TALENT

HEADLINE

文春がのん(能年玲奈)自身がネタ元だったと明かす レプロからの名誉棄損裁判660万円の賠償命令で

シャボン玉が舞うなか、歌い踊る自分の姿に、輝いていたあの頃を重ねていたのかもしれない。

5月中旬、埼玉県内でおこなわれたのは、2020年公開予定の映画『星屑の町』の撮影だ。ヒロインを務める女優・のん(25)にとって、約5年ぶりの映画出演となる。

ラサール石井(63)らベテラン陣をバックに従えて演じるのは、歌手デビューを夢見る田舎娘役。カメラが止まっても、熱心に振付を確認する姿は、朝ドラで主演を務めて日本の朝を照らした、6年前を思い起こさせる。

共演するオジサンたちと談笑しながら、平穏に撮影に臨むのんだが、この笑顔の陰で、先月、彼女が渦中にある裁判の判決が下されていた。

発端は、『週刊文春』が2015年4月に掲載した記事だ。のん(当時、能年玲奈)が表舞台から姿を消した理由は、のんが当時所属していた芸能事務所・レプロエンタテインメントの待遇にあると報じた。

記事では、2013年以降、のんが置かれていた状況を、「『あまちゃん』時代の月給は5万円」「お金がなく、パンツも買えなかった」「現場マネージャーが次々に替わった」などと詳報。

証言者は明らかにされていないが、当事者に「ごく近い人物」を取材したと思われる具体的な内容だった。

記事に対し、レプロおよび同社社長は「事実に反する」として、2015年6月、発行元の文藝春秋と、当時の同誌編集長を名誉棄損で提訴。その判決が、2019年4月19日に下されたのである。

判決で、東京地裁は文春側に合計660万円の損害賠償の支払いを命じたが、文春側は即日控訴した。

本名の「能年玲奈」で活動していた若手女優は、2013年、ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、一躍脚光を浴びた。人気女優の仲間入りを果たしたかに思われたが、2015年初めごろから、開店休業状態に。

のんとレプロの確執は、さまざまなトラブルに発展し、現在も和解はしていない。

一般的に、記事が「事実無根」であるかを争って、裁判に発展することはままある。だが今回の裁判には、異例の事実があった。

以下は4月19日、判決、また即日控訴を受けて、『週刊文春」編集部がホームページ上に公開した弁。

《本件記事は、能年玲奈さんご自身の告発に基づき、掲載されたものであることを、裁判の場で明らかにしています》

なんと、記事の「ネタ元」の一人は、のん本人だったのだ。

「本人の了承なしに、『文春』が情報源を開示したとは考えにくい。『告発したい』という、のん自身の強い気持ちの表われではないか。これほどの有名人が、匿名で週刊誌に告発し、後からそれが明るみに出るのは前代未聞だ」(芸能プロ関係者)

名前を明かした理由について、文藝春秋法務・広報部は「取材及び裁判の過程については、お答えしておりません」と回答。のんの現在の所属事務所からは、期日までに回答はなかった。

のんが心から笑顔を見せる日は、まだ来ない。

[via:Smart FLASH]
http://news.livedoor.com/article/detail/16490789/


19日の判決で、東京地方裁判所の中園浩一郎裁判長は「事務所が合理的な理由もなく、仕事を入れないようにしていたという内容や、月給5万円で下着も買えないような厳しい経済状況だったとする内容は真実性がない」と指摘。

また、「週刊文春が能年さん側から得た情報は、あくまで対立する当事者の一方の言い分にすぎず、内容が真実と信じる理由があったとは認められない」として、出版社側に660万円の賠償を命じた。

のん(能年玲奈)裁判判決
文春コメント全文

本件記事は、能年玲奈さんご自身の告発に基づき、掲載されたものであることを、裁判の場で明らかにしています。

当時21歳だった彼女は、所属事務所レプロエンタテインメントおよび本間憲社長との関係が悪化し、仕事を入れてもらえず、メディアから姿を消しました。

記事で掲載した『私は仕事がしたいです』との言葉は、21歳の女優の切実な叫びに他なりません。

近年、芸能事務所とタレントの“奴隷契約”、スポーツ界におけるパワハラが大きな社会問題となりました。世界的にも、#MeTooの合言葉が支持を得ています。

これらはいずれも、勇気ある告発に社会が寄り添い、権力者の不正や因習にとらわれた社会を変えていこうというムーブメントです。

2015年5月に発表した本件記事などをきっかけに、芸能人と所属事務所の独立トラブルは、大きな社会的関心事となり、公正取引委員会が調査を開始したと報じられています。

本日の東京地裁判決は、芸能界の健全化の流れに逆行するものであり、今後の勇気ある告発をためらわせる契機になりかねません。到底承服できるものではなく、即日控訴しました。

[via:文春オンライン]
http://news.livedoor.com/article/detail/16342450/


©文藝春秋

ネットの反応

・のんフィクション
・取材源の秘匿って報道メディアにとっては憲法レベルの原則じゃなかったっけ?
 >そんなもんは都合次第だろ
 >情報源を隠して記事を出したクセに裁判に負けそうになった途端能年玲奈本人からの告発とか言い出して情報源暴露の禁じ手を正当化してるw
・そりゃ本人だろ 何を今更
・本人?どうせ本人の後ろの誰かの意思でしょ
・本名を名のって仕事をすると圧力がかかるなんて契約問題以前に人権問題
・人の本名を商標登録して使用できないようにするとか まるで中国だな
・復帰待望って映画にヒロインで出るんだろ?活躍してんじゃん
・女の愚痴を丸々信じて訴訟→大敗 文春は面白いのうw
・演技力あるわけでもないし一番大事な時期に干されただの一発屋で終わったな
・文春も能年応援隊になってたのに あろうことかライバルのフライデーにネタ売るようになったからブチ切れたんだろ
・ラサール石井とかキナ臭い名前出すのは悪意を感じるなw
・週刊誌なんて味方にするもんじゃないな
・まあ自業自得だよね 調子に乗りすぎて戦略を誤った
・そもそもネタ元がノンなら敗訴前の裁判時にいっとけばいいわけでなぜ確定してからなんだ?
・のんちゃん、えらく叩かれてるな(´・ω・)カワイソス
・レプロが薄給で働かせてたのは事実だろう
・事情はどうあれ本名を名乗れないってのはおかしいと思う
 >名乗れない、んじゃなくて、名乗らない、だけ 理由は能年本人に聞けよw
・当時、レプロの社長のツイートとかバックの話とか聞いてると怪しさと胡散臭さの塊だったが 一方の生ゴミ先生と呼ばれてた女性やその夫の行動も相当に胡散臭さくていまいち手放しで応援できない理由の一つだったことは確か
・のんには山口真帆のような週刊誌のバッシングを跳ね返す強力なネット民いないんか
 >この場合レプロが山口で、のんが運営側だからなあw

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2019/05/31 1:48

    本人に届くわけでもねーのになんでいちいち説教クサい物言いしてんだ(笑)それがセーロンでも本人に届かないなら言ってるジブンが気持ちイイだけだろーが。

  2. 2
    名無しさん 2019/05/22 14:32

    おっしゃるとーり

  3. 1
    名無しさん 2019/05/22 1:33

    まだまだ若輩者の立場で一般的な収入を得られると思ってるのか?
    何でも世の中全体が公平公正だと勘違いする左翼脳。
    経歴や経験という概念を無視して最初から好待遇を得られると思ってしまうのが間違い。
    段階を踏んでキャリアを積んでいけば今頃は大女優としてCMや映画やドラマに起用されて高収入だったはず。
    ポッと出の、ハタチそこそこでスターと肩を並べられる程の好待遇を得られると思うのが間違い。
    しかもNHKなんて新人への出演料が安い事で有名なのに。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事