TALENT

HEADLINE

ゴリ推し女王の女王 剛力彩芽にも逃げられ…オスカー大量離脱の内情とは!?「バーター力」に陰りで…

かつて「帝国」と呼ばれた芸能事務所「オスカープロモーション」が揺れている。

タレントやスタッフの退社が続くオスカープロから、新たに剛力彩芽(28)、福田沙紀(29)、紫吹淳(51)が去っていった。

堀田茜(27)も8月末をもって退社し、ゴクミこと後藤久美子らを輩出した大手芸能プロはいよいよ存亡の機である。

この背景にあるとされれているのが、創業者古賀誠一会長(80)の娘と娘婿で同社の専務と常務を務める2人の経営方針だ。


創業者 古賀誠一会長

「堀専務と、古賀さんの長女で同社常務の幸子さによるコストカット、締め付けが厳しく、これに反旗を翻して古参マネジャーらが辞めていったのがはじまり。

幸子常務は『お父さん、事務所には手を出さないで』と経営を夫婦で回すようになりました」と、オスカープロに詳しいベテラン記者は証言する。


オスカー会長の娘婿 堀和顕専務

飼い殺しへの不満も

だが、どうもそれ以外にもあつれきや問題が隠れているようだ。

「所属タレントのなかには、飼い殺しのような仕打ちを受けていると事務所の処遇に鬱憤をため込んでいる向きが少なくないと聞いています。

通常、芸能プロは所属タレントと長期目標を設定し、それに向かっていくよう仕事を取捨選択して、やっていきます。

どれだけ大きな仕事を定期的に取ってくるかが事務所の力で、タレントの信頼へとつながっていくのですが、ごり押しの営業で知られたオスカーも昨今はむらがあるらしい。

売り出してもらえないタレントが自分の人脈で仕事を取ってきても、それに口出ししたりするそうですから、タレントにしてみれば足を引っ張られると思ってしまいかねない。

売れているタレントはバーター取引の材料にされ、結果的に仕事が減ったり、取られたとまた不満を持ったり。そういう行き違いというのか、不平不満が充満しているみたいですよ」(芸能プロ関係者)

一部の売れっ子ではない所属タレントたちは、飲食店やコンパニオンなどアルバイトをして食いつないでいたが、コロナ禍でそれもままならない状態に。

さらなる窮状にあえいでいるという。米倉涼子、忽那汐里、草刈民代、岡田結実、長谷川潤ら、売れっ子の退社ラッシュの他にも問題があるのかもしれない。

オスカーのHPには上戸彩、武井咲、河北麻友子、藤田ニコルら売れっ子のほか、ベテランも真矢ミキや前田美波里、菊川怜らが載っているが、このまま退社独立が続けば、芸能プロの看板は有名無実化してしまう。

「このままだと零細プロ古賀商店になるしかない」という声まで業界内で囁かれている。

1970年の設立からちょうど50周年。「全日本国民的美少女コンテスト」などを開催し、C.C.ガールズなどのセクシーグループのブームをつくったり、芸能界を牽引してきたオスカープロ。盛者必衰か。

[via:日刊ゲンダイ]
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/278171

現場社員の離脱が一番の問題

日刊ゲンダイ芸能編集部長・米田龍也氏は退所が続く理由について

「問題はタレントやモデル、女優だけじゃなくて、ベテランのスタッフが辞めているのが一番の問題」

「仕事のできる中堅社員がタレントを連れて別の事務所に独立する。引き抜きみたいな形で移動することがいま起きている」と指摘する。

スタッフは何に不満を抱いて辞めるのか。「とにかくコストカット、経費削減。接待交際費とか経費をバッサリ切っちゃった。役員クラスですら0円だっていうから、これは結構辛いよね」と、その内情を語った。

[via:ABEMA TIMES]
https://times.abema.tv/posts/8622611

「バーター力」に陰り

ワイドショー関係者は「藤田ニコルもオスカーと待遇をめぐって交渉中で、退社も選択肢に入れているとされます。検討しているタレントはほかにもいて、歯止めがかからない状況です」と話す。

そのいずれもが円満退社となっているが、もはや同社は〝去る者は追わず〟のスタンスになってしまっているという。

問題なのは、同社の収入が減るというだけではない。これから露出を増やしていかなければならない所属タレントにもシワ寄せがくることだ。

「有名どころが抜けると、いわゆる〝バーター出演できなくなるのが痛い。バーターというとネガティブなイメージがありますが、女優を育てる貴重なチャンスでもあるんですよ。

剛力さんなんか〝ゴリ推し女王〟とまで言われましたからね。例えば、オスカーは『ドクターX』(テレビ朝日系)など米倉主演のドラマに、所属タレントを押し込んできましたが、大ヒットを期待できる地上波ドラマに出演できることは、相当な強みでした。それができなくなった」(テレビ関係者)

もちろん、上戸彩や武井咲、菊川怜などドラマの主演級も残ってはいるのだが…。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2134194/

剛力彩芽の場合

「彩芽は、尊敬していた米倉涼子さんが今年4月に独立したことに大変ショックを受けていました。次々とオスカーからタレントが独立していくなかで、事務所に残り続けることに不安を抱えるようになった。

退所を決心したのはつい最近で、独立後も、今年3月に設立した個人事務所『ショートカット』を足がかりに芸能活動を続けていくつもりです。彼女は独立の意志が固く、そのため弁護士を入れているのです」(剛力の知人)

去ってありがたみが分かる

オスカー側も剛力側も円満解決を強調しているのだから、“終わりよければすべてよし”と総括することができるに違いない──。

いやいや、そうではないという。剛力にとって正念場は、むしろこれからだと言うのだ。

民放キー局で番組制作に長年、携わってきたベテランテレビマンは「剛力さんはオスカーを去って初めて、会社のありがたみが分かると思いますよ」と指摘する。

売れたのは事務所の力

「オスカープロモーションという社名は伊達ではありません。所属タレントのプロモートには本当に熱心です。社員の中には、テレビ局に貼りつく“局担”がいます。彼らの仕事はプロデューサーに食い込むことで、特番や新番組の情報をいち早くキャッチするんです。

オスカーの特徴はドラマだけでなく、バラエティーや情報番組でもガンガン売り込んでくるところです。それこそ剛力さんは『奇跡体験! アンビリバボー』(フジテレビ系列)のMCを務めています。まさに好例でしょう」《中略》

ちなみに剛力とテレビ朝日と言えば、「女囚セブン」(17年)で主演、「家政夫のミタゾノ」(16年~)も第2シリーズでレギュラー出演を果たした。どれだけオスカーとテレ朝の結びつきが深いか、よく理解できるというものだ。

「剛力彩芽さんの出演歴を改めて見ると、テレビ朝日とフジテレビの割合が多いことが分かります。率直に言って、剛力さんが売れたのは事務所の力でしょう。

間近で見ると本当に美しい女性ですし、小悪魔的な魅力も凄いので、一時期は明石家さんまさん(65)も夢中でした。

しかし、2013年に『ビブリア古書堂の事件手帖』でフジテレビ月9の主演を務めましたが、演技力に疑問が付けられました。おまけに前澤友作さん(44)との交際で、人気を下げてしまい、回復できないまま現在に至っています」(ベテランテレビマン)

特に今はコロナ禍で、テレビ局は普段以上にスポンサーの顔色を伺う必要がある。剛力のキャスティングは難しい状況だという。

果たして今後は?

特に今はコロナ禍で、テレビ局は普段以上にスポンサーの顔色を伺う必要がある。剛力のキャスティングは難しい状況だという。

「テレビだけではありません。映画も舞台もCMも、オファーがあって出演が決まります。このご時世に剛力さんに出演を依頼するプロデューサーはいないでしょう。

『奇跡体験! アンビリバボー』のレギュラー出演は続いていますが、実は打ち切り説が囁かれています。コロナ禍で充分な制作費が確保できず、ビートたけしさん(73)の高額ギャラが重い負担になっているのです」(同)

ちなみにオスカーは面倒見のいい事務所として知られ、休業中のタレントにも給料をしっかり払うことで有名だった。

改めて振り返れば、4月22日、文春オンラインは「破局から5カ月 前澤友作・剛力彩芽が電撃復縁していた【スクープ撮】」の記事を配信し、週刊文春の4月30日号が復縁を詳報した。

その後も多くの芸能メディアが近況を報じており、少なくとも現時点では、交際は順調のようだ。本業が苦しいのなら、プライベートでの吉報を期待してしまうのだが──。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/09021700/

ネットの反応

・事務所のお陰で仕事が出来ていたというのを、これから痛感するかもしれませんね。
・剛力からオスカー取ったら何が残るんだ?
・剛力は前澤さんのバックアップがあるから仕事有ろうが無かろうが何ともしないでしょ。どのみちオスカーも使い道に困ってただろうし両者とも良かったのでは?
・仕事より彼氏優先なら女優は無理でしょ。
・これだけ有名どころが辞めたら事務所自体のパワーも落ちるだろ?
・泥船感スゲーな
・芸能界のことを知らない娘婿が幹部になり「経費削減」で仕事が今までどおりできない現場社員が辞めていく。
・ぽっと出の娘婿よりマネージャーの方が話がわかるし、信頼も得やすいですよね。
・家族経営にする利点はなんなんだ? 会社は会長の個人資産でもないし、子供に相続する必然性もない。
・会社というのは経営者が変わればその器量に応じて変わっていくもの。今回は一番重要なマネージャーをないがしろにしたことが大きい。
・有能な従業員が辞めていく会社はヤバい。
・堀田茜が退社翌日にはトップコートのHPに名前あった。一緒に辞めたマネージャーが相当優秀ってこと。
 >もはやオスカーは忖度に値しないと見切られた証明だよ。
・なるほど。「経営陣についていけない」それをタレントより先に感じるのは、確かにマネージャーといった下々のスタッフですな。
・移籍組の女優、タレントの中には、そんなマネージャー達が気苦労を抱えている姿を見兼ねて「じゃあ一緒に出ましょうか」と決断した人もいるだろうね。
・きっと辞めてもらいたい幹部社員がいるんだろうね。ある程度のタレント流出も、膿を出すためには致し方ないと経営陣は割り切ってるんだと思う。
・古参スタッフがいなくなり、新しい子が入っても育てられない。完全に泥舟だね。
・沈没寸前の泥舟に乗っちゃった宇垣美里はアホって事か
・決して オスカー事務所だけが悪いわけではない。時代の流れ。個人事務所でもやれる環境が増えただけ
・ジャニーズもタレントがどんどん離れて、時代が変わっていくんだなと思う
・ゴリ押しはオスカーだけじゃないし金の出てくる方に流れるだけ
・そもそもCMで稼ぐ事務所だったのに、ゴーリキー以下のブスどもをゴリ押しした時点で、凋落は時間の問題だったよ。娘婿云々は、最後のトリガーに過ぎない。
・娘婿がこれまで口約束だったギャラの額とかを文書などでしっかり残し領収書も提出するようどんぶり勘定を廃止したら相当な額の裏金を自分らの懐に入れてた古参の社員が反発して大量に辞めたんだっけ?
・ぺこぱをなんでクビにした
・オスカーの女優は大嫌いだけど小芝風花だけは例外
 >売れたらオスカー辞めると思う

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2020/09/07 17:27

    どーでもいい。

  2. 1
    名無しさん 2020/09/06 0:47

    上戸彩がキムタクと「アイムホーム」でドラマ初共演を果たしているので、キムタクがSMAP再結成を嫁に反対されつつオスカーが史上最大の危機になった際はやっぱり助けるしかない!
    彩を切り捨てることさえ出来ないしね。
    そしたら元SMAP4人と共に辞めジャニになる。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事