TROUBLE

HEADLINE

【文春vs新潮 代理戦争】事務所主導の能年潰し?罵倒テ―プをチラつかせ担当マネは休養とネガキャン開始?

ゴールデンウィーク直前に突如巻き起こったのが能年玲奈の洗脳騒動だが、ここにきて所属事務所サイドが本気で”能年潰し”を画策しているとの情報が駆け巡っている。



能年玲奈 洗脳騒動の行方は



「なんでも、能年が事務所に対してヤンキーのような口調で罵倒しているテープがあって、それが近く週刊誌にリークされるらしいんです」(芸能関係者)

いったい何が起きているのか。

騒動の発端はもちろん、能年の洗脳騒動。能年が所属事務所・レプロエンタテインメントに無断で個人事務所を設立、その背後には演出トレーナーの滝沢充子氏の存在があり、能年は滝沢氏に洗脳されていると複数のメディアが書き立てたことだった。

だが、これに対し洗脳説を真っ向から否定したのが「週刊文春」(文藝春秋)5月7・14日合併号だった。

同誌には能年がNHK朝ドラ『あまちゃん』ブレイク以降もいかに事務所から冷遇されていたかが詳細に描かれており、さらに翌号では能年の母親が取材に応じ、「洗脳はありえない」とのコメントを掲載したのだ。

そしてこれら記事に激怒したのがレプロだった。

「記事には明らかに能年本人やごく親しい人間しか知り得ない情報が書かれていました。そのためレプロは『週刊文春』に情報をリークしたのは能年本人だと決めつけて、さらに態度を硬化させたようです」(芸能事務所関係者)

実際、事務所サイドはすでに反撃を開始している。5月20日に発売された「週刊新潮」(新潮社)5月28日号が、「週刊文春」の記事内容をことごとく否定するかのような記事を掲載したのだ。

例えば、月5万円とされる能年のギャラについて、”事情を知る業界関係者”が登場し、記事はこう全否定。

「確かに最初は月給5万円でしたが、『あまちゃん』の放送が始まった13年夏には20万円に増額されたし、夏と冬合わせて200万円以上のボーナスも支給されている」

「昨年は夏冬合わせて800万円ほどのボーナスが支給されています」

さらに、極端な人見知りの能年に口をきいてもらえず、精神的に追い込まれ通院したマネージャーもいるなどの証言も掲載されていた。

『あまちゃん』放映後に月給20万円というのは、ロケ先で立替払い等があったらすぐに底をついてしまう額で、けっして高いとはいえないと思うが、いずれにしても、これらの情報は事務所サイドしか知り得ない話。明らかにレプロからのリークと考えていいだろう。

しかも、こうした能年攻撃はまだまだ続くようで、それが、冒頭で紹介したテープの流出だ。

「『週刊文春』の記事が出た後、事務所は『話し合いをしたい』と能年を呼び出したのです。

その席で、双方かなり激しい口論になったのですが、その様子をレプロが録音していて、マスコミに流出させるかたちで記事にしようとしている」(前出・芸能関係者)

この記事はすでに事務所側に立って反論を掲載した「週刊新潮」が第2弾でやるという情報もある一方で、新たに「女性自身」(光文社)か「女性セブン」(小学館)にリークしたとの説もある。

いずれにしても、レプロは最初から話し合いの様子を盗録するつもりで能年を呼び出したと言われる。そして、そのテープを公にすることにより、能年のイメージダウンを図ろうということらしい。

だが、正式に独立したわけでもない自社タレントに対して、ここまでのイメージダウンを仕掛けるというのは、芸能界においても滅多にあることではない。

例えば、中山美穂のケースのように自社タレントの恋愛を阻止するために、破局情報や熱愛相手のネガティブ情報を流すことはあるが、それは商品であるタレントの価値を守るためで、ひいては事務所利益のためだ。

しかし今回のレプロによる能年潰しは、双方何の利益ももたらさない。

まさにレプロvs.能年の全面戦争というべき事態だが、こんな泥沼に陥ってしまったのはレプロの芸能事務所としてのマネジメント能力が低すぎたからだとの指摘もある。

「レプロは長谷川京子や新垣結衣、吉川ひなのなどモデル出身者を女優として、タレントとして育てた手腕が評価されている事務所です。

しかし、多くのタレントたちは、一度はブレイクするもその後が続かない。そのためレプロのマネジメント能力に疑問をもつ関係者は多い」(芸能プロダクション幹部)

確かに吉川ひなのにしてもモデルから女優に転身し、タレントとしてバラエティでも活躍したものの、現在では露出も大幅に減っている。現在は再婚し一児の母となっているが、芸能界で増殖中のママタレとしての展開もない。

長谷川京子にしても女優として出演作品は多いが、かつてのカリスマ的存在感はない。

また、レプロ社長の秘蔵っ子で、能年よりも重用したとされる川島海荷にしても、事務所の大プッシュで女優として売り出したが、なぜか売れないアイドルグループ「9nine」に投入されるなど迷走状態だ。

「能年にしても、人見知りやこだわりが強く、扱いが難しいのは確かでしょう。しかし、それを上手にマネジメントできる人材がレプロにはいなかった。

大体、レプロも能年を干すつもりなどなく、『あまちゃん』ブレイク以降はプロジェクトチームを立ち上げて売り出し戦略を考えていたのです。

しかし、そこでまったくいいアイデアが出ず、空中分解状態になった。能年とのコミュニケーションも取れず、お互い疑心暗鬼になったというのが今回の騒動の本質でしょう」(同前)

とはいえ、全面戦争に突入したかたちとなった両者の溝は深い。しかもレプロの能年の契約は2017年まで残っており、そうなると能年は今後2年仕事ができない事態に陥るのだ。

絢香、鈴木あみ、沢尻エリカなど事務所とトラブルになり干された芸能人は多いが、このまま表舞台から消えてしまうには、能年の存在はあまりにも惜しいと思うのだが……。

[引用/参照:http://lite-ra.com/2015/05/post-1129.html]

「先生」のことには取り乱して激高する能年?



能年玲奈 担当マネージャーと確執?



昨年4月、能年の担当マネージャーだったX女史が長期の休養に入った。

「彼女は過度なストレスから体調を崩し、会社に行けなくなってしまったのです。Xさんは、能年さんから投げかけられる厳しい言葉に悩んでいました」

重い口を開くのは、X女史から「能年問題」で相談を受けてきた知人のA子さんだ。X女史は事務所の俳優部門を統括する総責任者を兼務していた。

競争が激しい業界で長く働き、経験も豊富な彼女が出社できなくなるほどの「言葉」とは何だったのか。A子さんが語る。

「能年さんが変わったのは『あまちゃん』の放送が始まる直前の2013年春頃。それまでは天然キャラだったのに、撮影現場で事務所のスタッフを無視することが増えたそうです。

Xさんが注意すると、”これが私の普通なんですけど!”と大声で返してきたそうで、Xさんは困り切った様子でした」

X女史は、最初は慣れない長丁場の撮影にストレスを感じているのだと、むしろ心配していたという。

ところが、「現場マネージャーが挨拶しても目を合わせなかったり、舌打ちをしたり、大声でマネージャーを非難したりすることが続いたそうなのです」(A子さん)。

テレビから受ける能年のイメージからはほど遠い証言だが、あまちゃん終了後もその傾向は続いたという。

能年の感情の起伏が大きくなりやすいキーワードが「先生」だった。A子さんが話す。

「『あまちゃん』終了後、能年さんは現場に演技アドバイザーを連れて行きたいと事務所に要望したんです。

Xさんが、撮影現場に部外者を連れ込むべきではないと彼女に電話でいったら、”なんでダメなんだ? 先生をバカにしないで!”と大声でまくし立てられたそうです。

決して『先生』をバカにしているわけではないのに数分間も電話口で怒鳴られたそうです」

この「先生」とは、もともと事務所と契約していた演技指導者で「魅力開発トレーナー」の肩書きを持つ滝沢充子氏(現在は能年が今年1月に設立した会社「三毛andカリントウ」の役員に名を連ねている)。

能年自身も取り乱したことは反省したようで、謝罪してきたという。

「Xさんに大声を出したあとは、電話やメールで”さっきはすみません”と謝るのが常だったそうです。自分をコントロールできなくなっていたのでしょうか。

ただ、それで関係修復とはならず、すぐにまたメールで”あなたは私の恩師をバカにする時は生き生きしていますね””次に私の恩師をバカにしたら許しません。怒りで仕事どころじゃなくなる”などと逆にヒートアップするときもあったそうです。

鎮めようのない怒りの電話が深夜まで続くこともたびたびあって、Xさんは精神的に参ってしまったのです」(A子さん)

芸能界では、アクの強い芸能人が事務所に対して自身の考えを強く主張するのは珍しいことではない。それに対してうまくマネジメントするのも事務所の役割だ。

能年の場合も、事務所に自分の考えを主張しただけだったなら、言い方はともかく必ずしも間違った行動ではない。

若くして突然スターダムにのしあがっただけに、事務所のバックアップ態勢や役割を理解できずに、「業界の大人たち」に向かって「なぜ私のことをわかってくれないのか」という思いもあったのかもしれない。

ただし、事務所ではX女史だけではなく、直接、撮影の場に立ち会う現場マネージャーも疲労困憊していたようなのだ。その結果、たびたび担当が代わった。能年はそれに対しても不信感を抱いたのかもしれない。

[引用/参照:週刊ポスト2015年6月5日号]

http://www.news-postseven.com/archives/20150525_324544.html

【関連リンク】
GOSSIP BBS07′ nounen 能年玲奈オフィシャルブログ – ヤプログ!

本人は騒動もまるで他人ごとの呑気なブログがホントの姿?

【関連画像】
能年玲奈 グラビア
能年玲奈 露出チョイ高グラビア画像まとめ

能年玲奈 あまちゃん お宝
能年玲奈『あまちゃん』まさかの具が出た?まんチラ、パンチラ他お宝シーン特選画像!

【関連商品】



関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事