TALENT

HEADLINE

高島礼子 父を自宅介護苦悩の日々

姐御肌でカラッとした性格とのイメージがある高島礼子(47)だが、実は人知れず苦悩の日々を送っていた。

高島礼子

パーキンソン病に侵された86才の父を、この8年間さまざまな思いのなかで介護してきたのだ。その苦しい胸の内を赤裸々に告白してくれた。

そもそもパーキンソン病とは、中脳の黒質でドーパミンが作れなくなるという原因不明の病気で、難病にも指定されている。にわファミリークリニック・丹羽潔院長がこう説明する。

「症状はいろいろありますが、手足が硬くなったり、震えたり、動きが非常に緩慢になります」

高島がこう語る。

「パーキンソン病の治療は投薬治療が基本なんですけど、薬の量は、両手のひらに山盛り一杯でした。要するに、幻影を見たら、幻影を止める薬、便秘になったら、お通じをよくする薬、眠れないなら睡眠薬と、日に日に薬が増えていったんです」

高島の懸命な介護も虚しく、父親の病状は一向に回復へは向かわなかった。そのため高島は救いの手を求めて、自分たちでパーキンソン病に強い病院を探しては、何度か転院を繰り返した。

「大きな病院から小さな病院に移るときは、結構嫌な思いをしましたね。”うちじゃ、面倒を見られないってことですか!?”っていわれてしまうんですよ。こっちも”えっ!?”ってなるんですけど、病院を移るときには、いままでのカルテを次の病院に送ってもらったりしなければならないから、気まずい思いをして告げなければならない。外国ではセカンドオピニオンなんて当たり前なのに、日本では、まだいい出しづらい環境なんです」(高島)

そんな嫌な思いをしたものの、高島の思いが実り、父親に合う投薬をしてくれる病院が見つかった。幻聴や幻覚などがなくなり、父親の症状は少しずつだが快方へと向かったという。

高島礼子 高知東生

当時、高島は、父親が退院したら、夫・高知東生(47)と暮らす都内の自宅に父を呼び寄せ、一緒に暮らしながら介護しようと考えていた。そのため、2004年末に完成した豪邸に父の部屋を作り、エレベーターや手すりなどを取り付け、バリアフリーにした。

「病院は入院期間が決まっているので、退院後は自宅か施設で介護するしかないんです。でも、施設で介護するほどではないし…。そうなると家ということになりますから、それなら私たちの自宅でと考えました」(高島)

とはいえ、義父との同居に夫の高知は反対しなかったのだろうか。

「自宅で介護したい」と相談したら、「そうしたほうがいいじゃん」って、旦那は賛成してくれましたね。しかも、普段から車に乗せたりとか、ベッドに寝かせたりだとか、体力的に大変なところは積極的に助けてくれましたから。

[postseven]
http://www.news-postseven.com/archives/20120206_85084.html

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 36
    名無しさん 2012/02/12 15:26

    30え?たかち不倫してんの?礼子さん可哀相

  2. 35
    名無しさん 2012/02/09 16:51

    キーチVSの1巻読んでたら75歳くらいで尊厳死したくなった

  3. 34
    名無しさん 2012/02/09 14:41

    それって介護が終わって 一段落したからそう思えるんだよ 29・32は介護中は必死でそういう平常心では要られないって言いたいんじゃないの?

  4. 33
    名無しさん 2012/02/09 14:14

    心配するな29や32みたいな考えは親の介護に苦労してる間だけだから、いざ見送ったら寂しくて介護が出来てる時間がどれだけ良かったかって思うから

  5. 32
    名無しさん 2012/02/09 13:42

    ≫29は割と正論だう思う 自分の親でも介護は精神的にも限界があると思う 介護されてる親も体中チューブだらけの姿や苦しんでる姿は見られたくないはずだし 排泄物の処理を子供にやらせるのは いたたまれない気持ちだと思う お互いに肉体的にも精神的にも疲れた時の支えは 綺麗事抜きでお金なんだよ 介護する方はお金がモチベーションになるし 介護される方は いくらかお金を残すから 最期まで面倒見てねって言えるんだよ
    これは個人的な意見だけど 親が一年も二年も苦しむなら 安楽死を選んであげたい 苦しんでる姿は 見たくないし見られたくもないと思うから
    お互い綺麗な気持ちで最期をむかえたい

  6. 31
    名無しさん 2012/02/09 12:45

    ↓の奴は頭大丈夫か?

    お前は80といわずに今すぐ逝ってくれていいよ。こんな失敗作を産んだ両親に同情する。

    もちろん誰にも迷惑かけずにね(笑)

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事