TROUBLE

HEADLINE

流出したら古舘伊知郎のキャスター生命に幕。隠し撮り恫喝テープの存在

発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が、テレビ朝日系の報道番組「報道ステーション」で3月27日に生じたゲストコメンテーター古賀茂明氏が自身の降板を巡り、古舘伊知郎キャスターと異例の口論になった件での内幕を報じている。



古舘伊知郎



週刊文春では、古舘氏のキャスター生命がかかっているような2本のテープがあると報じているのだ。確かに、問題となった27日の放送中には、口論において古賀氏が古舘氏を睨みつけつつ、こんな発言をしていた。

「私、全部(古舘とのやり取りを)録音させていただきましたので、そういう風に言われるのであれば、全部出させていただきます」

恫喝のようにも聞こえる口ぶりで、視聴者も気になった人が多いに違いない。

その内容が気になるところだが、週刊文春が報じるところでは、流出したら古舘伊知郎のキャスター生命が終わる2本の隠し撮りテープの存在を報じている。そのうちの1本は、同番組の2月25日の放送中に行われたものだという。

フランスの『ル・モンド』紙の記事を紹介しようとして、別の記事を紹介してしまった誤報を担当者に古舘氏が叱ったそうだ。

放送終了後に古舘氏が怒鳴った言葉は、

「俺はヤクザと一緒だ。身体張ってやってんだ! お前らサラリーマンとは違うんだ」

もう1本は、また別の日に古舘氏が個室に呼び出した番組スタッフに対して恫喝したもの。

何でも、暴力団の実名を挙げて「俺のバックには、組が付いている」と怒鳴ったらしい。

古舘氏の事務所は同誌に対して、「そのような発言は一切しておりません」と回答したというが、万が一流出したら、古舘氏のキャスター生命は幕を閉じることになる”爆弾”に違いない。

「古賀氏にも名指しされていた、古舘氏の事務所の会長はコワモテとして知られているだけに、”黒い交際”もささやかれている。

それだけに、古舘氏もついつい気が大きくなってしまい、軽々しく発言してしまったのでは。今ごろ、古舘氏は戦々恐々だろう」(週刊誌記者)



古舘プロジェクト 佐藤孝社長は闇金の帝王
※クリックで拡大



すでに放送内容については謝罪をしたテレ朝だが、尾を引いている一件だけに、その他の経緯についても局で調査して明らかにしたほうがいいのではないだろうか。

[引用/参照:http://npn.co.jp/article/detail/00279942/]

□ 隠し録りしたテープが上杉隆氏の手に?

週刊文春には、古賀氏の性格が”あらゆることに被害妄想”するタイプであり計算高いということで、電波ジャックにはウラの目的があるはずで、例えばロンドンブーツ1号2号の田村淳と組んで反原発の党を立ち上げるという噂もある、といったことも書かれてる。

また、古舘氏の発言を隠し録りした2本のテープが上杉隆氏の手に渡っているとの情報が駆け巡り、局内は戦々恐々、報ステ内部ではさらに深刻な事態だとも。

テープの存在が事実なら、一体誰が何の目的で録音し、上杉氏に渡ったのか。文春が上杉氏に問い合わせると、こう答えた。

「ごめんなさい。その問題は別の媒体で書いているので、話すことはできない」

ただ、文春が言っているテープは、報ステで明言していた古賀氏との会話ではなく、これとは別の誰かが隠し録りしたテープのようだ。

世間では、さすがに古舘がこんな馬鹿なことをするはずがないと記事を批判する声が多く、また証拠として音声を流さないことから胡散臭いという声が多い。

□ ネットの声

・あるんならだしなはれw 出せないんならないってことですがなw

・古館にどんなバックがあろうとこんな啖呵切れる度胸ないわwwあのなで肩みりゃわかるだろ

・潰し合え(*´艸`*)

・古賀とのやりとりじゃねーじゃねーかw その時点で胡散臭すぎるわ

・これはフザケタ記事なんじゃなくて かこつけて 事務所の事を書いてるんだと思うよ

・極道ステーションだったのか

・こういうのって絶対流出しないよね、なぜなら存在しないからw

【関連記事】
【続報】報ステ・・・あの時、スタジオでいったい何が起きていたのか!?


【放送事故】「報ステ」古賀氏が生放送中に降板内情暴露!古舘が大慌てでバトルに!

【関連商品】



コメント

  1. 1
    名無しさん 2015/04/07 1:39

    最大の問題は報道に政府が介入してること。報ステは客観的に見てもおかしな報道の仕方ばかりだもん。どこ見ても古賀氏の言動ばかり取り上げられてるけど、論点がずれてるよ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事