TALENT

HEADLINE

独立組3人に贈った手切れの餞別!?中居正広の下げ記事多発に「マスコミが対立を煽りすぎ」の声

「3人がフリーになった日、中居さんが“餞別”として高級バッグなどを贈った、という報道がなされました。

一部では彼ならではの気遣いと美談扱いされましたが、いまさら30年間を過ごした家族同然の元メンバーに、なぜ贈る必要があったのか。いささか不自然な点もある。彼の性格からして“本当は手切れの品では”ともささやかれていますよ」(芸能レポーター)

9月8日をもってジャニーズ事務所を退社し、新しいスタートを切った稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。ウワサされていたI元マネージャーと合流せずに、彼らはとある弁護士事務所を通して仕事を受けるフリーの立場を選んだ。

「とはいえ、その弁護士はかつてIさんの代理人を務めていて、大手芸能事務所とも関わりが深いと言います。紹介したのも彼女だとも。

代理人契約は“新事務所が決まるまで”としていることから、後にIさんと3人が合流することは必然と見られています」(スポーツ紙記者)

そんな門出を祝ってか、中居のマネージャーが9月9日に“餞別”を手に3人を訪ねて回ったというわけだ。

スクープしたのは翌10日付の『日刊スポーツ』だった。

「ラジオ収録をしていた草なぎと香取、そして自宅にいた稲垣に高級バッグを届けた、という内容でした。

その後の『週刊文春』や『女性セブン』が、高級バッグはルイ・ヴィトンで加えてグッチの服も渡していたことなど、詳細を伝えています。

つまりは中居サイド、もしくはジャニーズが雑誌で出されるよりも先に友好関係にある新聞に“リーク”したのかもしれません」(前出・芸能レポーター)

ちなみに中居のマネージャーが稲垣宅を訪れたとき、中居自身も車内にいた可能性も指摘されていたのだが、

「実際には中居さんはその場に来ておらず、自宅に人を入れたくない稲垣さんがわざわざ外に出向いてマネージャーから品物を受け取ったようです。

それでも前日の8日深夜には中居さんから連絡を受けていたみたいですね。受け渡しの約束と、あとは何が話されたのか、2人のみぞ知る、です」(稲垣の知人)

稲垣らが初志貫徹で脱退した一方で、独立の急先鋒とされながらも翻意して残留した中居。

『週刊女性』も6月に「中居クンの(残るか出るか)考えは本当によくわからないんだよね」と稲垣がこぼすなど、中居が進退を3人に明言しなかったことを報じた。

「それが脱退するや否やコンタクトをとってきたということです。もともと中居さんは、共演者やスタッフに感謝や激励の意を込めて贈り物をすることで知られています。

ですが、それを元メンバーにするのは他人行儀にも思えてしまうのです。それも服やバッグは旅立ちを匂わすアイテムですし、邪推すれば“お前ら、もうオレから旅立てよ”と突き放しているかのようで……」(テレビ局関係者)

これが“手切れの証”とささやかれるワケなのだろう。

ジャニーズ本体から下りてきた話ではない

また3人が退社した前後、各メディアからも不自然な報道が見受けられた。

「I元マネージャーの動向、“20年に再結集”“1年後に合流”など、中居の脱退を前提とした報道も見受けられました。

これまで、どこか足並みをそろえていた部分があったのですが、今回は一貫したものがなく情報が錯綜しているところをみると、ジャニーズ本体からは脱退組や中居に関する話が下りてきていないのが実情なのだと思います」(ワイドショースタッフ)

本来ならば、ジャニーズは中居との強固な関係をアピールしたいはず。それはレギュラー番組を多く抱える彼が、事務所に多額の利益を生み出すから、だけではない。

SMAP独立、解散騒動で“パワハラ”“ブラック企業”とも揶揄されたジャニーズ事務所。中居の残留は、さらなるイメージダウンを防ぐための至上案件とも言われている。そのため新規CMや番組のゴールデンタイムへの格上げなどあらゆる“接待”がなされた。

「今や中居さんはジャニーズ内で“お客さま”であり、アンタッチャブルな存在になっているというのです。“彼が人身御供になったことで、脱退組の活動が保証された”とも言われていますが、とんでもない。

それは逆で、合流か残留かの選択肢を持っている彼は、ジャニーズをも秤にかける存在となっているのです。彼の暗躍はジャニーズも、I元マネージャーや元メンバーも把握できていないと思いますよ」(芸能プロ幹部)

昨年の騒動で取材していたときに、かつて事務所で働いていたスタッフはこんな話を漏らしていた。

「現場についていたマネージャーの男の子も“中居クンが一番いやだ”って言っていました。よくも悪くもはっきり本音を言う木村(拓哉)とは違って、中居は“何を考えているのかわからない。本音を言わないんですよ”ってね」

一方で、中居が残留を決めたのはこんな理由が一因とも。

「中居さんの番組ひとつで成り立っている制作会社もあって、仮に脱退で番組終了になっていたら会社は倒産してしまう。彼は若手ADにも気さくに声をかけてくれる、裏方を大事にする人。

残留はジャニーズ事務所や元メンバー、そして番組に携わるスタッフと、すべてがうまく回るように熟考した決断だと思っています」(番組制作スタッフ)

白と黒、どちらが本当の中居なのだろうか。

[via:週刊女性]
http://www.jprime.jp/articles/-/10640

ネットの反応

・脱退した3人や中居の話題はよく出るけど、木村の話題は良くも悪くも出なくなったね。
・マスコミは楽しいかもしれないが、もうそっとしておいたら。
・マスコミが対立を煽りすぎ。
・退社した三人も中居もそれぞれ現在の立ち位置で最良の方法を選択しただけ。
・手切れの品だなんて発想するのは週刊誌くらいじゃない?
・中居が「優遇されている事実」など何処にも存在しない
・色々言われてしまっているけど、スマスマ最終回で歌の途中に後ろを向いて涙を拭っていたのが中居くんのSMAPへの思いなんだと思う。
・まさに週女らしい記事。しかし、3人が事務所辞めたら相対するいろんな記事が出始めたね。
・今まで全てのマスコミが同じ方向性の記事出してたけど、どれだけ統制されてたかって事だよね。
・事務所御用達媒体
・SMAP解散して三人か事務所やめたってことだけが事実。それ以上でも以下でもない
・最近、中居君の下げ記事が多いね。
 >弁護士がついてる3人に関してはあんまりな事書くとヤバイし、事務所がついてる木村もヤバイ。だから中居なんだな。
・1番ブラックなのはジャニーズであり、メリーとジュリーの腹の中なのに、何故そこは報道しないんですか?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事