TROUBLE

HEADLINE

今井雅之さんお別れの会 中居正広の目に涙・・・遺言は「検査しろ」

 大腸がんのため5月28日に54歳で亡くなった俳優今井雅之さんのお別れの会が16日、都内のホテルで行われ、SMAP中居正広(42)ら約600人が訪れた。

tr20150716-1

 多忙の中、駆けつけた中居は、取材陣の目を避けて会場入り。

場内で今井さんの舞台や映画の出演映像が映し出されると、中居は、目に涙を浮かべながらも、画面じっと見つめていた。

中居は95年のテレビ朝日系ドラマ「味いちもんめ」で共演し、当時は仲がいい方ではなかったが、その後、うち解け、深い親交があった。
tr20150716-2

4日放送のラジオ番組で中居は、今井さんからの「検査しろ」と、遺言のような言葉を受け、検査の結果、喉に腫瘍が発見され、6月に除去手術したこと明かしていた。

 祭壇は今井さんのイメージカラーである赤を基調に、赤のユリ、バラ、カーネーションなど3005本の花で飾られた。戒名は同級生の僧侶が決め、「雅風徹信居士(がふうてっしんこじ)」。

今井さんの名前の雅、風のように太く短く過ぎ去った人生、ライフワークの舞台「THE WINDS OF GOD」の意味も込めた。

徹信は自分の人生を信じ、貫き通した生き様を意味しているという。遺影は同舞台出演時の写真という。

[引用/参照:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1508081.html]

「検査しろ」と遺言

 6月上旬にのどの腫瘍除去手術を受けていたSMAPの中居正広(42)が、除去した腫瘍が「良性」だったことを報告した。

 また、5月に大腸がんのため他界した俳優の今井雅之さん(享年54)からの遺言として「検査しろ」と伝えられていたことも明かした。

tr20150716-3

 中居は4日放送のニッポン放送「中居正広のSome girl’SMAP」で先週6月27日の放送に引き続き、のどの腫瘍の除去手術について話した。除去した腫瘍について、術後3、4日してから医者から「良性」と告げられたことをリスナーに向けて報告した。

しかし、結果がわかるまでの間、「悪性だったら、腹くくらないといけない」と考えたといい、「司会、無理だな。芝居も歌も無理だな。踊りだけ?パントマイムで面白いことができるかな」などと思い巡らせたという。

 愛煙家で知られる中居だが、現在は喫煙をしていないといい、「止めたつもりじゃない、ただ吸っていないだけ」と、禁煙している訳ではないことを強調。

これまで吸ってきたたばこの本数について、自身で計算したところ、「約60万本吸っていた」という。

 喫煙をしていない理由について、中居は2月にがんで亡くなった父の正志さん(享年79)が遺した幾つかの色紙の1枚に「禁煙」と書いてあったからだといい、「それが気になっていたから、それかもな」としみじみと語った。

 また、中居は正志さんのことがあって検査を受けに行っていたというが、今井さんからも検査の勧めがあったという。

今井さんが亡くなった当日、今井さんのマネージャーから「検査しろ」と今井さんの遺言という形で伝えられたのだという。

そのエピソードを明かした中居は「今井さんのこともあって、検査に行って腫瘍が見つかって・・・」と、改めて、友人の死に思いふけていた。

[引用/参照:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1502281.html]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事