TALENT

HEADLINE

斬新過ぎるカズレーザーのお散歩番組w 解き放たれたサイコパスは街ブラに打ってつけ!?

知的。クイズに強い。何より、既存の価値観にとらわれない。カズレーザーは未知の角度からブレークを果たした、“新世代”と呼ぶにふさわしい芸人である。

一方、ネット上で、カズレーザーに対し「サイコパスっぽい」という声があるのも事実。真偽についてはわからないが、彼が持つ斬新な考え方や行動が影響し、そんなウワサがささやかれているのかもしれない。

5月6日放送『ゴッドタン』(テレビ東京系)に、メイプル超合金が出演。ここでカズレーザーは、某ADから招待され臨んだオーディションで、自分たちのネタを見ようとしない番組プロデューサーに激昂。

「おまえの番組から面白い奴1人も出てねぇじゃねぇか!」と言い放ったエピソードを明かしている。

通常の若手芸人ならば、考えられない行動だ。そういう意味でも、カズレーザーは新世代。また、穿った見方をすれば「利用価値があるかどうかで人を判断する」というサイコパスの特徴に当てはまっていると言えなくもない。

件のプロデューサーを「利用価値がない」と判断したからこその行動だったか? いや、決してそういうわけではないと思うのだが。

■人の家の前で「火点けましょうか?」と発言するカズレーザー

10月3日から、カズレーザーによる新番組『張り紙パイレーツ!』(テレビ朝日系)が放送されている。番組の趣旨は、以下だ。

「世の中のいたるところに存在する“不思議な張り紙”をカズレーザーが街を歩きながら探し出し、それを書いた方に直撃取材! そこに隠された秘話、ドラマ、そして人生を紐解いていく!」(番組ホームページより)

ありそうでなかったカズレーザーによるロケ番組だが、スタジオの外へ出ると彼の独特の価値観は際立つ。まず、遠慮しない。表情を変えず、真顔のまま、それでいて冷静に、街のいたるところへズカズカ行くのだ。

10月31日放送回で、カズレーザーは台東区三ノ輪の街を探索。

住宅街で「織田信長」と書かれた表札を発見した彼は、インタホンを押さず、ノックもせず、友だちへ呼びかけるように「信長ーっ」と声を上げ、リアクションが返ってこなければ「どうします、火点けます? 信長は火に弱いから」と、過激な態度で家主からの反応を引き出そうと試みている。

そして、どうしても家主に会いたかったのか、なんと家の戸を勝手に開けてしまうカズレーザー。結果、ようやく会えた家主に表札の真相を聞くと、どうやらこれは人からのもらい物らしい。単なる洒落っ気で付けただけの表札であることが判明した。

それにしても、話してみると家主は優しそうな人だ。しかし、もし血の気の多いタイプだったならば、カズレーザーの態度次第では揉め事になりかねない。

普通の神経なら危険性を感じブレーキを掛けてしまいがちだ。でも、カズレーザーは行く。アクセル踏みっぱなしである。

■街ブラで話を広げようとしない。時には、会話を拒否する

10月24日放送回で、カズレーザーは北区赤羽の住宅地を探索。

この日、カズレーザーは家の前に置かれている観音様を発見する。どうやら、これは鎌倉時代から伝わる観音様らしい。家主が「古いものだから皆さんに見てもらいたい」と考え、ここに置いたそうだ。なんと、今では観音様にお賽銭を置いていく人もいるとのこと。

そのエピソードを聞いたカズレーザーは、「俺の財布あります?」とスタッフに尋ね、自身の真っ赤な財布から「まあ、あるだけ」と1万7,000円を引き抜き、なんとサラッと置いてしまっている。

さすがに家主が「それは大きすぎますよ!」と困惑するが、カズレーザーは聞かない。後ろを振り向かず、颯爽と観音様を後にした。

そう、彼の態度は一貫して淡白なのだ。そもそも、話を広げようとしない。というか、話を拒否することさえある。

例えば、「台東区三ノ輪編」にてカズレーザーは某メガネ店の店先にある張り紙に注目。「なんだろう?」と近付くも、ロケ隊の存在を察した店員が外に出てくる様子に気付き「来そうだから行きましょう」と退散しているのだ。

現在、テレビ界には“お散歩番組”が乱立しているが、カズレーザーのような態度のタレントは見たことがない。

■腰の低い芸能人ばかりのなか、新鮮なカズレーザーの態度

この類の番組がどれほどガチで街を散策しているか、視聴者には知る由もない。立ち寄る店舗や施設へ事前にアポを取っているのか? それとも、本当に行き当たりばったりでお邪魔しているのか?

ここは一つ、「全番組がガチでロケをしている」というテイで話を進めてみよう。テレビ界のルールとは無縁の一般人には、やはり危険な存在もいるはずだ。街ブラロケは、いつ、どんなトラブルが起こっても不思議ではない。

そんな事態を未然に防ぐため、芸能人は必要以上に腰を低くする。感じのいい態度を義務付けられるのが常である。さまぁ~ずも出川哲朗も、なんだかんだ有吉弘行でさえ礼儀正しく振る舞っているではないか。

そんなご時世の中で、カズレーザーの態度は非常に新鮮。これぞ、まさしく新世代。彼の遠慮のない態度は、もしかしたら街ブラと好相性だったのかもしれない。

[via:日刊サイゾー]
http://www.cyzo.com/2017/11/post_141889_entry.html

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/11/07 0:13

    斬新だけど面白くはないよなコイツ

  2. 1
    名無しさん 2017/11/06 19:42

    この記事、あまりに酷い、寧ろ悪意を感じます。カズレーザーさんは、とても丁寧に一軒一軒訪問されていますよ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事