TALENT

HEADLINE

坂上忍のパワハラで『バイキング』9月終了説が浮上「番組の雰囲気が最悪」フジが打ち切りの議論!?

「どうやら『バイキング』の終了が決まったみたいですよ。9月末までだそうです。坂上忍さんのパワハラがどんどんひどくなっていますから、しかたがないかもしれませんね……」(フジテレビ関係者)

『笑っていいとも!』の後継番組として’14年からフジテレビの昼を飾る『バイキング』。数年前から坂上のワンマンぶりが週刊誌などで記事にされてきたが、このところ傍若無人な態度に拍車がかかっているというのだ。

「リハーサルでやったことが、坂上さんのひと言で引っくり返される。せっかく用意した映像を“いらない”と×をつけて使わないことも。

共演している榎並大二郎アナもいつもビクビクしていますよ。ADのカンペのタイミングが遅いだけで不機嫌になり、チーフディレクターを説教。現場は常にピリピリしています」(同・フジテレビ関係者)

番組に出演経験のある芸能人も、坂上の行為を指摘する。

「小籔千豊さんはインターネット番組で“(自分の発言に)坂上さんが明らかに嫌な顔をしているときがある。心が折れるときがある”と番組卒業後に話していました。

ブラックマヨネーズの吉田敬さんは“この番組でも、パワハラみたいな感じで進んでいくことがあるじゃないですか”と生放送中に発言し、坂上さんを慌てさせていましたね」(テレビ誌ライター)

ストレスが原因で2名が休職

悪影響は、制作チームにも及んでいる。

「2名のスタッフが体調不良で休職しており、パワハラによるストレスが原因ともいわれています。このことを会社もかなり重く見たようです」(前出・フジテレビ関係者)

フジテレビに問い合わせたところ、

「ご指摘のような事実はございません」

という返答。パワハラの真相を確かめるため、6月初旬の早朝、自宅近くで愛犬と散歩中の坂上を直撃した。

─『バイキング』が9月で終了するそうですね。

「聞いてないなぁ。普通なら半年とか1年前に話があるものでしょ。もうそんなに時間ないのに、まだ(自分に)話がないってことは違うんじゃないですか」

パワハラが理由で終了するのではないかと聞くと、

「そういうふうにつなげる?」

と納得がいかない様子。制作スタッフへの強い叱責についても聞いてみた。

「生放送ですから、そりゃ間違えたりすれば注意くらいはします。でも叱責なんてことはしませんよ。

意見がぶつかることもあるけど、そういうふうに(強く)言ったことはないですね。制作サイドの上と下でやりあってたことはあった、と聞いたことがあるけど」

自分が原因ではなく、もともとスタッフ間に衝突があったという主張だ。

─上層部もパワハラの事実を知っているようですが?

「何にせよ、数年前の記事と今回あなたが聞いてきたこと(坂上のパワハラが理由で番組が終了)を結びつけるのは、無理筋だと思いますよ」

強気に反論し、“まだ犬の散歩が残っているので”と去っていった。飼い犬に接する態度を見る限りでは、パワハラとは無縁なジェントルマンに見えたのだが……。

[via:週刊女性]
https://www.jprime.jp/articles/photo/18159

坂上アラートはステップ2

「番組の顔である坂上のパワハラ疑惑は、これまでも週刊誌で報じられてきた。

スタッフへの態度は高圧的といい、レギュラー出演しているタレントには生放送中、「どうお考えなんですか?って聞いてんだよ」と強く迫ったり、逆に「あっ、そう」と冷たく返したり、SNS上ではたびたび物議を醸している。

坂上は同誌の取材に対し、打ち切りの話について「聞いてないなぁ」、スタッフへのパワハラ疑惑には「注意くらいはします。でも叱責なんてことはしませんよ」とそれぞれ否定した。

番組が終了するか真相は不明だが「番組内の雰囲気が最悪なのは間違いない」(フジ関係者)という。

「良くも悪くも坂上さんが厳しすぎるのは否めない。“雰囲気が悪すぎるから番組を畳んだ(終了した)ほうがいいんじゃないか”と打ち切りの議論が出ているのは確かです」(同)

新型コロナ禍で東京都は休業要請の緩和をステップ1~3で示したが、「局内ではそれにならって『バイキング』の打ち切りの度合いがたとえられています。

ステップ1が“要注意”、ステップ2が“危機”、ステップ3が“打ち切り決定”。今はステップ2で、終了の危機にあるとされているんです」(同)

大御所タレント・タモリの後を継いだ番組終了のXデーは、意外と近い!?

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1910076/

過去には小藪へのパワハラ騒動

情報番組「バイキング」(フジテレビ系)にて、MCの坂上忍が、出演者の小籔千豊の意見に不快感を示す場面があった。

「番組では、福田淳一前財務事務次官の性的ハラスメント問題などを取り上げ、議論していました。

そこで小藪は、ハラスメントは絶対に許されないと前置きしつつ、問題の発端となった音声テープが編集されていたことや、本人が行為を認めていない段階で、罪を背負わせることに関して、疑問を呈しました。

すると坂上の表情が一変。『罪もクソも財務省認めてんだよ?』『また振る相手間違えたかなオレ……』と突き放し、スタジオは重い空気に包まれました」(テレビ誌記者)

この場面に対し、視聴者からは

「小藪は一部の疑惑だけで、すべてを決め付けるのはよくないと言っているんだろ」

「坂上は反対意見は言わせないんだな。パワハラではないか?」

「同調圧力だよ。何が討論番組だ!」

と、自由に意見を言わせない空気を作る坂上に批判の声が殺到した。

坂上が小藪に厳しく接するのは、今回が初めてではないという。

「4月10日の放送でも、レスリングのパワハラ問題を取り上げた際、『一方的な意見だけを多めに聞くと、ちょっと怖くなってくる』と主張した小藪に対し、坂上が『報道のあり方に疑問を呈する前に、ご自分はどうお考えなんですかって聞いてんだよ!』とブチギレる場面があった。

こういったやり取りが続くためか、過去、報道番組『AbemaPrime』(AbemaTV)にて小藪は、ある番組で反対意見を少しでも言うと、MCにすごいイヤな顔をされたり、強制的にCMに行かされたりすることで『心、折れてきますよ』と発言しています。

当時、番組名こそ明かしませんでしたが、視聴者からは『明らかにバイキングの坂上のことを言っている』と話題になりました」(前出・テレビ誌記者)

さまざまな場所でパワハラが問題視される昨今、共演者たちも、坂上の言動に心を痛めているのかもしれない。

[via:アサ芸プラス 2018年5月11日]
https://www.asagei.com/excerpt/103821

ネットの反応

・打ち切り希望
・あの下品極まる番組か
・数字が落ちたんだな
・てかよく持ったな
・視聴者にも坂上忍の高圧的な態度はモロに伝わってくるからな。
・番組からパワハラは伝わってくる。コイツの意見に沿った意見しかコメンテーターは言えない雰囲気だし。
・みんな坂上の顔色うかがってコメントしてるもんね
・大御所には媚び媚びで自分より下の人間にはパワハラ そら嫌われるわ
・普段お前が無理筋の政権批判を繰り広げているだろ?
・薄ら笑いしながら、人の悪口言ってるだけだからな~
・人の悪口ばかり言ってるからスタッフにも厳しくなる
・パワハラはともかくスタッフがバカなのは見ていてよくわかる
・ブスは外に出るなの坂上忍はパワハラの権化。
・坂上はパワハラが売りでウケてんだろ
・昼間っからこんなピリピリした番組見たくねえよ
・こんな大した実績もない役者を、何をありがたがってんの?
・子役から上がってからの青年期の不遇な時代をすっかり忘れてしまっている感があるな。
 >芸能界ってほんと運だな
・この時間帯に、いいとものように時事を離れた番組やればいいのに
・笑ってる場合ですよ復活希望
・新番組はタモリの部屋でいいよ
 >あと2ヶ月で後期高齢者だ
・共演者を呼び捨てにするのが超不快 お前何様?って思うわ
・あきらかにダウンタウン浜田のマネをしてるね
・ダウンタウンと酒飲む番組見てると、役者の才能はないけど世渡りの才能はあるんだなとよくわかる
・目を見れば狂ってるってわかるだろ
・まことちゃんいつの間にかに居なくなったな
・薬丸とかヒロミまでが坂上忍の肩もみしてまで仕事もらってるとか聞いて悲しくなったわ
・バイキングとグッデイ打ち切りでいいわ もう安藤優子とかいらねぇだろ?
 >安藤優子ってジャーナリストなのかと思ってたが、コメント聞いてたらまるで茶の間のオバサンの無責任な独り言みたい。まだ加藤浩次の方が勉強してる印象。
 >災害時に報道やらせると恐怖を煽って二次被害を引き起こすタイプ
・あの超不人気番組をこれだけ定着させて何人もスター生み出したのに今止める訳ねぇじゃん
・こういう打ち切りニュースをワザと出して視聴率上げようって魂胆バレバレだし
・週刊女性さんが第一報、後追いで東京スポーツさんじゃ、信憑性はあまりアテにならんのじゃないかな。
・直撃を喰らったからか、今日の坂上は榎並にすげー優しかったのが草

関連商品

コメント

  1. 2
    よのすけ 2020/06/21 20:55

    今までよく持ったよ(笑)始めの頃見たけど、最近はヒルナンデスやひるおびだわ。9月終了も無難ですね。次は新番組作らなくても、ドラマの再放送で十分…

  2. 1
    名無しさん 2020/06/17 23:56

    バイキングで室井佑月先生を中傷しないでください

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事