TALENT

HEADLINE

キムタク13人フラれる!?2017年ドラマ『Get Ready!!(仮題)』ヒロインが決まらない

t20161005-3

今年いっぱいでの解散が決まっているSMAPの木村拓哉(43)が、ドラマ界一の“嫌われ者”になっている。

来年1月からオンエアされるTBS系の日曜劇場『Get Ready!!(仮題)』の相手役がまだ決まらない。しかも、共演をオファーした女優13人に“フラれた”というから、気の毒にもほどがある。

かつては高視聴率が約束されていた「キムタクブランド」は、完全に崩壊してしまったようだ。

「キムタク、アウト!!」――。

こんな言葉がここ最近、女優やアイドル、揚げ句は業界関係者の間でひそかな流行語になっている。日本全国の大人から子供まで「キムタク」という愛称で抜群の人気を誇ってきたブランドは、完全に地に落ちてしまった。

「とにかく木村の人気凋落ぶりは目を覆いたくなるような惨状。最近、ドラマばかりか、バラエティーでも木村拓哉の名前が企画書に掲載されているだけで、女性ばかりか男性芸能人からも露骨に嫌な顔をされてしまう。

ちなみに業界ではキャスティングNG(共演を避けられる、または拒否される)のことを男女の恋愛になぞらえ“失恋”という表現をするんです。その意味ではキムタクは芸能界一、モテない男に成り下がってしまった」(ある放送作家)

そんなキムタクに、新たな“失恋話”が加わった。なんと、この1~2か月の間に13人の女優にフラれまくったというからオドロキだ。

話題になっているのは来年1月から放送されるTBS系“日9”ドラマの『Get Ready!!(仮題)』。10月を迎えたというのに、いまだにヒロイン女優の名前が発表されない。

当初、TBSのドラマスタッフが木村の意向を受け、猛烈オファーしていたのが綾瀬はるか(31)、吉高由里子(28)に波瑠(25)や満島ひかり(30)、長澤まさみ(29)、石原さとみ(29)、北川景子(30)といった、今が旬の女優たちだったという。ところが――。

「各プロダクションに、TBSの看板ドラマであることを告げると皆、興味津々なんですが…主演がキムタクだと言った瞬間、態度が豹変するんです。

なんだかんだいって、最後はスケジュールの都合でアウトになってしまう。ろくに話も聞いてもらえない状況が続いたんです」(制作関係者)

まさかの緊急事態に、“次のクラス”の女優陣にオファーし直したというのだが…。その女優たちは、土屋太鳳(21)、広瀬すず(18)、西内まりや(22)や高畑充希(24)などの今年ブレークした面々。

「それでもやっぱりスケジュールを理由に断られてしまう。扱いが難しいことから“禁断の女優”と呼ばれている上野樹里や二階堂ふみからも袖にされてしまったそうだ」(事情通)

テレビ業界に知れ渡っているだけで13人の女優から「アウト」を食らっている。ここまでキムタクが敬遠される理由はただ一つ。SMAP解散に至る一連の騒動に端を発した人気凋落のあおりを受けたくないからだ。

ある芸能プロの関係者も「ヒロインが決まらないのも当然です。おそらく木村が主演したドラマの中で、本作が最低平均視聴率になるのはほぼ確実だから。下手に出演してケガをしたくないのが女優陣の本音ですよ。

もっともTBSにしてみれば、SMAPが解散する前で、しかも、ここまで彼の人気が急落するとは夢にも思っていなかったはずです。一番の“ババ”をつかんだのはTBSかもしれません」と苦笑いだ。

放送される前からミソが付きまくりのキムタクドラマ。逆に注目されて高視聴率を記録する可能性もゼロではないが…。果たしてヒロインを務める勇気ある女優は一体、誰なのか!?

[via:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/600917/]

竹内結子を木村側が拒否

t20161005-1

しかも、そんな状況にもかかわらず、一度は内定していた竹内結子には、木村サイドがNGを出したそうなのだから驚きだ。《中略》

「竹内がなぜNGなのかは記事では明言されていませんが、『プライド』の撮影中に起こった流血事件も関係なくはないでしょう。

横浜市内のスケートリンクにエキストラを入れて撮影際、木村はファンとの交流を楽しんでいたのですが、彼が打ったパックが女性ファンの顔面に当たり、流血沙汰になったんです。

女性は顔面血まみれのまま病院に搬送されたそう。ふたりの共演となれば、このトラブルが思い起こされるのは間違いない。

この時は、木村、事務所、テレビ局が被害者に謝罪しましたが、事件発覚が表沙汰になるまで時間がかかったため、『このまま隠蔽するのではないか』という疑惑も取り沙汰されました。

木村にとっては触れたくない黒歴史に認定しているのかも」(前出・同)

これ以上のイメージダウンを避けたい木村が断る理由としては妥当ということか。1月に木村は誰とドラマに出演しているのだろうか……。

[via:http://biz-journal.jp/gj/2016/09/post_1320.html]

ヒロインは台湾人女優に?

ある情報によると、共演相手探しは、国外にも目が向けられ、木村が台湾観光局のPRキャラクターを務めている縁で、台湾の人気女優もリストアップされているという話だ。

聞けば、2010年のドラマ『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)で共演したリン・チーリンの所属事務所ほか、複数の芸能プロを通じての話があるそうだが、台湾女優起用だとストーリーの大幅修正も必要になるので、ドラマ制作サイドはあまり乗り気ではないともいわれる

「飯島さんがいなくなっても、キムタク側がストーリーにうるさいのは変わっていないとも聞きます。ある関係者は『(妻の)工藤静香が、飯島さんの代わりに入ってるんじゃないか』なんて言うほど。

キムタク演じるドクターが病院の汚れた問題を粛清していく案や、変わり種の、自閉症の天才医という案などが、続々とキムタクサイドに蹴られたなんてウワサもあります。

実際、タイトル案は『ドクター×ドクター』『その男、医師・平幸太郎』などと変化してきていますからね」(テレビ関係者)

情報筋によると、木村は典型的な正義感の強い医師という役柄には難色を示し、1993年に織田裕二がワル医者ぶりを演じた『振り返れば奴がいる』(フジテレビ系)を参考にしたいと話しているという。

「その話が事実なら、これまでの『キレイごとばかり言うキャラ』を脱したいということかもしれないですね。やたらと優等生ぶっているところが、嫌われている感じもありますから。

ただ、腹黒い役をやっても、それはそれでSMAP解散騒動に重ねて見られそう。このように企画が揺れ動くと、ますます共演者には嫌われますからね。最悪、無名の新人女優を起用なんてこともあり得るという話です」(同)

[via:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161004/Cyzo_201610_1tbs.html]

ネットの反応

・以下「チョマテヨ」禁止
・絶賛 公開処刑中w
・能年でいいじゃん
・ベッキーなら断らないぞ 今年のお騒がせ2トップで初回だけは視聴率とれるだろ
・若いのに行くと福山の二の舞いだから30↑で選別しろよw
・だからゴーリキさんなら大喜びで引き受けてくれるって
・沢尻エリカになると思う
・もはやバイ菌扱いw
・さすがに酷い記事だなあ 早めに他局決まってる吉高とか2期連続の土屋とかあるわけないのに
・医療モノだし初めは綾瀬でJINの二番煎じ狙ったけど断られてドンドンランク落としていった感じ
・広瀬土屋西内はさすがに娘の年齢だよね。
・ベッキー一択!
・坂口杏里
・ほのかりんがいるじゃん スケジュールは空いてるはず
・なんで40のおっさんの相手役がアラサーとか20代なんだよw
・ジュニアから男の娘で出せば?
・コケた時の責任負わされるの確定なのに他事務所が商材差し出す訳無い
・1月オンエアってことは、SMAP解散直後。凄いデリケートで世間がどんな状態になっているか分からない時期。 そこでキムタクと一緒に番宣でニコニコ笑ってたら、巻き込まれてなにを言われるか分からない。
・もう高畑敦子かベッキーしかいない…
・AKB系ならみんな喜んで食いつくだろ

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2016/10/11 22:09

    キムタクも演技にカッコつけ要素を完全に捨てた、カイジの藤原竜也みたいな演技を習得すれば、使えそうなんだけど…
    まー素人意見だけど

  2. 2
    名無しさん 2016/10/10 12:22

    メリーでいいじゃん。
    年の差ドラマは女優が若くて、
    ババアの反感をかうが、メリー
    なら同じババアで問題なしw

  3. 1
    名無しさん 2016/10/08 16:02

    女優がNGよりは事務所側がNGにしたいって話じゃないか。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事