決めました」と語っていましたが、今回のヒットで再び音楽の世界に舞い戻ってきたと言えそうです。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000031-it_nlab-ent]

全米6位、フィンランドで1位

t20160930-2

国内では、iTunesをはじめ、mora、mu-mo、Amazon、ONKYOハイレゾのリアルタイムランキングにおいて5冠を達成。デイリーランキングにおいても全10サイトで1位を獲得した。

また、iTunesアルバム総合ランキングでは、日本を含む世界31か国(地域)でランクイン。うち25か国(地域)でBEST20入り、18か国(地域)でTOP10入りを果たしている。

全米では日本人女性ソロアーティストとして初の6位にランクインし、ヨーロッパでもフィンランドで1位の快挙となった。

各国でのチャート最高位
[2016年9月29日現在]

#1 Japan
#1 Hong Kong
#1 Macau
#1 Philippines
#1 Singapore
#1 Malaysia
#1 Taiwan
#1 Vietnam
#1 Finland
#2 Indonesia / (#1 J-pop)
#2 Thailand / (#1 J-pop)
#4 Bahrain
#4 Hungary
#6 US
#6 Australia
#6 Spain
#8 Sweden
#9 New Zealand
#12 Brazil
#12 Canada
#12 France
#12 India
#14 Netherlands
#16 Norway
#17 United Kingdom
#21 Italy
#33 Mexico
#36 Switzerland
#37 Honduras
#42 Germany
#74 Russia

[via:http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/42529/2]

大変大変!!!全米チャート3位だよ…もう怖い((( ;゚Д゚)))

「日本語の“唄”を歌いたかった」

t20160930-3

——今回の作詞からは日本語を重視しているという印象を受けます。実際、英語と仏語のフレーズがありますがそれもごく僅かですし。これは最初から決めていたプランだったのですか?

宇多田:いま思い出しましたけど、そう言えば1年半くらい前から「次のアルバムは日本語で歌うことがテーマ」と話していましたね。日本語の“唄”を歌いたかったんです。

「真夏の通り雨」も始めから日本語だけの歌詞にしたかったし、日本語で歌う意義や“唄”を追求したかった。いまの自分の感覚だと、英語を使うことが“逃げ”に感じられて。

あくまで自分の話ですけど、私の場合、歌詞に英語を用いる時は日本語ほど重要ではない言葉選びとか、シラブルの数が合うからとか、言いたいことを意図があって英語で言い直すとか、そんな感じだったんですね。

まあ『First Love』の時はあの時なりに重要な使い方をしたりもしていたんですが。でも今回はそういうやり方だと「100パーの本気じゃない!」みたく思えて。

だから本当に必要な言葉だけを並べて、しかもそれが自然と染み入るような日本語であって、尚美しいと思ってもらえる歌詞を目指したかったんです。

[via:http://realsound.jp/2016/09/post-9393.html]

ネットの反応

・itunesのランキングを真にうけちゃったのか
・アジアでヒットだろ。
・ベビメタレベルじゃないと世界的とは言わん
・海外だとiTunes Storeなんて使ってるのはごく少数だからw
・日本からアクセスした瞬間風速だろ
・100万円使うだけでも、瞬間的に上位にいけるからなw
・本人ですらヒットするのがおかしいと思えるレベルってことだな
・世界的に音楽不況なんだろ
・アメリカ向けに作ったアルバムよりも売れるって本人複雑だろね。
・アメリカでは$9.99日本では2200円ってどうなってんだ
・椎名林檎と勘違いして買われてる可能性は?
・まさか東洋のアデルになっちゃったりしないだろうな
・暗いアルバムだよね 昔みたいな明るい曲を作って欲しいなぁ
・ババアのアルバム斜め上行ってたわw すげぇ良い
・何を聞いても鬱っぽい。声も鬱っぽい。でも暗くならない絶妙なバランス。
 >なるほど良さそう 買ってみようかな
・宇多田に関してはいつもメディア盛り過ぎなんだよ。
・意味がわからない 外国人に日本語の歌なんか全く需要がないでしょ
・昔、世界進出したのが大失敗で何で今回みたいな展開でヒットするんだよ 人間、力んだらダメだって事か

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事