TALENT

HEADLINE

【離婚協議中】前田敦子は呆れ果て、勝地涼は前田の性格に耐えきれず「いつ別れてもいい」


前田敦子主演のドラマ「伝説のお母さん」より

元AKB48の絶対的エースで女優、前田敦子(29)と実力派俳優、勝地涼(34)が互いに弁護士を立てて離婚協議に入ったことが分かった。

複数の関係者の話を総合すると、夫妻は冷却期間を設けて話し合いを続けてきたが、関係修復は不可能と判断。2019年3月に誕生した長男(1)の将来を最優先に考え、離婚協議を進めているという。

前田は昨年いっぱいで太田プロダクションから独立し、個人事務所を設立したばかりで、シングルマザーとして女優に子育てに邁進する。

2018年7月、交際4カ月のスピード婚で幸せをゲットしたはずの前田と勝地が、2年半後に離婚という苦渋の決断を下した。

夫妻を知る関係者の話を総合すると、別居したのは昨年春。

当初、勝地のアドバイスもあって、女優を続ける前田が育児のサポートを受けやすい環境で暮らせるようにと、夫妻は前田の両親が住むマンションの別の部屋で新居を構えていた。

だが、育児への不安もあってか、前田は出産前からナーバスになることがあったという。前田が育児ストレスをかかえたときには実家を頼るように。

孤立した状態になった勝地は自宅を離れて、仕事場として借りていた別のマンションで暮らすようになった。前田も生活を仕切り直すために、実家から車で少し離れた場所にある別のマンションに引っ越していた。

ただ、夫婦の仲が完全に壊れたわけではなく、別居はあくまで冷却期間を置くためだったという。その直後の昨年6月、週刊誌に報じられ、別居が発覚した。

そんな状況下でも勝地は、前田が仕事で家を空けるときには連絡を取り合い、前田の住むマンションまで出向いて子育てを手伝っていた。

ただ、夫妻の気持ちがさらにすれ違うようになり、勝地が子供に会いたくても会えない状況が続くようになったという。

バラエティー番組でたびたび長男の話題を話すほど子煩悩な勝地は、夫婦のあり方や家族の将来について悩むように。離婚も視野に考えるようになった。

一方の前田はあくまで関係修復を模索し、離婚するつもりはなかったが、今年に入って離婚もやむなしと判断。双方ともに弁護士を立てて離婚を正式に話し合うことになった。

互いに長男の将来を第一に考えていることでは一致。勝地は母親のもとで子供は育つのが最適と考えており、親権を争う気はないようだ。

ただ、離婚しても勝地が長男の父親であることには変わりなく、子育てを手伝っていく意向という。

2人は15年に日本テレビ系ドラマ「ど根性ガエル」で初共演。18年春に友人関係から急接近し、ゴールインしたが、結婚生活は長くは続かなかった。

離婚協議に入ったことについて前田の所属事務所は「事実ではありません」と否定。勝地の所属事務所は「聞いていない」としている。

前田は昨年大みそか、AKB48時代から所属していた芸能事務所、太田プロダクションから独立し、個人事務所を設立。

女優としての評価は高く、仕事で一人立ちしたばかり。私生活でも離婚を決断したことで、働きながら子供を育てるシングルマザーとして、前向きに突き進んでいく。

[via:サンスポ]
https://www.sanspo.com/geino/news/20210130/div21013003000001-n1.html

本紙報道で明らかになった30日、勝地の所属事務所は離婚協議を否定しなかった。

勝地の所属事務所は「プライベートは本人に任せている」とした上で、「双方が弁護士を立てていることは事実です」と説明した。

[via:サンスポ]
https://www.sanspo.com/geino/news/20210131/div21013105030001-n1.html


前田敦子 結婚発表から2週間、お腹ぽっこり!授かり婚報道[女性自身2018/08]

勝地はゲーム漬け生活

「勝地さんは、親しい友人らと毎晩のようにオンラインゲームに興じているそうです。実はこれ、前田さんと別居する前からの日常なんです。

以前はお店などに集まって、仲間たちとゲームをしていましたが、コロナ禍のステイホーム生活になってからは『荒野行動』や『フォートナイト』などのバトルロイヤル系のオンラインゲームを楽しんでいるといいます」(勝地の知人)


離婚協議報道前の1月中旬、虚ろな目で車に乗り込む前田敦子[女性自身]

現在、離婚協議中であることが報じられた前田敦子と勝地涼夫妻。昨夏の本誌では、勝地が親しい仲間に「もう、ウチらはダメですよ。終わってるんで」と、前田との夫婦関係の修復が難しいと漏らしていたことも報じている。

新年を迎えたが、結局、夫婦仲が元に戻ることはなかったようだ。

「同居当時、慣れない育児に2人とも余裕がなくなり、“イクメン”を目指した勝地さんは、精神的に不安定になる前田さんへの接し方がわからなくなってしまって落ち込んだそうです。

ふさぎ込んだ彼は、友人と会って時々飲んだり、愚痴ったり、ゲームでストレスを発散するしかなかったようです。そんな勝地さんの態度に前田さんはひどく怒っていたといいます。

別居後、しばらくは彼女が仕事の際は勝地さんが自宅に戻って息子さんの面倒を見ることはあったそうです。ただ、彼の休みの日は相変わらずゲーム三昧だと聞いて、呆れ果てていたそうです」(前出・勝地の知人)

本誌は昨年7月、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に前田が出演した際、長男を楽屋に連れて収録に臨んでいたことを報じている。今年3月には2歳になる長男。今はもっぱら前田の“ワンオペ”ということになるが――。

勝地涼「いつ別れてもいい」

現在の夫婦関係について、勝地の所属事務所はこう語る。

「基本的にプライベートは本人に任せております。家庭のこととなれば、なおのことです。本人からはオフの日だけでなく、育児にもできる限りの態勢を取っていると聞いております」

前田は当初、別居によって、夫婦関係の修復に期待していた部分もあったという。

「前田さんはいったん夫婦の距離を置いて、お互いがリフレッシュして冷静に考えることができれば、まだ夫婦としてやっていけるのではないかと思っていたようです。

ただ、勝地さんは、目に入れても痛くないほどかわいがっている息子さんとなかなか会えない日々が続くようになり、前田さんとは“いつ別れてもいい”と周囲に漏らすようになりました」(前出・勝地の知人)

すでに“離婚後”を見据えて動き始めているという前田。勝地も親権を争う気はなく、今後も父親として育児を手伝う意向だという。

[via:女性自身]
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1945633/


新事務所のスタッフと挨拶回りに赴く姿[女性自身]

前田敦子 離婚後は海外進出?

1月中旬の夕方、前田敦子はスーツ姿のマネージャーらしき男性と都内のビルに入っていった。

そのビル内には、AKB時代から付き合いの深い会社が入っている。1時間ほど滞在すると、出口で関係者の男性に見送られ、前田は丁寧に頭を下げて自宅へと帰っていった――。

「1月末、前田さんと夫・勝地涼さん(34)が互いに弁護士を立てて離婚協議に入ったと報じられました。前田さんは昨年末に’07年から所属していた大手事務所を退社。今後はフリーとして活動すると発表したのも、離婚の選択肢を考えていたからのようです」(スポーツ紙記者)

この日、前田が付き合いの深い会社を訪問したのは、公私とも“再出発”の報告だったようだ。2人は交際4カ月で’18年夏に結婚し、’19年3月には第1子の男児を授かったのだが――。《中略》

関係各所に挨拶回り

冒頭のマネージャーらしき男性との訪問には前田の“決意”が込められているようだ。

「前田さんは、関係各所に自ら足を運び、改めて“今後も前田敦子をよろしくお願いします”と頭を下げているそうです。

今年に入って、ようやく彼女も離婚を決めたようです。意欲的な挨拶回りは、シングルマザーとしてやっていくという“決意表明”なのでしょう」(テレビ局関係者)

さらに離婚を決意した彼女は今後、ある野望も抱いているという。

ウィル・スミス事務所と極秘接触

「ハリウッド俳優のウィル・スミスが代表を務める事務所が極秘裏に前田さんに接触していると聞きました。この事務所は、昨年ジャニーズ事務所を退所した山下智久さんがハリウッド進出を目指して契約しているところです。

前田さんは超が付く映画オタクで、映画への情熱は人一倍強いのです。最終的に交渉がまとまるかは不透明ですが、前田さんはこれを機に“海外進出”まで視野に入れるようになったそうです」(芸能プロダクション関係者)

[via:女性自身]
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1945627/


勝地に怒鳴り声を上げる前田を文春がキャッチ[2019/05]

前田の性格に勝地が限界?

前田は昨年12月には、デビュー当初から所属していた太田プロダクションを退社し、独立。今月1日には個人事務所「Office MAEDA ATSUKO」のオフィシャルサイトを開設したと自身のInstagramで報告したものの、離婚協議報道については触れていない。

「サンスポのスクープ以降、マスコミ各社の芸能担当は、前田か勝地が何かしらの報告をするのではないかということで、2人のSNSを注視しています。

そんななかでのオフィシャルサイトの開設発表ですが、正直、期待外れの投稿ではありましたね。昨年前半頃からずっと離婚問題を抱えていたのだとすれば、なぜこのタイミングで太田プロを離れたのかが、大きな疑問です。

こういった際のマスコミ対応は、大手事務所がついていたほうが絶対的に強い。そんな大変な時期に独立すれば、週刊誌やスポーツ紙から遠慮なく追いかけられますよ」(テレビ局関係者)

気になるのが、わずか交際4カ月での“スピード婚”を果たすほど燃え上がった2人が、不仲に至った原因だが―。

「前田は以前、出演したテレビ番組で、しばしば家でも感情をコントロールできなくなって取り乱してしまうことが多いと告白し、それでもやさしく接してくれる勝地に感謝していると語っていました。

ただ、新婚時期ならまだしも、そんなことがずっと重なれば、いくら性格が穏やかな勝地でも、嫌になって家に寄り付かなくなってしまいますよね。

前田はAKB48時代から、とにかく気難しくて面倒な性格だというのは有名な話でした。

現場でも機嫌を損ねると立ち直るのに時間がかかり、撮影やリハーサルなどがストップしてしまうこともあり、とにかくスタッフは前田が気分を害さないように気を遣っていました。

以前ほどではないでしょうが、今でもそうした性格が垣間見えることがあるのかもしれません」(業界関係者/20年8月4日付当サイト記事より)

前田の今後の活動は?

気になるのは前田の今後の活動。女優仲間の満島ひかりのスタッフのサポートを受けて海外進出を目指すという報道(「女性セブン」)も出ているが、テレビ局関係者はいう。

「新規開設されたオフィシャルサイトを見て思ったのは、まず、海外進出は当分ないなということです。海外を意識しているのであれば、言語を選べる英語表記のページも設けられているはずです。

トップページの表記は英語ですが、おそらくこれに深い意味はなくデザインの問題だけでしょう。プロフィールなどはすべて日本語ですから。

離婚協議どこから漏れた?

そもそも、この離婚協議の情報源はどこなのか。こういう情報がマスコミに漏れやすいのは、タレントが事務所を辞めたタイミングです。

一番の情報を持っているのは所属事務所の関係者ですが、辞めてしまったタレントであれば、もう守る必要はない。

退所するということは、タレントと事務所の間にはいろいろな“しこり”や“不満”があるものですし、芸能マスコミにとってみれば事務所関係者から情報が漏れるチャンスなんです。今回の報道も、そういうところから漏れた具体的な話だとみられています。

長男がまだ1歳であることを考えれば、現実的に海外進出などは難しいでしょうが、国内では女優としての評価も高いし、需要は十分にある。育児に重点を置いていて、マイペースに仕事をこなしてくというスタンスではないでしょうか」

[via:Business Journal]
https://biz-journal.jp/2021/02/post_205615.html


前田が足の負傷で療養時、買い物を終えて自宅へ向かって歩いていると、生後2カ月の息子を抱いた勝地が車イスを押し、出迎えた。なぜか不機嫌な表情の前田は、一度は車イスに座るも立ち上がり、猛ダッシュして転倒。駆け寄る勝地に怒鳴り声を上げた。渋々再び座るも、話しかける勝地を無視。完全な“前田上位”の夫婦関係を窺わせた。

勝地が耐えられなかったこと

業界では2人の気の強さは有名で、そこが離婚に至ってしまった“原因”だっと見る向きは多い。勝地は母親が東京・目黒区にある芸能人御用達の高級生花店を営んでおり、父親も不動産業を成功させている「資産家」の息子だ。

「いわゆるお坊ちゃまで、幼少期から大切に育てられてきたようです。性格は“父親似”とのことで、我が強く一本気で頑固。ケンカっぱやいところもあり、親友の小栗旬とも殴り合い寸前のケンカになったことがあったようです」(芸能関係者)

前田「気の強さ」が裏目に? 

一方の前田もAKB48でセンターを張っていただけあり、負けん気の強さは折り紙つきだ。アイドル誌のライターはこう語る。

「AKB時代は自ら『ジャイアンみたいな性格』と語っていて、女王様気質でした。後輩の指原莉乃は、いまだに前田を前にすると緊張するそうです。

人の好き嫌いが激しいところもあり、AKB時代は、一部のスタッフ以外とはほとんど会話をしない時期もありました。

コンサートでも度々過呼吸になるなど、感情が高ぶりやすくヒステリックな面があるのですが、それがアイドルとしての魅力にもなっていた。総合プロデューサーの秋元康氏はそうした前田の性格を理解して、あえて野放しにしていたところもあります」

結婚前には、泥酔した前田がイケメン俳優の前で号泣、歩けない前田が「お姫様だっこ」で抱えられる姿が週刊誌に撮られたこともある。

「このときも俳優にかまってほしくて駄々をこねたり、泣き叫んだりしていたので、俳優がたまらず介抱したところを写真に撮られたといいます。

また、若手歌舞伎俳優と交際中にも、地方公演の度に浮気を疑い、夜中に度々電話をかけるなどしていたようです」(前出の芸能関係者)

ここまでクセが強い2人が結婚という「枠」に収まるのは、難しかったのかもしれない。

[via:AERA dot.]
https://dot.asahi.com/dot/2021013100003.html

ネットの反応

・別に驚かないし、思ったより長かったなという印象
・どっちにつくかでマスゴミ割れてるのか
・たしかに気の強さが顔にでてるわ
・気が強くないとアイドルグループでセンター無理
・顔面だけじゃなくて自己センターでもあったのか
・人前に出て商売する奴はそれぐらいのメンタルじゃないとやってられんわなw
・旦那のことは嫌いになったんだな。
・先輩風吹かして篠田麻里子の育児相談乗ってる場合か
・伝説のお母さんのようには行かなかったな
・プライドが高くて気の強いブスって救い様が無いな。
・育児+ヒステリー嫁だからな。誰だって投げたくなるわ。
・乳飲み子 第一段階の夫婦の軋轢 これを乗り越えると日々の成長に笑い会える時が来るんだが…結論出すには早いよ
・伝説のお母さんのようには行かなかったな
・メンヘラのヤリマンとのデキ婚は続かねぇよ
・気が強いというか非常識でワガママなだけだろ
・前田敦子はただの癇癪持ちで気が強いのとは別では…
・文春の写真、まるでニホンザルの威嚇だなw
 >これはねえ、やっぱり狂うてますよ。この人は。
・ゲームに浸るしかないほど、夫婦関係が破綻してるのかな?
・前田にも問題はありそうだが勝地も駄目そうだ 父親になったのにゲーム三昧はないでしょ
・現実逃避だなわかる
・育児を手伝うはダメだってば 自分の子供なのに他人事みたい
・勝地も父親が元暴力団幹部で背中一面に彫物、フロント企業の不動産でもうけて、母親はずっとその愛人やってて勝地涼の兄が生まれてからようやく籍入れてもらって花屋始めたぐらいだから、まともな家庭とは言えない。
 >松葉会の元幹部
・旦那に同情したくなるが、あんな分かりやすく見えてる地雷に手を出したんだから自業自得だな
・事務所まで変えてしまった今、あとは坂道を転がり落ちる様な予感が。

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事