TALENT

HEADLINE

芸能界を席巻するハーフタレント最新事情 非欧米系が台頭 フィリピン系ハーフが一番人気!?


ドタキャン女優として芸能界から姿を消したルビーモレノ。甲府市のパブでバイト中[2011年]

欧米系からアジア系へ

日本におけるハーフタレントの歴史を考えれば、E・H・エリック(1929〜2000)、岡田眞澄(1935〜2006)の兄弟を草分けと挙げられるだろう。両親のうち父親が日本人、母親がデンマーク人だった。

その後も日本の芸能界ではハーフの俳優、歌手、タレントが活躍を続けた。

父親がアメリカ人の草刈正雄(66)やアン・ルイス(62)。母親がアメリカ人の梅宮アンナ(46)、ジョン・カビラ(59)と川平慈英(56)の兄弟――。

父親がヨーロッパ系の芸能人なら、宮沢りえ(45)はオランダ人、滝川クリステル(41)はフランス人、ホラン千秋(30)はアイルランド人、となる。沢尻エリカ(32)はフランス人の母親を持つ。

このように、大半は父親か母親のどちらかが欧米人。日本人の白人コンプレックスが大きな影響を及ぼしていたことは言うまでもない。

その傾向は今も続いている。例えば、トリンドル玲奈(26)の父親はオーストリア人、マギー(26)は父親がカナダ人、という具合だ。しかし最近、“非欧米系”のハーフタレントも目立ってきている。

中でも最大の人気を誇るのはローラ(28)だろう。

キャラクターが苦手な人でも、その美貌は誰もが認めるところだ。そして彼女の容姿は、母親がロシア人のクォーターという側面より、父親がバングラデシュ人というインパクトの方が強い。

美人でキュート、なおかつトーク力が高いのが特徴

ご存知の方も多いだろうが、バングラデシュは南アジアに位置する。隣国のインドやミャンマーと並んで世界クラスの美人国として知られている。

同じ美人国とされるロシアも加わって、日本人離れした、くっきりとした目鼻立ちが、ローラの魅力だ。しかし、どこかアジア的で優しい表情なのは、バングラデシュ=日本というアジアのDNAが流れているからだろう。

そして同じ理由から、近年の芸能界はフィリピン系ハーフのモデルやタレントが芸能界を席巻している。民放キー局でバラエティ番組の制作担当者が指摘する。

「日本人なら誰でも、『フィリピン人の美人』と聞けば、ある種のイメージが浮かぶはずです。我々からするとエキゾチックだけど、お高くとまった印象は与えない。美人なのにキュート。何よりも陽性の魅力に満ち、キャラが明るいんですね」

フィリピン人ハーフの主な芸能人/スポーツ選手

年齢別に表を作って見たが、現在、その筆頭格として活躍中なのが高橋メアリージュン(30)だという。秋元才加(30)と並んで、彼女たちがフロントランナーと考えて間違いないだろう。

「高橋メアリージュンさんと秋元才加さんの魅力で特筆すべきは、そのトーク力ですね。

お二人とも魅力的ですから、モデル、女優という本業をしっかりこなしつつ、話がしっかりしていて面白いのでバラエティでもいけるんですね。

フィリピンの方のサービス精神は世界的に有名だそうで、彼女たちを見ていると、さもありなんという気になります」(同・番組制作担当者)

例えば高橋メアリージュンの出演記録を見てみると、2004年にモデルとしてデビューすると、2010年ごろまではバラエティ番組で存在感を発揮していることが分かる。

そして2015年ころから女優にも挑戦し、今も順調に演技の仕事に臨んでいる。秋元才加と並び、何でも器用にこなしてしまうタイプのようだ。

興味深いことに高橋メアリージュンを筆頭とする“高橋ファミリー”を見てみると、スポーツ界でもフィリピン人ハーフが活躍していることが分かる。

例えば高橋メアリージュンの弟、高橋祐治(25)はJリーガーなのだ。現在はサガン鳥栖に所属している

また妹の高橋ユウ(27)はモデル・女優として活躍しているが、夫はキックボクサーの卜部弘嵩(29)。その弟も同じキックボクサーの卜部功也(28)で、兄弟の母親がフィリピン人だ。

角界ではご存知の通り、高安晃(28)、舛ノ山大晴(27)、御嶽海久司(25)の3人が活躍している。

フィリピンはボクシングでマニー・パッキャオ(39)とノニト・ドネア(35)というスーパースターを輩出している。意外に格闘技の世界と相性がいいのかもしれない。

厚生労働省の人口動態調査によると2017年、国際結婚のうち夫が日本人の場合、妻の国は

【1】中国(5121人)
【2】フィリピン(3629人)
【3】韓国・朝鮮(1836人)

がベスト3となる。

妻が日本人の場合は

【1】韓国・朝鮮(1690人)
【2】アメリカ(1072人)
【3】中国(821人)

【6】フィリピン(216人)

と、夫でも妻でも、結婚相手として共にベスト10に入っている。

日本人とフィリピン人の国際結婚が相対的に多いことを考えると、今後も様々なタレントが活躍するに違いない。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10300700/

フィリピン系の有名人ランキング

美男美女が多い実はフィリピン系のハーフ・クォーターの美形有名人のランキング。

1位 中島健人(Sexy Zone)
2位 秋元才加
3位 高橋メアリージュン
4位 白濱亜嵐 GENERATIONS、EXILE
5位 ラブリ
6位 池田エライザ
7位 ざわちん
8位 中島愛 声優
9位 高橋ユウ
10位 渡部絵美 プロスケーター

[via:gooランキング]
https://ranking.goo.ne.jp/column/article/3869/


池田エライザ

ネットの反応

・芸能界フィリピンハーフ多いよなあ
・多いだけでみんな不人気なのも特徴的
・池田エライザが一番
・メアリージュンは体つきがエロいのがいいわ
・メアリージュンは鈴木紗理奈にそっくりだなw
・ウシジマくんのは好きだけど他で出てこられてもピンとこない
 >ウシジマよかったのにバラエティやめてほしい
・広瀬アリスとすずしゃないの?
 >バカはソースなしで見た目で国籍透視する
 >純日本人なのにフィリピン連呼されて迷惑しているらしいよ
・もこみちとかSexy Zoneの中島健人ってなんで公表しないの?
・前田敦子は初めて見たときフィリピンハーフだと思った。
・Rio
・草刈正雄ってやっぱ外人の血が入ってたのか
・滝川の父は仏に帰化したアルジェリア人だろ
・みんな複雑な家庭事情がありそう
・母親日本人のハーフは高学歴大卒女子アナばかり 母親外人のハーフは高卒ばかり
・エライザ以外ピーナ感強すぎてあんまり可愛いと思えん
・ピーナの女は厚かましくて態度がデカイから嫌い
・フィリピーナなんて出稼ぎ売春婦の代名詞じゃん
・母親がバブル時代に来日したパターンじゃねーの
・田舎町ではピーナ母さんは中韓母さんより多いかもしれない
・日本人のおっさんがフィリピンパブの出稼ぎ女とくっついて出来たのが殆どだろ
・父親はろくでもないのばかりだから一発逆転を狙って芸能界に入るんだろ
・平成のジャパゆきさん
・ビジュアル的にはかなりいいじゃないの
 ただどうしてもバックボーンは後ろめたい事情もあるだろけど
・持ち上げ記事のつもりが嫌がらせ記事になっているな

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2018/11/01 7:58

    それより国際結婚の相手国データが興味深い。
    日本の男は中国人妻が良くて、逆に日本の女は韓国人男が良いんだな。これには驚いた。結局日本の女は男っぽい韓国男が好みで、日本の男は女っぽい中国女が好みってわけだ。最近の貧相貧弱な日本の草食ヲタの大増殖と、男っぽい男の絶滅にに呆れた日本の女共が、未だ男っぽさを失わない韓国男に走るのが多いのもうなづけるな。w

  2. 2
    名無しさん 2018/11/01 1:49

    正確にはフィリピンが多いからだと思う
    アメリカの白人のハーフより
    出稼ぎに来たピリピンが多いから!

    日本人の本音
    日本人にアメリカのハーフと
    フィリピンのハーフどちらが希望かと?

    ハーフには違いがないがフィリピンのハーフ嫌だな。アメリカ人のハーフはイメージも良いけれど
    フィリピンのハーフはイメージ悪い?

    お前の親、日本に何しに来て感じがある
    子供も教養ないしw

  3. 1
    名無しさん 2018/10/30 19:19

    Rioは日本(父)とポルトガル(母)

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事