TROUBLE

HEADLINE

平子理沙が痛キャラ化!?画像加工被害を訴えに違和感続出!!劣化に自覚なし!?被害妄想!?の声

吉田栄作の妻でタレントの平子理沙(43)が、ブログで読者からの「良いコメント」が勝手に消えている現象を報告。


平子理沙


平子さんは「何度書いてもコメントが消されてしまう!」といった声が長年のファンから複数寄せられたことから、ブログ運営元のアメブロに問い合わせたという。

ところがアメブロ側は「ネガティブなコメントしか消していない」とのこと。もちろん平子さん自身も消した事実はないため、不思議に思ったようだ。

また、以前からインスタグラムやフェイスブックのフォロワー数が百~千単位で減ったり、ポジティブなコメントが削除されたりすることがあったそうだ。

さらに、Amazonや楽天ブックスの自身の著書販売ページでも、「良いレビューだけがどんどん消されている」としたほか、

「わたしをネットで検索すると、ネガティブで悪質な事を書いたサイトや変に加工された画像で埋め尽くされたり、言ってもいない事、やってもいない事をあれこれ書かれてとても酷い状態」と訴えている。

平子理沙 全盛期
平子といえば、40代半ばに近いとは思えないガーリーな雰囲気やパンパンにうるおった美肌で、女性ファンの支持を得ている。

アメーバブログ、Instagram、Facebookでの活動報告も盛んで、トークライブアプリ・755ではファンとの直接の交流も行うなどネットを大活用している。

そんな平子が遭っているという被害、平子が専門家の知人に相談すると、どうやら悪質なネット操作業者が絡んでいるのではないかというのだ。

平子いわく、

「年間で何百万円か払うと自分に都合の良いサイトを作ってもらえ、検索でそのサイトを上位に上げて、自分に都合の悪い検索ワードやサイトを検索にかからない様にする」

「狙ったターゲットのネガティブなサイトを沢山作り、ネガティブな画像や検索ワード、ネガティブサイトを上位にして悪評やイメージダウンを狙う」

「昨日の深夜にも目の前で、良いコメントが消される瞬間を見てしまいました」と、具体的なエピソードまで挙げている。

ほかに、フォロワーや「いいね!」もこうした業者から数十円で購入することができるといい、

「フォロワー数の操作なんて簡単に上げたり下げたり出来るそうです。お金さえ払えば悪質なコメントを書き込んだり良いコメントを消したりするのも簡単にやってくれる。なので、このブログのコメントもそういう業者に操作されてる可能性があります」

と、アメブロのコメント欄が操作されている可能性を指摘した。

これを知ったネットユーザーからは、

「わざわざ数百万円使って、平子を潰す人なんているの?」

「”変に加工された画像”なんて、探しても見当たらないけど……」

「操作業者はさておき、画像の加工は被害妄想では?」

「リアル『ヘルタースケルター』にならなければいいけど……」

「もし、修整なしの自分の顔が受け入れられないのだとしたら、今後のメンタルが心配」

などの違和感を覚えるという声が相次いでいる。

すでに痛キャラ化しつつある平子を検索サイトで調べてみると、

「平子理沙」の名前だけで劣化を指摘するまとめサイトがズラリと勢ぞろい。

「長年、幅広い年齢の女性から支持されてきた平子ですが、ネットでの活動が目立ってからというもの、整形や画像修整を疑う声が増加。

さらに『にじいろジーン』出演時には、テレビのキャプチャ画像がネットで拡散され、『私の知ってる平子理沙じゃない』『顔パンパン! ヒアルロン酸の打ちすぎかな』『シルク姉さんかと思った』と騒ぎに。


平子理沙 劣化
2011年|2014年

平子の言う”変に加工された画像”がこれだとしたら……。そうではないことを祈るばかりです」(芸能ライター)

[引用/参照:http://www.cyzo.com/2014/12/post_19673.html]

□ 悪質ネット操作業者の存在

アメブロを運営するサイバーエージェントに取材すると、広報担当者は、

「アメブロでは、誹謗中傷や暴力的なコメントはシステムと目視によって削除しています。当社で削除したものは履歴で追うことができますが、その中に平子さんの指摘するポジティブなコメントはありませんでした」

と説明した。ネガティブでないコメントが消えて困っているという報告は他に受けていないそうだ。

他にコメントを削除できるのは、ブログを持っている人とコメント投稿者のみであり、IDとパスワードを知らない限り第3者がコメント欄をいじるのは不可能である。ということは業者がパスワードなどを入手してコメントを削除したのだろうか。

広報担当者は、平子さんが指摘している業者について「そうした業者が実在するかどうかは確認できていません」とした。ただし、同様の被害の訴えはこれまでにはないという。一方、平子さんのブログでシステムエラーが起きた可能性については否定し、コメントが自動的に消えてしまうことは「考えにくい」と話した。

特定の人物のイメージダウンを請け負う業者が「ない」とは言い切れないものの、ネットでは平子さんが指摘したものをすべて業者の仕業とするのには無理があるとの声も少なくない。

特に指摘の多いのが検索結果についてだ。グーグル検索で「平子理沙」を入力すると、1ページ目は公式ブログ、Wikipediaと続き、その下に2ちゃんねるのまとめサイト記事が複数表示される(12月2日時点)。

多くは雑誌掲載写真とテレビ出演時のキャプチャ画像を比較して「劣化した」「整形?」などと書かれたものである。

しかしこれらの画像は転載されているに過ぎず、「変に加工された画像」ではない。

整形疑惑も女性タレントにはつきものだ。2ページ目以降も同様のまとめが目立ち、その他ではネット上の噂をまとめた個人ブログがあるが、この類は平子さんに限らず、有名人を検索すれば必ずと言っていいほど出てくるものだろう。

平子さんの「悪質サイト」や「変に加工された画像」がこれらを指しているのであれば、業者の仕業というのは少し難しいかもしれない。

[引用/参照:http://www.j-cast.com/2014/12/02222206.html?p=all]

【関連用語】
・ネガティブキャンペーン
ネガティブアドなどをからめて行う、選挙のライバル候補や他社商品に対する徹底的な誹謗(ひぼう)・中傷キャンペーン。ネガキャン。

・ネガティブアド
他社製品や敵対する相手の欠点・弱点・悪口などを大げさに取り上げ、視聴者や読者に製品や人物のマイナスイメージを増幅させることを意図した非難広告。また、そうした宣伝手法。

・ネガティブSEO/逆SEO
検索エンジンにおいて、ある特定のウェブサイトが検索結果の下位に表示されるよう対策を施すこと。ある企業や個人について誹謗(ひぼう)中傷を書いたウェブサイトに対し、多数の類似サイトを作成して、相対的に検索結果の順位を下げるなどの手法がある。

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2014/12/11 18:37

    今週のぬーベー抜きどころあるかな?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事