TALENT

HEADLINE

タッキー&翼解散!滝沢は引退、翼は退所【コメント全文】ジャニー社長「本人の強い希望」

深夜に電撃発表

俳優の滝沢秀明(36)と今井翼(36)によるユニット・タッキー&翼が9月10日をもって解散したことが13日、わかった。

所属するジャニーズ事務所によると、滝沢は年内いっぱいで芸能活動を引退し、同事務所でタレント育成やプロデュース業など裏方の仕事に専念する。

病気療養で3月末から活動を休止している今井は事務所を退所し、治療に集中するとしている。以下、滝沢と今井によるコメント全文。

「タッキー&翼」アーティスト活動に関するお知らせ

 平素より大変お世話になっております。

 本日は私たち、滝沢秀明と今井翼から、今までタッキー&翼を支えてくださった多くの皆さまへ大切なご報告をさせていただきたいと思います。

 タッキー&翼の活動休止から約1年が経過しました。それぞれの時間を過ごす中、これからの2人、そして滝沢秀明、今井翼おのおのの人生について、深く考える時間を持つことができました。

 それはこれまでタッキー&翼、そして滝沢秀明、今井翼を支えて下さった皆さまのご期待に応える活動を今後も継続していくことができるのか、自分たちはこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか自問自答し、事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合い、このたび、CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼は解散という道を選ぶことにいたしました。

 タッキー&翼をこれまで愛してくださったファンの皆さま、常に叱咤激励を続けてくださった多くの関係者の皆さまのお気持ちにお応えすることができないままで、大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、ともに30代半ばを過ぎ、一人の男としてこれからの人生をそれぞれに見つめての決断とご理解いただけたら幸いです。

 私、滝沢秀明はタッキー&翼の解散をもって年内いっぱいで芸能活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決意いたしました。

これは、私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります。

 そして私、今井翼は現在も病気療養中の身です。まずは自分の身体としっかり向き合うため、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いも無くした状態で病気を克服し、心身ともに健康な状態になることに専念したいと思います。

この先のことについては、全くの白紙ですが、自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆さまにご報告できるように頑張っていきたいと思います。

 繰り返しになりますが、デビューから今日まで、私たちを支えてくださった全ての関係者の皆さま、お世話になった方々お一人お一人に今までの感謝を申し上げたい気持ちではございますが、このような形でご報告になりましたことをお許しください。

 これからはそれぞれの道を歩むことになりますが、今までお世話になった皆さまへ恩返しができますよう、それぞれ精進してまいりますので、これからも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜れますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年9月13日 
滝沢秀明 
今井翼

[via:オリコン]
https://www.oricon.co.jp/news/2119431/full/

タッキー引退は「本人の強い希望」

ジャニー喜多川コメント全文

 この度タッキー&翼が解散することになりました。約1年の活動休止期間中に彼らが考え抜き、大人として決断したことを尊重したいと思います。

 滝沢秀明は芸能界を引退してジュニアの育成や私の舞台演出を手伝ってくれると聞き、本人にはプレイングマネージャーの選択肢があることも伝えましたが、裏方に専念したいという強い希望を受けて、このようなご報告となりました。

お世話になっているお仕事関係者の皆様には突然のことで大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

 今井翼はこの数年間、体調不良で仕事が思うように出来ない中、本人が辛い思いをしていたのを間近で見ておりました。

責任感の強い彼にとって、仕事をしながら病気を治すことは難しく、何も背負うものがない状態で自分と向き合いたいと聞き、本人の希望を受け入れました。心身共に健康になった彼がまた活躍してくれる日が1日も早く来ることを心から願っています。

 ファンの皆様には突然のお知らせで本当に申し訳なく思いますが、2人それぞれが選んだ道を是非ご理解頂き、温かく見守って頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ジャニーズ事務所

代表取締役社長 ジャニー喜多川

[via:朝日新聞]
https://www.asahi.com/articles/ASL9D7GWQL9DUCVL02F.html

「嬉しくて涙がこぼれそう」

ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏があらためて事務所サイトでコメントを発表しました。

2018年9月13日 社長メッセージ

 株式会社ジャニーズ事務所は1962年の創業以来、プロデューサーである私ジャニー喜多川と経営者であるメリー喜多川そして途中から経営陣に藤島ジュリーが加わり、三人で力を合わせて芸能事務所としてタレントの育成、ジャニーズらしい舞台演出、そして所属タレントのテレビ出演等を通じ、「エンターテイメントで世界中の皆様に幸せをお届けする」ことに努めて参りました。

私の創作活動はファンの皆様の温かいご支援と無限の可能性を秘めたタレント達の才能と努力によって成立していますが、お世話になっている関係者の皆様と社員が一丸となってタレントを温かく見守り、私を支えてくれた結果でもあると全ての皆様に心より感謝いたします。

 めまぐるしく進化する芸能の世界で、ジャニーズ事務所が変わらず皆様により良いエンターテイメントをお届け出来るよう経営面では藤島ジュリーが日々精進しておりますので、私は一途にプロデユーサーとしての位置をKeepし、数多くの創作活動を続けることが出来ております。

 これまで私はタレントを生み育てた親(プロデューサー)として、タレント達はどのような場所でどの様な立場であろうと私の大切な子供達であると話して参りましたが、この気持ちに変わりはありません。

私のもとで成長しましたタレントたちは全員平等です。彼らが私の創作活動を通じて何かを得て、今後の芸能の発展に貢献してくれれば、これほど嬉しいことはありません。

あらゆる分野に活躍の場を広げているタレント達が私の後継者として皆様に夢をお届けし、彼らの活動によって喜んで頂ける方達がいらっしゃることが私にとって最大の喜びです。

 私の意思を継承してくれるタレントを絶え間無く育成する養成所を設立する事が、私にとりましては一朝一夕で叶えることが出来ない永年の夢であり、希望そして願いでした。

これまでも事務所にレッスンスタジオはございましたが、タレント達にとって必要な基礎と応用の全てに対応出来る場所を作りたいと考えて温めてきた構想がいよいよ形になります。

 今般、滝沢秀明がタレントとしての経験と知識を生かし、「ジャニーズJrたちの育成で、ジャニーさんを手伝いたい。」と言ってくれた時、私は驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした。このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝しています。

 芸能活動も時代と共に何処までという線引きも不可能な位、進歩・開発・多様化されていますので、私の頼もしい後継者達が今後も切磋琢磨して皆様が求めるエンターテイメントをお届けする為に頑張ってくれることに期待しています。

 私自身は現在も劇場やスタジオに赴く日々を過ごしております。これからも仕事を続けることでタレントと共に精進して参りますので、より一層のご支援を頂けますようよろしくお願い申し上げます。

2018年9月13日
株式会社ジャニーズ事務所
代表取締役社長ジャニー喜多川

[via:ジャニーズ公式サイト]
https://www.johnny-associates.co.jp/news/10.php

タッキー&翼 一問一答

昨年9月から活動休止していたジャニーズ事務所の人気デュオ・タッキー&翼が12日、都内で取材に応じ、滝沢秀明(36)が年内一杯で芸能界を引退することを明かした。

2019年以降はジャニー喜多川社長(86)の意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や演出など、社長の“後継者”としてプロデュースに専念する。ツバは9月10日にデビューから16年で解散した。18年にメニエール病を再発した今井翼(36)は近々の手続き終了後に退所。治療に専念しながら、将来的な芸能活動再開を目指す。

 以下、2人との一問一答。

 -解散が決まった。

 滝沢「一年前から休止させていただいた。最近、解散して今後の人生を歩んでいくことになりました」

 今井「決して仲違いが理由ではない。彼と過ごせた事は感謝。体調は置いておいて、ステージで倒れてもいいくらいの覚悟で、(ファンに)お会いできたらという思いはありました。ファンの方には申し訳ない。僕達なりの終止符になります」

 -話し合いは。

 滝沢「二人で直接は昨日(11日)が初めて。時間は長くなかったですが、気持ちが固まっていたので、今後こういう風にするという報告ですかね。(今井の退所は)驚きました。目が本気だったので考え抜いた決断を言うんだろうなと、なんとなくわかりましたね」

 -デビューから6年話もしないこともあった。

 滝沢「お互い大人になった。当時は兄弟げんかみたいで、今は腹を割ってはなせる関係にはなったのかな」

 今井「心の中では関係がけっして消えるわけではない。滝沢が選択したことを尊重し、お互い前を向けたら」

 -ジャニー社長とはどんな話を。

 滝沢「『悲しい出来事にしたらユー、負けだよ。おめでたいことにしなきゃいけないんだよ』と言われている」

 今井「自分の足で人生を歩んでいくと伝えた。『応援している』といって下さった」

 -プロデュースに専念することについて。

 滝沢「覚悟のつもりで引退した。努力をしていきたい。『タレント活動しながらでも』と言われると思いますが、ジャニーズ事務所に人生を委ねて華やかな世界を見せていただいた。生半可な気持ちで人の人生は扱えない」

 今井「滝沢が支える側に徹すると聞いて、僕からしたら、すごく納得しましたね。そういうことに長けていると思っていた。長年一緒にやってきて、プレーヤーとしてもそうですけど、ジャニーさんの思想を受け継いでいる人間と思った」

 -デュオは大変か。

 滝沢「タッキー&翼はこうしたいという気持ちがお互いどちらかにあれば、そっちによっていくグループだった。大変ではなかった」

 今井「グループ名で自分たちの名前がそれぞれ並んでいるのは過去になかったと思う。ジャニーさんが、一人一人が確立していくという思いを託してつけてくれた。タッキー&翼のありがたみを感じてやってきました」

 -後輩に言葉は。

 滝沢「ガムシャラに頑張ってもらいたい」

 今井「ジャニーズプライドをもって前進して欲しい」

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/13/0011634803.shtml

滝沢に聞く

 ――決断の決め手は?

 「ジャニーさんが全タレントに人生を捧(ささ)げてきたのを見ている。今度はジャニーさんに自分の人生を捧げたいと思った」

 ――引退の必要はないのでは?

 「これまでと逆の立場になることを考えると、生半可に人の人生を扱えないと思った」

 ――驚きの決断だが?

 「まさか僕もこういう展開になるとは」

 ――スターとは?

 「その人を見てるだけで、幸せになれる人物。そういった人と多く出会っていきたい」

 ――理想像は?

 「ジャニーさんはタレント本人の意向を一番大事にしていた。ある程度は会社あっての活動にはなるが、そこは継承していきたい」

 ――ユニットの命名も担当する?

 「ジャニーさんのネーミングセンスは普通じゃないので、そこは当分しない。数百個ストックを作ってから」

 ――ジャニー氏の口ぐせも継承?

 「YOU!は継承しないです(笑い)」

[via:スポニチ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/13/kiji/20180912s00041000373000c.html

ネットの反応

・たまげたアッー!
・あらー、タッキーが後継者ってほんとだったんだ
・NHKはこんなことで2:00に速報流すなよ
・ジュニアの育成ねえ
・このドタバタぶりをみるとジャニーさんの訃報も近そう
・マッチ東はどうすんのこれ
・マッチvs東山vs滝沢で内部抗争ってとこかな
・年とって使い道ないし早めの引退は英断だな
・まあしかし時間かけて話し合った割には事後報告なんすね
・ケンタッキーは翼への当てつけ臭かったもんな
・翼はこれからタッキーに振り回されることはないので、伸び伸びとやってほしい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事