TROUBLE

HEADLINE

リークしまくりだったNHK紅白歌合戦裏情報・・・ゆず、aiko、コブクロ常連組落選のワケ

大みそかの『第65回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が同局より発表された。

しかし発表に前後して、メディア関係者の間では出場者のフライング情報やリーク説が飛び交うなど、NHK関係者をピリピリさせる事態が起こっていたようだ。そこで今回は、「どこも報じない」紅白にまつわる裏情報をお届けしよう。

□ 常連組落選の原因はジャニーズ&AKB48枠増加

紅白落選 aiko
今回、初出場を決めたアーティストより世間を騒がせたのが、常連組の”落選”だったようだ。

「初出場で驚かれたのはV6くらいのもので、薬師丸ひろ子に関しては『なぜ今年?』という感が強かった。

むしろネット上で話題になっているのは、ゆずやコブクロ、aikoといった常連組の落選です。

次々と出場枠を増やすジャニーズやエイベックス、AKB48勢に対応するには”リストラ”も必要ですが、結果的に初出場組よりそちらに注目が集まるという、悪循環が続いていきそうですね」(芸能ライター)

□ 出演者&関係者の当落”誤爆”が多発!

そして内定”報道”に留まらず、発表を前にしてアーティスト側が出演を認めてしまうのはやはり問題だ。

「報道に対してTwitterで『卒業』と断言した浜崎あゆみは論外として、初出場のHKT48・村重杏奈がGoogle+で

HKT48村重杏奈 紅白フライング
『紅白出場決定だってーーーーーー うれしい!!!!』と発言。

その後間違いに気付いたのか『正式発表まだなんだ』と訂正しました。

さらに今後大問題に発展しかねないのが、日刊スポーツの音楽担当S記者がトークライブアプリ・755で『今日はHKTの紅白出場会見がある』と、午前中に明言してしまったこと。

『軽率ではありますね』という注意喚起に対して『そう言われると、また皆さんと遊べなくなっちゃうので、気を付けてください』『うっかりを演じるリップサービス、エンターテインメントがあるってことを覚えておいてください(^_^;)』と言い返すなど、開き直るような態度を見せていました」(スポーツ紙記者)

□ 出場者情報を漏らしまくりだったエイベックス

ルール違反を犯した上に開き直りとあっては、世間だけでなく業界関係者が首をかしげてしまうのも当然だろう。しかし”フライング情報”の出処は歌手やマスコミではなく、実はレコード会社がメインなのだという。

「各アーティストのスケジュール調整が必要なだけに、事務所よりも先に出演決定情報が届くのがレコード会社ですからね。しかし今年のエイベックスは、浜崎の落選を始めとしてV6、『アナと雪の女王』に『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系)コーナーと、数多くの当選情報を親しいメディアに流しまくっていました」(レコード会社関係者)

□ 小林幸子”武道館ガラガラ”で落選か

そして業界内で「カムバック枠」として注目されていたものの、結果的に落選となってしまったのが小林幸子だという。

「一昨年の事務所独立騒動で、『紅白』から”干されてしまった”小林ですが、NHKとしては豪華衣装というコンテンツは捨てがたい思いもあり、『紅白』キャスティングに大きな影響力を持つ”芸能界のドン”ことバーニングプロダクション・周防郁雄社長からも出演の許可を取り付けていたんです。

本人も先日の日本武道館公演では、集まったマスコミに『NHKの方も見に来てくれていました』とアピールするなど色目を使っていたものですが、実際には客席はガラガラ。

動員数は6,500人と公表されましたが、数字を盛っていいたのでは。まぁ盛っていたとしても、最大キャパシティー1万3,000人の半分の数字だけに『紅白』落選も仕方ないことかもしれません」(前出・記者)

こばやっしー 紅白落選
最近では、ふなっしーならぬ「こばやっしー」なるゆるキャラまで登場させるなど、もはや迷走状態の小林。

今年はコミックマーケットへの参加やボーカロイドCDの発売など、オタク業界へのアプローチが話題になったが、「その裏では『紅白』のために年末のスケジュールを空けておくなど、結局は紅白復帰に未練タラタラであることが伺えました」(同)という。

毎年『紅白』をめぐるすったもんだはつきものだが、今年は本筋よりもこちらの方が話題性を含んでいたかも?

[引用/参照:http://www.cyzowoman.com/2014/11/post_14299.html]

□ 中島みゆき 発表6時間前に決断

中島みゆき 紅白
関係者によると、紅白の柴崎哲也チーフプロデューサーが前日25日午後10時半ごろ、東京・赤坂ACTシアターで長期公演中の音楽劇「夜会」を終えた中島のもとを訪問。

本人には会わずスタッフに「ぜひ出演願えないか。あす(26日)発表です」と伝えた。中島側がオファーを受けたのは、これが初めてだった。

スタッフから伝え聞いた中島は「そうですか」と、その場で出場の是非は決めなかった。「出場します」とスタッフに電話をしたのは、この日午前8時ごろ。午後2時の発表の6時間前だった。

NHKには、あえて直前にオファーすることで、公演中の中島を気遣ってきたことを強調する狙いがあったようだ。中島の性格を熟知し”かけ”に出たとみられる。

[引用/参照:http://www.sponichi.co.jp/]

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2014/11/28 22:19

    犯罪者ばかりだな。長渕、オカマきよし、アキコ、暴たかし、、、ジャニとAKB系列とエイベックス、、、つまんねぇ。 年越しはTSUTAYAだな

  2. 2
    名無しさん 2014/11/28 12:32

    常連組落選のワケは?

  3. 1
    名無しさん 2014/11/28 5:41

    米国産 黒豚・Sex-Zは何故出演?

    言ったらきりがないけど…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事