TALENT

タモリが最も信頼したテレビマン逝去 親友との叶わぬ約束

タモリカップで金井尚史氏と

2月13日、東京・目黒区の碑文谷会館の葬儀会場には、悲しみに暮れるタモリ(71)の姿があった。

トレードマークであるサングラスの奥に光るものをたたえながら、じっと無言で祭壇の前に立ち尽くす。その視線の先には、「タモリカップ」のロゴ入りの帽子をかぶった男性の笑顔の遺影が。

金井尚史さん(享年56)。数多の人気番組に出演してきたタモリがもっとも信頼を寄せていたテレビマンが、この金井さんだった。

「タモリさんとは90年代にラジオ番組『タモリの週刊ダイナマイク』で仕事をしたのが親しくなったきっかけだったと聞いています」(芸能関係者)

タモリと金井さんは、瞬く間に意気投合。2人の親密ぶりを、ニッポン放送関係者が明かす。

「金井さんは、相手の懐に入るのが早くてうまい。タモリさんと番組を始めたときもそう。タモリさんがヨットが好きだと聞くと、あっという間に1級船舶免許を取って周囲を驚かせた。

以降、公私に渡って親しい付き合いを続けていました。毎年お正月はタモリさん宅で過ごしていましたし、『笑っていいとも!』が終わった直後のタモリ夫妻のヨーロッパ旅行にも、彼は同行していました」

タモリの夢の実現に一役買ったのも、金井さんだった。前出の芸能関係者は語る。

「タモリさんは昔から『ヨットレース=お金持ちのスポーツというイメージをなんとか払拭したい』と話してました。参加費を下げて、誰でも気軽に楽しめる、そんなヨットレースをやりたいというのがタモリさんの夢でした。

ですが、いくら著名なタモリさんでも、ヨットレースを主催するのは難しいだろう、というのが大方の関係者の意見でした」

これまで、いくつもの難しい番組企画を成立させてきた金井さんは、その高い交渉能力、プロデューサーとしての手腕を、タモリのためにいかんなく発揮した。参加費を抑えるために、たくさんの企業に協賛を求めて回った。

「そうして09年、『日本一楽しいヨットレース』を謳い文句にスタートしたのが『タモリカップ』です。大会プロデューサーとして毎年開催を続けながら規模を拡大させて、昨年には237艇が参加する日本一のヨットレースにしたんです」(ヨット関係者)

タモリカップをここまで大きく育ててきた2人。その絆はいつしか揺るぎないものとなっていた。

しかしタモリにとってかけがえのない存在である金井さんに、病魔が襲い掛かる。15年5月、検診を受けた金井さんの体にがんが発見されたのだ。金井さんの友人が語る。

「肝臓がんでした。精密検査の結果から、医師は『余命3年』と告げたそうです。金井は人一倍明るい性格なので『まいったよ~』と笑顔で僕らには話してましたけど……」

医師からの余命宣告に、本人以上にショックを受けたのがタモリだった。

「彼の病状を聞いたタモリさんは、ひどく驚いていたようです。そして金井に向かって突然、『おれ、引退するから。ヨットで世界一周しよう』と言ったんです」(金井さんの友人)

複数のレギュラー番組を抱え、芸能界で不動の地位を築いたタモリ。だが、それらすべてを投げ捨ててまで、タモリは金井さんに生きるための希望を与えたかったのだ。しかし、金井さんの病状は予想以上に早く悪化していった。

1月末、家族以外面会謝絶だったがタモリだけは面会を認められた。やがて金井さんは意識を失う。

ベッドサイドから見守っていたタモリはこんな提案を。タモリはジャズ好きなことで有名だが、金井さんもサックスが趣味だった。好きな音楽を聞いたらもしかして――。

「音は聞こえているかもしれない。耳元で音楽を流してあげたらいいんじゃないかな」

しかし今月9日、午前2時4分。タモリの願いもかなわず、金井さんはついに帰らぬ人となった。冒頭で紹介した葬儀会場でのこと。身じろぎもせずに金井さんの遺影を見つめ続けたタモリは、出棺直前、真っ先に棺に歩み寄った。

「タモリさんがとくに弔辞を述べることはありませんでした。でもこのとき、棺の中には2人が育てたタモリカップのパンフレットも収められていました。そのパンフレットに目を落としながら、タモリさんは故人の顔の横にそっと花を置いたんです」(前出・芸能関係者)

[via:http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/27785]

金井尚史 プロフィール
(かない しょうじ)
1960 – 2017
フジテレビジョン
編成制作局 番組プロデューサー

出身は親会社のラジオ局「ニッポン放送」。
番組制作ディレクターとして長きにわたり活躍、暖かい人柄と誰からも好かれる人間性で、交友関係も幅広い。
「痛快TVスカッとジャパン」など数々の番組を担当しながら、「OUTSIDER」という格闘技の影のプロデューサーでもある。

タモリの夢 ヨットで世界一周

タモリは正月休みに夫婦で海外旅行へと出かけ、のんびりと過ごしたという。「これは近い将来のヨット世界一周旅行の下見も兼ねていたのでは」と別の芸能関係者が語る。

「タモリさんの最後の夢が、自分のヨットでの世界一周なんです。最近、持っていた中型のヨットを人に譲ることを決めたようです。

本気で世界一周をするためには大型のメガヨットに買い換える必要がありますから、いよいよ夢を実現させる計画が具体化しているのでしょう。

今回のアジアの旅行には寄港地選定の目的があったといいますから、世界一周で最初に訪れる場所は、お気に入りの台湾になるかもしれません」

タモリがヨットを保有するきっかけは、今から約40年前。故・森繁久彌さんとドラマ『三男三女婿一匹』(TBS系)で共演したときのことだ。彼はあるラジオ番組でこう語っている。

「君はパンツ1枚でイグアナのモノマネをするのを芸にしているようだが、仕事だから何をやってもいい。でもね、趣味だけは高尚なものを持たなければいけませんよ」

森繁にそう指摘されるとタモリは「僕は正直に言いますけど、船を持つことが夢なんです」と応じた。森繁はそれに「ヨットいいじゃない。それはいい趣味だよ」と賛同したという。

その後、自分の船を持つだけでは気が済まなくなり、8年前から毎年夏に日本一楽しいヨットレースを標榜する『タモリカップ』を主宰するまでに。

昨年には全国から400艇以上が参加する、日本最大のヨットレースにまで成長した。レース関係者が語る。

「本気でヨットで世界一周を考えているなら、25メートル(82フィート)級でないとキツイでしょう。それでも波の高い外洋に出れば、コップの水がこぼれるくらいの揺れを感じると思いますよ。持っていた15メートル級では、外洋に出ることすらおぼつきません」

気になる世界一周のコースだが、タモリにはどうしてもはずせない場所があるという。

「タモリさんは前々から奥さんにエーゲ海の夕日を見せてあげたいと語っていたんです。台湾、エーゲ海、そして雑誌で行くのが夢だと書いていたカリブ海もはずせません。

3歳年上の奥さんが同行する夢の世界一周は、タモリさんにとって忘れられないものになるでしょう。それこそ、森繁さんに夢を語った日から40年来の悲願達成というわけです」(前出・芸能関係者)

多くのレギュラー番組を抱えるタモリにとって、夢を実現するのはスケジュール的に厳しいはずだが――。

「世界一周とはいえ3年間、ずっと海にいる必要はありません。目的の港までたどり着いたら飛行機で一度日本に帰ってくるようなスケジュールも可能です」(前出・レース関係者)

[via:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170219/RbbToday_149413.html]

ネットの反応

・タモさん優しいなあ
・せつないな 一気に老け込まないでくれよタモリさん
・男気に泣けた・・・(ノ_・。)
>タモリの週刊ダイナマイク
・面白かったなあ……
・この人の真骨頂はやはりラジオだと思う
・つい最近友達なんかいらないとか言ってたのにな
 >次々に友達が逝ってしまう歳だからじゃないかな?
 >金井さんのガン発覚以降からなんじゃないか
 >こんなに悲しくなるくらいなら深く付き合わないほうがマシっていう
・ここまで尽くすってか懐に入るのはすげえな
・56歳か・・・若すぎる無念だったろうな
・嵐がライブするってんでタモリカップ中止になってたな
・タモさんの世界一周クルーズの様子を番組で放送してくれよ
・子どもの頃タモリも嫌いで嫌いでしょーがなかったがまさか、こんなに愛されキャラになるなんて
・タモリさんが悲しむ姿を想像するだけで、泣けてくる
・先に逝かれる悲しみや寂しさは、この年代にならないと解らないかもしれないね。。。
・この記事の内容が事実なら、いいともを終わらせたのは、苦労を掛けた妻と親友の金井氏の労をねぎらうためだったんだね(´;ω;`)
・サングラスの奥に色んな顔があるんだなぁ…。

【関連リンク】

タモリの週刊ダイナマイク – YouTube

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事