TROUBLE

HEADLINE

『明日ママ』全スポンサーがCM自粛に高須院長「僕が全部買うよ!」放送中止できない意地とメンツ

社会問題化する日本テレビ系連続ドラマ「明日、ママがいない」の主要スポンサーが”ゼロ”になった。27日、スポンサー3社が新たにCM放送見送りを決め、これで全8社が”降板”する前代未聞の異常事態に。

明日、ママがいない
明日、ママがいない


大久保好男社長

それでもこの日、同局の大久保好男社長(63)は、定例会見で放送継続を明言。脚本や演出も変更せず、全9話を放送する。他局なら「打ち切りやむなし」だというが、日テレには放送中止にできない”3つの呪縛”があった――。

「事実上のスポンサーゼロの状況で、番組存続なんて聞いたことありませんよ!」

そう驚くのは他局の関係者だ。児童養護施設を舞台とする同ドラマをめぐっては、「赤ちゃんポスト」を運営する慈恵病院や全国児童養護施設協議会などが「子供や職員への誤解や偏見を与えかねない」と放送中止、改善を求め続けている。

これを受け、先週までにスポンサー8社のうち5社がCM放送の見合わせを決定。そして27日、最後のとりでだった「花王」「三菱地所」「小林製薬」の3社も追随してゼロとなった。それぞれ同局との契約は継続しており、スポンサー収入面での影響はないとみられる。とはいえ、全スポンサーがCM放送を見合わせる事態は、震災などを除けば、極めて異例だ。

「TBSの深夜バラエティーで先日、不適切な内容があるとスポンサーから声が上がり、番組は打ち切りになった。それほどスポンサーの反応はテレビ局にとって重要。普通なら即打ち切りレベルですよ」(同)

日テレは、なぜここまで放送継続にこだわるのか。その裏には”3つの呪縛”が…。

野島伸司

呪縛1 3冠立役者・野島伸司氏への恩

最大の理由は、脚本監修を務める野島伸司氏(50)のメンツだ。今クールは松嶋菜々子(40)主演の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」の続編を放送する予定だったが、土壇場で白紙となり「明日ママ」の”前倒し放送”が決まった(本紙既報)。

某日テレ局員によれば「このドラマは当初、夏にでもやろうかと、局の上層部が野島さんとの関係を温め続けてきた。急きょ前倒しになり、制作期間は半年もなかった。野島さんにも無理をお願いした部分はある。彼の名誉のためにも打ち切るわけにはいかない」。

さらに、別の局内関係者は内情をこう明かす。

「野島さんは日テレにとっては(年間視聴率)3冠王の立役者。1994年の『家なき子』が大ヒットして、この年から10年間、3冠王を取り続けた。言ってみれば大恩人でもある。だから、そう簡単に打ち切りはできないし、今、オリジナルでテレビドラマの脚本が書ける人はそういない。野島さんにソッポを向かれては次がないという思いは強いですよ」

芦田愛菜

呪縛2 三顧の礼で迎えた芦田愛菜

メンツといえば、主演の芦田愛菜(9)もそうだ。2011年の連ドラ「マルモのおきて」(フジテレビ系)で一躍人気子役となった芦田だが、事務所サイドは子役から演技派女優への”脱皮”を模索。次回作が重要になるなか、猛アプローチしてきたのが日テレだという。ドラマ関係者の話。

「ずいぶん前から熱心に芦田さんサイドを口説いていました。野島作品を持ってきたのも、演技派女優を目指す彼女を口説くため。うまくいけば、『家なき子』の安達祐実を超える存在になっていたでしょうが、今や”黒歴史”になりつつある。ようやく担ぎ出したのにこの状況では示しがつきませんよ」

日テレ

呪縛3 後には引けない局のメンツ

もちろん日テレにもメンツはある。「作品の出来に本当に自信があるし、それ以上に今、放送を中止したら、自ら非を認めたことになる。放送前には毎回局内で試写を行い、上層部も含めて『問題はないか?』とチェックしている。一部では異論も出たようだが、それを抑えてGOサインを出したのだから、後には引けない」(局関係者)

意地とメンツで放送を継続する日テレを待つ運命やいかに。

[東スポ]
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/228519/

■高須院長がCMに名乗りを上げる

美容整形外科「高須クリニック」院長の高須克弥氏が28日、自身のツイッターでスポンサーに名乗りを上げた。

高須克弥

高須氏は、同日午後、ツイッターで「僕がいまからスポンサーになるからしっかりやってくれ」と日本テレビと電通に電話したことを明かした。あす29日の放送ではスポンサー8社が全てCM放送を見合わせ、ACジャパンの公共CMなどに差し替わることから「明日のオンエアに間に合うといいな♪」と大急ぎで手を差し伸べた格好だ。

しかし、約2時間後に更新されたツイートでは、「僕はがんばる人たちを応援したいだけ。今のスポンサーは僕が新しいスポンサーになることを歓迎しないようだ。もめてるらしい」と既存のスポンサー8社との兼ね合いがあり、交渉が難航しているという”裏側”を明かし、「僕の申し出は博報堂、電通、日テレ全てが喜ぶ提案だよ。僕が全部買うよ!」と訴えた。

高須氏はアイスホッケー女子代表が昨年、ソチ五輪出場を決めた際、愛称「スマイルジャパン」発表会見に、五輪決定ボーナス1億円を持参して来場しようとしたところ、連盟の会長に断られたエピソードで知られる。高須クリニックは日本連盟のオフィシャルスポンサーだが、「ほかの協賛スポンサーとの兼ね合いがある(示しがつかない)」として断られたという。

安藤美姫

またフィギュアスケートの安藤美姫選手が昨年電撃復帰を表明した時には、支援を名乗り出て話題になった。[デイリースポーツ]

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/01/28/1p_0006668802.shtml

【関連商品】



関連商品

コメント

  1. 22
    名無しさん 2014/02/08 15:40

    >>1
    誰だよ野村って

  2. 21
    名無しさん 2014/02/01 23:28

    こういう非常識な輩が蔓延ってるから、こういう問題が起きるんだね。馬鹿で糞過ぎる。頭空っぽなんだね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事