TROUBLE

HEADLINE

AKB商法も崩壊の危機!!血染めの握手会・・・実録!!ノコギリ男襲撃の瞬間!!

25日午後4時55分ごろ、岩手県滝沢市で行われたAKB48握手会で川栄李奈(19)、入山杏奈(18)ら3人が男に、のこぎりで切られた。

川栄李奈|入山杏奈
川栄李奈|入山杏奈


梅田悟容疑者

3人の命に別条はない。岩手県警は殺人未遂の疑いで青森県十和田市の無職梅田悟容疑者(24)を現行犯逮捕。「私がやりました」と容疑を認めているという。05年12月にスタートしたAKBで最悪の事件となった。

メンバーとファンの温かい交流の場のはずの握手会が冷たい血に染まった。

この日午後5時ごろ、岩手県滝沢市の岩手産業文化センター「アピオ」で「刃物を持った男が暴れている」と110番があった。岩手県警などによると、川栄、入山、男性スタッフの3人が病院に搬送され、高度救命救急センターに運ばれた。

病院に駆け付けたAKBの運営会社関係者は記者団に、川栄は右手親指の骨折と裂傷、入山は右手小指の骨折と裂傷、頭部の裂傷で、それぞれ手術を受けたと説明した。

一方、県警は、川栄と入山は頭と右手、男性スタッフは左手に切り傷を負ったと説明している。

ワイヤーソウ

梅田容疑者は調べに対し、殺人未遂容疑について「その通りです。間違いありません」と容疑を認めている。凶器ののこぎりは長さ約50センチ。「ワイヤーソウ」との情報もある。関係者によると、川栄、入山は梅田容疑者について面識がないと話している。

梅田容疑者は握手会のチケットを持って列に並び、持っていたのこぎりで川栄、入山らに襲いかかった。現場は騒然となり、スタッフが梅田容疑者を取り押さえた。そのまま握手会は中止に。別の握手レーンに並んでいたファンは「こちらまで悲鳴が聞こえて来た」と証言した。

この日の握手会は午後1時からスタート。渡辺麻友(20)や柏木由紀(22)、小嶋陽菜(26)、高橋みなみ(23)ら主要メンバーをはじめ、計47人が参加。第6レーンに、入り口から川栄、入山、大島涼花(15)、倉持明日香(24)、高城亜樹(22)の順で並んでいた。握手会前、スタッフはファンが手に何か持っていないかどうかをチェックしていたが、手荷物の中までは調べていなかったという。梅田容疑者は手荷物を所持していなかったという情報もある。

川栄は「おバカ」キャラでブレークした人気メンバー。昨年、テレビのバラエティー番組の学力テスト企画で最下位となった際に発した「うそだろうが」は、グループ内やファンの間で”流行語”になった。入山は同じ学力テスト企画で最上位になった秀才。ルックスもグループ屈指で、テレビ番組や雑誌のグラビアなどで活躍している。

これまでも握手会でファン同士のトラブルなどはあったが、メンバーが傷害を受けた刑事事件は初めて。AKBの魅力の一つである握手会の運営だけでなく、今後のグループの活動に大きな影響が出そうだ。[スポニチ]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/26/kiji/K20140526008235550.html

■AKB48ビジネスモデル崩壊危機か!?

AKB48を襲った握手会での殺害未遂事件の影響で、姉妹グループのイベントも次々中止。今後、ファンに接するイベントの自粛が続く可能性があり、グループのビジネスモデルが崩壊する危機に瀕している。

AKBのイベント運営関係者によると「警備員は十分な人数を確保していましたが、手荷物検査がないなどの不備もありましたし、今後同じような事件が起こらないという保証はない。しばらくファンと触れ合うようなイベントは開催できないという話も出ている」という

AKBの握手会でここまでの凶悪犯罪はこれが初めてだが、以前からトラブルは散見されていた。

「卑猥な発言をして嫌がるメンバーの表情を見て喜んだり、転んだふりをして胸を触るなどセクハラがあったり、ひどいのになると手に精液をつけて握手する者もいた。また、テレビのバラエティ番組やTwitterなどでの発言に意に沿わないものがあったと怒鳴ったり、過剰な思い入れを持つファンもいて、正直メンバーの間で握手会は”やりたくないイベント”となってしまっています」(同)

AKB48握手会の熱狂的ファン

そんな中、殺人未遂事件まで起こってしまったことで、メンバーから「怖くて握手なんかできない」という声が噴出しているという。

ただ、この大所帯アイドルグループにとって握手会は重要なビジネスモデルでもある。イベントに参加する握手券は通常、CDを購入すると封入されている特典のひとつとなっており、同じCDを大量に買わせることで音楽チャートのランキングを上位に上げてきた。また”会いに行けるアイドル”という売りが、CDを大量買いする熱狂的なファンを生み出している。「もし握手会をやらなくなったら、CDセールスとファン熱を同時に失うことになる」と、スポーツ紙の芸能記者も話す。

「AKBグループの場合、ルックスや歌、ダンス、トークなどアイドルに必要なレベルは、ピンで活動できているほかのアイドルに比べて劣るところも多い。それをカバーしているのが”AKB商法”と呼ばれるビジネスモデルなので、今回の事件はその弱点を突かれたもの」(同)

AKBグループの生命線となる商法を続けるため、関係者からは「透明プラスチック板の仕切りを作って小さな穴を開け、ファンに手だけ差し入れてもらうという安全策もある」という話も出ているようだが、いずれにせよ握手会などイベント自体に見直しがありそうだ。[日刊サイゾー]
http://www.cyzo.com/2014/05/post_17277.html

■AKB48グループカスタマーセンター長の戸賀崎智信氏「抜本的な改革をしなければ」

戸賀崎氏の説明は以下の通り。

戸賀崎智信氏

「事件につきましては、既にニュースにもなっているように大島涼、高城、倉持、入山、川栄の第6レーンにて、手荷物を何も持っていない犯人が、突然、入山、川栄の前で凶器をジャンパーの内側から取り出し二人に切りつけました。

そばにいたスタッフが犯人が振りかざした凶器を素手でつかみ、メンバーを守ろうとしましたが、犯人はそれを振り払い、川栄、入山を、襲いました。川栄、入山ともに、手と頭などを負傷し、二人を、身を挺して守ろうとしたスタッフも手に怪我をしました。病院に搬送された後は、医師のみなさんの適切な対応で手術を行っていただき、意識もはっきりしておりますので、ご安心ください」

また、48グループの「会いにいけるアイドル」というコンセプトについて「抜本的な改革をしなければならない」としている。[j-cast]
http://www.j-cast.com/2014/05/26205703.html

■小林よしのり氏のコメント

小林よしのり

今回の事件について、AKB48の熱烈なファンとして知られる漫画家の小林よしのり氏が自身のブログでコメントした。

「AKB48握手会で凶行」とのタイトルで更新された同ブログでは、「入山・川栄らの、骨折した指の手術は成功したようで、ひとまず安堵した」とするも、「握手会や写メ会は、一部の非常識で悪質なファンからの言葉の暴力が以前からあって、メンバーが傷つけられているのを、ずっと心配していた」と綴った。

また、「握手会なしではAKBは成立しない。今回の凶行は、AKBの根幹にして、最大の弱点を突かれた事件である。この事件に関して、日頃からAKBに悪意しか持ってない連中が、早速バッシングを始めたようだが、犯人の動機もわからぬ現時点で無責任なことを言ってると、墓穴を掘るだろう」とも語っている。[リアルライブ]
http://npn.co.jp/article/detail/95516062/

■めざましテレビの『Twitter』が不謹慎なツイートで謝罪

AKB48のメンバーが握手会で男性に切りつけられるという事件があった5月25日。フジテレビ『めざましテレビ』(@cx_mezamashi)のアカウントが

『めざましテレビ』Twitter
『めざましテレビ』Twitter

みんな気になる情報が入ってきたよ!
AKB48のメンバーが負傷した事件のため明日の放送予定が変更になるかも!
メンバーの具合が心配だなぁ?大丈夫かなぁ?

とツイートした。

ファンにとっては、その口調などが許容できるようなものでなかったようで

「不謹慎すぎる」
「舐めてんの?その口調」

といったような批判ツイートが殺到した。

その後、同アカウントは

先ほど、当アカウントの中で不適切かつ不謹慎な表現がありました。 今後、このようなことのないよう気を付けてまいります。 不愉快な思いをさせてしまったみなさまにおわび申し上げます。

と謝罪、先のツイートは削除したようだ。

謝罪と削除が行われたものの、現在もまとめサイトなどでツイートは拡散され批判は続いている最中のようである。[ガジェット通信]
http://getnews.jp/archives/583558

【関連画像】
川栄李奈 プロフと初期~これまでのグラビア特集

【関連商品】



関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 33
    名無しさん 2014/06/02 21:20

    AKBのざまぁな肛門をクンカクンカしたい

  2. 32
    名無しさん 2014/05/28 17:52

    AKB絡みはキチガイばっかり!

  3. 31
    名無しさん 2014/05/28 9:06

    ゆとりモンスター。こいつのオカンは反省無し。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事