TROUBLE

HEADLINE

中山美穂 離婚成立で謎のポエムツイート連発中・・・リスク覚悟で親権放棄した理由とは

女優、中山美穂(44)とミュージシャンで作家、辻仁成(54)の離婚から一夜明けた9日、中山は離婚協議の終結からくる安堵感からか、ツイッターで「あなたがいるから」「疲れが」「どっと」などと、断続的に”意味深”につぶやいた。

中山美穂
中山美穂

その数、10ツイートで1時間10分にも及んだ。財産分与などはなく、親権を持つことになった辻が長男(10)と引き続きパリで生活することも分かった。

8日夜、離婚発表したブログで「今後は息子とふたりで生きていく」と明かした辻に対し、中山は断続的なつぶやきで現在の心境を表現した。

9日午前7時42分、「ありがとうって。心から思う」と辻へのメッセージとも思える言葉でスタート。その1分後には「どっと」「疲れが」とつづり、数カ月に及ぶ離婚協議が終結したことへの安堵感をにじませた。

さらに約30分後、「あなたがいるから」「始まるすべて」と再出発への意欲をみせ、「面白可笑しく」「汚されてしまうけど」と”意味深”なツイートを連発した。

渋谷慶一郎

5月下旬に女性誌で熱愛が報じられた音楽家、渋谷慶一郎氏(41)との再出発を暗示しているのか?

13時間半後の午後10時20分には、自身のツイートを報じるニュースを知ってか、「意味深ですって。笑」とつぶやいた。

辻仁成

今回の離婚について関係者は「親権は辻が持ち、財産分与などはない」と説明。辻はパリで生まれ育った長男の教育を考慮し、離婚後もパリを拠点に生活するという。

辻はこの日午後、東京・赤坂のTBSで17日に放送される同局系「櫻井有吉アブナイ夜会」(木曜後10・0)の収録に参加。関係者によると、離婚を感じさせない明るさでトークを展開したという。

6月に同番組が密着した自身のパリ生活の映像を見ながら、自宅では毎日料理を作っていたことなどを明かしたが、中山についての直接的な言及はなかった。また、今後の仕事の中心は東京と語り、これまで通り、フランスと日本を行き来するようだ。

一方の中山は現在、パリにいるが、今後の生活拠点が日本になるのかフランスなのかは決まっていないという。ここ数年、露出が少なく待望論が多かった日本に帰ってくれば、独身に戻ったミポリンに仕事が殺到しそうだ。[msn]
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140710/ent14071008050001-n1.htm

■中山美穂が離婚、ブチ切れ理由は夫の異常な性癖!?

女優の中山美穂(44)とミュージシャンで作家の辻仁成(54)が8日、離婚を発表した。3月27日に離婚協議中であることが発覚して以来、中山の新恋人が発覚するなど離婚は秒読みと言われていたが、ついに完全決着した格好だ。

辻仁成

「マスコミでは辻仁成の『中性化』がしきりに報じられていましたが、それは長髪やファッションなどの外見だけの問題ではなかったようなんです」

そう証言するのは二人の離婚スキャンダルを追ってきた芸能記者。中山と辻の離婚協議が発覚する以前に、大阪在住の某ゲイバーママから気になる話を聞いていたという。

「大阪の売れっ子ニューハーフ軍団が、音楽業界の関係者を通して何度か辻さんと食事会を開いているんですが、そこで赤裸々な寝室事情を聞かされているんです。酒も入っていたからかなり奔放な話が飛び出したようなんですが、そこでニューハーフ軍団が一斉にドン引きしたのが”レズビアンプレイ”の詳細。

辻さんは凝り性らしく、外見だけではなく、中身も成りきって夜の生活を営もうとしたとか。そこで『色々なおもちゃを差し出したら激怒された』とこぼしていたというんです」(前出・芸能記者)

以前から中山美穂は頑固で保守的な性格だと業界で知られていた。いくら夫婦とは言え、さすがにこの要求はハードルが高すぎたのかもしれない。[東京BREAKING NEWS]
http://n-knuckles.com/media/entertainment/news001567.html

■離婚成立で浮かび上がった中山の無責任ぶり

スポーツ紙やワイドショーの報道は、辻に振り回された中山が「被害者」という筋立てが大半。その印象のままでいえば、辻が長男を引き取ったのは意外な感じがする。

「離婚協議中の5月に中山は、著名ミュージシャンの渋谷慶一郎氏との交際を女性誌にスッパ抜かれた。離婚届を辻に渡した後に中山が向かったパリには渋谷氏が滞在しており、彼女はカレとの再婚を強く望んでいる。

子どもがいれば、再婚の”障害”になるという気持ちもあって辻に親権を譲ったようです。たとえ、親権をめぐって争っても『不倫』の事実がある中山が不利になり、仮に勝ち目があったとしても泥沼化は避けられませんから彼女に選択の余地はなかったでしょうが…」(芸能関係者)

離婚を経てシングルマザーとして活躍している女優やタレントは多く、中山もそうなればイメージは決して悪くならなかった。それどころか、同世代をはじめとした多くの女性の共感を得ていた可能性もある。だが、子どもを捨てて新しいオトコの元へ向かったとなると、あまりにも大きなイメージダウンといえるだろう。

辻仁成-バンド活動

この事実によって報道の矛盾も浮き彫りになった。離婚問題が報じられた直後、一部スポーツ紙は「辻がバンド活動にのめりこみ、事実上の母子家庭になっている」と伝えていたが、それならば中山が10歳の長男の親権をあっさり諦めたというのは不思議な話だ。

「中山の所属事務所は”芸能界のドン”こと周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションの系列会社。アイドル時代からの功労者ということで、中山はバーニングの中でも別格の扱いを受けています。

今回の離婚騒動ではバーニング側が懇意にしているスポーツ紙やワイドショーに圧力を掛けて、世間が中山に同情し、辻をバッシングする報道の流れに持っていった。しかし、バーニングの息の掛かっていないメディアに中山の新しいオトコがスッパ抜かれて事態は一変。

いまだに離婚報道で中山を擁護しているスポーツ紙も多いが、かなり苦しい論調。そのうえ息子の親権放棄ですから、無責任で自分勝手なのは辻ではなく中山だったといわれても仕方ない」(週刊誌記者)[メンズサイゾー]
http://www.menscyzo.com/2014/07/post_8012.html

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無しさん 2014/07/11 0:33

    離婚ってのは自分の人生を取らなきゃできないって。
    じゃなかったらする必要ないんだから。

  2. 1
    名無しさん 2014/07/10 22:42

    どうせなら、もっと早く決断してもね、、

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事