TALENT

HEADLINE

今、最も脂が乗っている俳優 菅田将暉の父親は関西の有名人w歌手デビューの反応は…

今やテレビで見ない日がないほど人気沸騰中の菅田将暉(24)だが、周りが気を揉むのは、やたらと出たがりの父親の存在である。

去年だけで出演した映画は9本、ドラマも「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」など主人公を食ってしまいそうな演技が注目され、CMに出れば「鬼ちゃん」の役(au三太郎シリーズ)がこれまた話題である。

「近年まれに見る才能の持ち主だと思います」

と語るのはコラムニストの中森明夫氏だ。

父親が出たがり?

「菅田君は演じられる役柄がとても幅広いのです。陰のある難しい役から、チャラチャラした現代的なアンチャン役にいたるまで、どれも見事に演じられる。

また、いい男ではありますが “いかにも”な二枚目ではない。映画監督が使いたくなるのがよく分かります」

16歳の時に「仮面ライダーW」の主役になったことが芸能界でのスタートだが、実をいえばそれまでは父親の方が「有名人」だった。

テレビ局の関係者が言う。

「菅田の父親は菅生新(すごうあらた)といって関西ではテレビやラジオのパーソナリティとして知られています。もともとは製薬会社の営業マンだったのですが、30歳を過ぎて経営コンサルタントに転身、前後して関西のローカル局で『菅生新のサクセスファイター』などの番組を持っていました」

息子が有名になってくると、マスコミへの露出は控えるようになったが、それでも自己啓発セミナーの講演などで全国を飛び回る毎日。そこで、東京でのセミナーを終えて壇上から降りてきた菅生氏を直撃すると、

「いやあ、“お父さん出たらアカンよ!”て事務所から言われてるからねぇ」

そう言いながらマシンガンのように喋る喋る。

人間観察しろ

「僕は自分の冠番組を持っているので、息子がデビューしたらすぐバレるでしょ。だから『仮面ライダーW』が決まった時、菅田将暉に名前が変わったんだよね。出来れば本名で出てほしかったなあ」

それにしても、菅田の幅広い演技力はどうやって培われたのだろうか。

「たとえばね、息子が中学校の夏休みなんかの時に、セミナーの受付をさせていたんです。小さい頃から会社の社長と話をして人間観察しろよ、とね。世の中を動かしている人を観察しなさいという教育です。

有名なところでは、HISの澤田秀雄社長なんかにも会わせている。直接の俳優修業ではありませんが、自分という人間を“経営”しろ、そして自分という株を上げろとは言うてました」(同)

父の影響もあってか、菅田は〈天は自ら助くる者を助く〉で知られるサミュエル・スマイルズの『自助論』をカバンにしのばせていたことも。そんな菅生氏の願いはというと、

「私は歌が大好きでね。息子には、“吉田拓郎に会わせてくれたら、お父さん死んでもいい”って言うてるんです」

菅田が“おバカ”なキャラクターもこなせるのは、この「出たがり」が遺伝したのかも。

[via:「週刊新潮」2017年3月9日号 掲載]
http://news.livedoor.com/article/detail/12793903/


菅生新氏は元役者で大学生時代に時代劇ドラマに出演したことも

ソロ歌手デビューは
役者の深みがなくなる!?

菅田はソロ歌手デビューについて、さぞかしファンも彼の音楽活動を喜んでいるかと思いきや、ソロ歌手デビューについては否定的な意見もかなり目立っている。

「菅田は1月公開の映画『キセキ-あの日のソビト-』から誕生した音楽ユニット『グリーンボーイズ』のメンバーとしても活動。

同ユニットで『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演や、GReeeeNのライブにオープニングアクトとして登場するなど、それなりに場数も踏んできています。

それだけに所属事務所が音楽活動に進出させたい気持ちもわかる。ただ、俳優としての菅田を応援している人たちからは首を傾げる人が多い。

つまり、二兎を追うもの何とやら。菅田は演技力では若手屈指といわれていますが、歌唱力は俳優としては上手いほうではあっても、ソロ歌手としてあえてデビューレベルであるかと言われると疑問です。

歌手として失敗すれば、せっかく順調な役者活動にも悪影響が出ると心配する声が多いというのが実情です」(女性誌ライター)

世間の反応もやはり“ソコじゃない感”が強く、「演技は好きだけど歌は違う」「これはやっちゃったな~」「ザ・役者を目指してほしかった」「歌手のイメージがつくと、演技に深みがなくなることは間違いない」と、残念コメントのオンパレード。

はたして、歌手・菅田将暉はどういった類の成功を望んでいるのだろうか?

[via:http://asajo.jp/excerpt/26311]

菅田将暉 プロフィール
(すだ まさき)
本名:菅生 大将
生年月日:1993年2月21日(24歳)
出生地:大阪府箕面市
身長:176 cm
血液型:A型
職業:俳優・歌手
事務所:トップコート
活動期間:2009年 –
趣味:ギターと洋服作り
特技:サッカー、アメフト

2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選。

2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出される[1][4]。このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決定した。

2009年9月より、平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』に、桐山漣とW主演

2016年、オリコンによる調査で2016年度のブレイク俳優1位を獲得した。

auのCMソングでもあるシングル「見たこともない景色」を6月7日に発売(3月22日から先行配信)することが決まり、ソロでのメジャーデビューとなる。

父親は、学生時代に俳優として芸能界を経験した後、会社勤務を経てタレントや経営コンサルタントとして活動している菅生新。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/菅田将暉]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事