TALENT

HEADLINE

水道橋博士に何が!?玉袋筋太郎が意味深ツイートで憶測広がる。入院!?コンビ解消!?政治家転身!?

タレントの玉袋筋太郎が8日、ツイッターを更新。

「あいぼうがああなってしまった。こうなった以上自力でやりしかねぇよ!帰ってこいよ~!」(原文ママ)

と意味深コメントをつぶやき、ファンを心配させている。

玉袋は7日のツイッターでも、師匠のビートたけしに

「死ぬ気で本当に死ぬ気でお話した。がんばれよ!という一言頂き涙!玉袋筋太郎頑張ります!」との言葉とともに、たけしとの2ショット写真をアップ。何らかの決意をたけしに告げたことを匂わせた。

また、7日に更新された玉袋のものと思われるインスタグラムには、ツイッターと同じたけしとの2ショットがアップされ、「さらばオフィス北野」の言葉がつづられている。

そして8日、「あいぼうがああなってしまった。こうなった以上自力でやりしかねぇよ!帰ってこいよ~!」と更に意味深ツイート。


※現在はツイート削除

「あいぼう」といえば、浅草キッドでコンビを組む水道橋博士が思い浮かぶが、水道橋博士は10月30日を最後に、自身の言葉でのツイートは一切行っていない。

ファンからは「心配です」「意味深過ぎていろいろ想像してしまいます」「博士になにかあったのでしょうか」「えっどういうことだろう」など、心配の声が上がっていた。

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/09/0011804367.shtml

ネットの反応

・政治家転身だったら笑う
 >それなら、話の辻褄合うな
 >いや俺普通にコレだと思った
・最近、コンビで何かやってたの?玉ちゃん1人で充分だろ
・水道橋白紙
・インスタのコメントによると玉袋さんはオフィス北野を離れるらしい。
・水道橋はすっかりパヨってるからなあ
・小銭稼ぎのポジションを橋下に取られてしまいました
・来年の参議院だろ。
・廃人で入院?
・博士はMXの「バラいろダンディ」金曜日のレギュラーだけど今日は休みみたいだな
・酔ってツイートして翌朝慌てて削除・・・なんかあるな
・なんだよ政界進出するの?山本太郎みたいな存在になりそうだな
・政治家転身はいいけどアタマが良くないのに大丈夫なのかディベートも弱いし
・20年に岡山知事選あるけどこれ出るのかな?
・選挙に出るのを「ああなってしまった」って表現する?
 >選挙に出るってのとニュアンスが違うな
・右翼団体に入ったとか、精神逝っちゃったとか やばい系の言い方だよな
・相方が政治家に目指すとして殆どピン状態なのにたけしに死ぬ気で相談とかする必要あるのかね
・たけしの許しをもらってコンビ解消だろうな
・正式に解散するとかじゃね
・政治家になろうとしてるなら帰ってこいよなんてまだ言わないと思うけどね
・玉袋は浅草キッドとして何かしらのナシを付けたんだろうかね…
・「面白いことを言ってやろう」「笑いをとってやろう」と未だにガツガツしてる玉袋に対して、博士の方が完全に文化人ポジションに収まっちゃったもんなあ。もうタモリ倶楽部にも博士だけ出ないし。
・オフィス北野騒動のときも歩調合せてなかったもんな
・ただ単にこじれて水道橋側がコンビ解消したがってるのだけかもしれんよ
・相方より自分の肝臓を心配しろよ

水道橋博士が体調不良で休養へ[追記]

漫才コンビ、浅草キッドの水道橋博士(56)が、体調不良で休養することが9日、分かった。

この日は金曜レギュラーを務めるMXテレビ「バラいろダンディ オトナの夜のワイドショー!」に出演予定だったが、休演する。来週以降の出演は未定という。

所属事務所によると「過労、蓄積疲労で、落ち着くまで仕事を休ませていただく。倒れたとかそういうことではない」としている。

相方の玉袋筋太郎(51)が6日にツイッターに「相棒がああなってしまった。こうなった以上 自力でやりしかねぇよ! 帰ってこいよ~!」(原文ママ)と投稿していた。9日になってこの投稿は削除された。

頻繁に更新されていた水道橋博士のツイッターも数日間更新されておらず、心配する声が上がっていた。

[via:日刊スポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/15570761/

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2018/11/10 5:41

    とよまたた

  2. 2
    名無しさん 2018/11/09 22:46

    第2の田原総一朗
    容姿もイデオロギーもソックリに見える。

  3. 1
    名無しさん 2018/11/09 18:19

    水道橋はバリバリパヨク 中二病こじらせてる水道橋
    立憲民主から立候補なら 過去の前科歴を広めるしかない

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事