TROUBLE

HEADLINE

AKB48盗撮されていた!着替えからトイレまで隠し撮り映像15時間の超大作!犯人は元役員の野寺隆志

AKB48メンバーの着替えやシャワー、トイレなどを盗撮した大量の動画や画像の存在が「週刊文春」の取材により明らかとなった。週刊文春はこのデータを入手。検証したところ、犯人はオフィス48の元取締役であることが判明した。

犯人はN(38)。2005年からAKB48に関わり、07年から10年までは、メンバーが多数所属するオフィス48の取締役を務めた男性だ。

動画ファイルは計75本、撮影時間は計15時間以上。画像は200枚以上に及ぶ。



AKB48メンバー盗撮事件



撮影時期は09年から10年。撮影場所は本拠地である秋葉原のAKB48劇場の楽屋から、脱衣所、滞在先ホテルまで多岐にわたり、NHK紅白歌合戦の楽屋を盗撮した動画もあった。

週刊文春は、運営幹部にデータの一部を提示した上で、今後の対処についてコメントを求めたが、運営会社AKSは「今の段階で事実関係を確認できていないため、コメントは差し控えさせて頂きます」と回答。

05年の旗揚げ公演から今年で10周年。少女たちを預かる運営側の危機対処と管理責任が問われている。

[引用/参照:http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4953]

□ 犯人はオフィス48元役員の野寺隆志

<動画のひとつを開く。画面はホテルの一室でカメラをセッティングする黒いTシャツの男を映し出す。長髪の男は角度を確認すると、小走りに部屋を出る。

その一分後に入ってきたのが人気メンバーのA子だ。A子は当時未成年。上は黒のTシャツ、下は白いジャージのパンツを穿いている。 その後ろから男も一緒に入室。

(中略)

男が退出すると、痩せてすらりとした体型のA子は、ジャージのパンツ、ストッキング、パンツを順に手早く降ろす。露になる臀部。A子は、あらかじめ用意されていた白いビキニの水着のパンツを穿き、次に上半身の着替えにかかる。

(中略)

そうして緑や黒、ピンクなど計五種類の水着の試着を終えたのだった>

『週刊文春』の巻頭スクープは衝撃的である。AKB48のメンバーが所属している「オフィス48」の元取締役だった野寺隆志氏(38)が、こともあろうにAKB48の女の子たちを「盗撮」していたというのだ。



オフィス48元取締役 野寺隆志



彼は2010年に「一身上の都合」で退社しているが、13年に小学生の女子児童に対するわいせつ行為で逮捕され、実刑判決が出ている。

その取り調べの際に、ライターやボールペン状のカメラで盗撮をしていたと白状しているのだが、なぜかその件では立件されていない。

その膨大な盗撮動画や写真を週刊文春が手に入れたのである。動画は15時間75本もあるそうだ。冒頭に紹介したシーンはその一部である。

野寺というのはどんな人間だったのか。

<「野寺さんは幹部の中でも現場に近い人。マネジャーのリーダーみたいな立場でした。同じくオフィス48の取締役で、劇場支配人でもあった戸賀崎(智信)さんの次に発言力があった。

でも、野寺さんは権力をひけらかすことなく、現場スタッフに人気でした。お酒が好きで、後輩を飲みに連れて行ってくれたり、上に内緒で深夜にAKB48劇場を開放して、クラブイベントみたいな飲み会を開いてくれたこともありました」(元AKB関係者)>

AKB48のメンバーも気さくな彼に気を許していたという。その人間が自分の邪悪な欲望を満たすために盗撮を繰り返していたというのだから、彼女たちにとっても衝撃的だろう。

週刊文春によれば、<さらに悪質なのは、全ファイルの三分の一以上に上るトイレ盗撮だ。他の動画と同様、まずカメラをセットする野寺が映り、その後にメンバーが次から次へと映り込み、用を足す。

その場面だけを切り取り、集めた上で、メンバーの名前を冠したファイルも存在した>というのだから、怒りと恥ずかしさで卒倒する女の子もいるだろう。

野寺は今年の初めに出所している。

彼をインタビューしているが、ほとんど喋らずに逃げてしまったそうだが、それはそうだろう。週刊文春はある運営幹部に証拠の一部を提示した上で、今後の対応について訊ねたそうだが、運営会社AKSからはこんな回答しかなかったそうだ。

「今の段階で事実関係を確認できていないため、コメントは差し控えさせて頂きます」

05年のAKB48の旗揚げ公演から今年で10年になる。

<記念すべき節目の年に発覚した、この『重大事件』を無かったことには出来ない。野寺本人の罪は言うまでもないが、いま問われているのは、少女を預かる運営側の危機対処と管理責任なのである>(週刊文春)

現・元メンバーやその親たちに、運営会社や秋元康たちは何というつもりなのだろう。彼らはこの事実を警察から知らされていた可能性は十分にあるはずだ。

また、この前代未聞の盗撮動画がネットに流れないという保証はない。そうなればAKB商法が根底から崩れることは間違いない。こうしたものが発覚するというのもAKB人気の終わりの始まりであろう。

[引用/参照:http://www.j-cast.com/tv/2015/03/26231434.html]

【関連リンク】

楽屋、更衣室、トイレ、ホテル……で卑劣な盗撮!|週刊文春デジタル

【関連画像】

AKB48 盗撮画像
AV顔負けの盗撮映像!着替え、シャワー、トイレ・・・文春が入手したAKB48盗撮画像がコチラ

【関連商品】



関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事