TROUBLE

HEADLINE

ざわちん“ものまねメイク”の終焉!?合成 加工疑惑に、「整形したい」発言の真意は

 “ものまねメーク”でおなじみのざわちんが、炎上キャラからの脱却に躍起だと話題になっている。

 ざわちんは、今月19日に放送されるバラエティ番組『しくじり先生 2週連続!!夏休み特別授業SP』(テレビ朝日系)に「スッピン見せたらなんじゃこりゃ!と言われちゃった先生」として登場。

ものまねメークでブレークしたものの、昨年9月にテレビ番組でマスクを外したところ、「ブス」などとバッシングの的に。

そんな経験を生かし、番組では男性に引かれることなくスッピンを見せることができるメーク術「ポンピングメーク」を紹介していくという。

tr20150806-1

 今回、マスクを外したせいでバッシングに発展したかのように語っているざわちんだが、ネット上では放送前から「そこじゃない」の大合唱が起きている。

「ざわちんが叩かれている最たる要因は、ものまねメークの写真に『修整』『加工』『合成』といった、メークを超えたタブー行為が疑われているから。

ネット上では、検証画像が多く出回っており、『画像加工芸人』などと揶揄されている。また、自撮り写真にも修整疑惑が相次いでおり、彼女の過剰な虚栄心も反感を買っている一因といえそう」(芸能記者)

 そんな疑惑に対し、本人は2013年12月、Twitterで「トリミングの仕方や色彩の加工(エフェクト)をよくする」と一部認めながらも、「フォトショとか写真加工とかで顔変えてるとたくさんコメントくるけど、加工で顔を変えてるものまねメイクやったら本だせへんわって思う」と語気を荒げて反論。

さらに、今月4日には突然、「camera360」という画像編集機能を備えたカメラアプリを紹介。

「わたしは色白ではないよ。地黒だよ。だからアプリを使っているよ 色が白く見えるアプリをね!(略)Rosyが一番すき。白くなるのに色がきれいなの」とツイートしている。

「ざわちんといえば、先月18日にブログに投稿した三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣、岩田剛典、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太の“ものまねメイク”に、本人画像との“合成疑惑”が浮上し、ファンから『マジでやめてほしい』などと批判が殺到したばかり。

三代目JSB岩田剛典風ものまねメイクと本人

三代目JSB岩田剛典風ものまねメイクと本人


三代目JSB登坂広臣風ものまねメイクと本人

三代目JSB登坂広臣風ものまねメイクと本人


GENERATIONS片寄涼太風ものまねメイクと本人

GENERATIONS片寄涼太風ものまねメイクと本人

今回、使用しているエフェクトアプリをわざわざ紹介したり、『しくじり先生』で自身を自虐的に語り出したのも、“炎上キャラ”から抜け出したい表れでは?」(同)

 今月には、白に近い髪色にブリーチした新しいヘアスタイルを披露したざわちん。グレーな疑惑の数々も、“白”であることを証明することができるだろうか?

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/10436146/]

「整形したい」発言に見る“ものまねメイク”の限界

“ものまねメイク”でおなじみのタレント・ざわちんが29日、自身のブログで美容整形願望を告白した。

 現在、韓国旅行中のざわちんだが、突如として「鼻整形したいな」(原文ママ、以下同)、「鼻先ツンとしたい」と綴った。だが、「思うだけで勇気がでない」といい、「整形反対派?賛成派?」とファンに投げかけている。

 さらに同日、Twitterでも、以前から“面長”を気にしている彼女は、「#整形する勇気あるなら顔縮ませる」というハッシュタグを付けた自撮り動画をツイートした。

 もともと、2011年頃からフジテレビ系のものまね番組などに出演し、当時AKB48だった板野友美のそっくりさんとして注目を浴びた彼女。

12年以降は、より板野に近づくために、顎や口回りを中心に、ヒアルロン酸注射やボトックス、20本以上を入れ替える歯科治療を繰り返しており、そのプロセスの一部は、美容外科クリニック「東京皮膚科・形成外科」の院長ブログで現在も見ることができる。
tr20150806-5

 これまで、ローラや滝川クリステルなど、本人そっくりのものまねメイクを数々披露し、世間を驚かせてきたざわちん。しかし、昨年後半あたりからは、微妙なものまねメイクをたびたび披露。「似てない」と酷評が相次ぎ、ネタ切れ感が漂っていた。

 また、かねてより“画像加工疑惑”がささやかれているざわちんだが、ネット上ではざわちんの写真と本人の写真と重ね合わせて加工した“合成疑惑”が浮上。検証画像が出回る騒ぎとなった。

「検証画像の限りでは、本人の写真とぴったり合っているように見えるため、ものまねメイクの信用度はガタ落ち。もし、ざわちんが合成写真を『メイクしました』と言い張っているとしたら、ファンを騙していることになりますが、真偽は不明です。

ただ、最近は本人も『似てない、もはや誰?』『ほんとまだまだです』『エフェクトに頼りすぎてごめんなさい』などと、自身なさげにものまねメイクを披露することが増えており、メイクに限界を感じているのは確かなよう」(同)

 昨年9月、「マスクをはずして、私自身のファンも掴んでいきたい」「自分は結構、男っぽい性格なので、おバカなこともできる。バラエティ番組にどんどん出演したい」と語り、“マスク外し宣言”をしたざわちん。

以降、マスクを取った自撮り写真や、谷間を強調した水着写真などを連投し、ざわちんそのものの魅力のアピールに余念がないが、仕事のオファーは依然としてものまねメイクに集中している。

「テレビに出演するたびに、自撮り写真とのギャップが話題になってしまうざわちん。常に画像加工疑惑がつきまとい『写真詐欺師』『虚栄心の塊』などと揶揄されている。

その上、ものまねメイクにまで合成疑惑がささやかれるようになっては、もはや八方塞がり。今回の『整形したい』発言は、そんな現状に追い詰められている表れなのでは?」(同)

 メイクだけで「誰にでもなれる」ということを提示し、絶大な支持を得たざわちん。それを覆すような「整形したい」発言は、ものまねメイクブームの終焉を意味しているのだろうか?

[引用/参照:http://www.cyzowoman.com/2015/07/post_16847.html]

雑で好き。

雑で好き。

【関連アプリ】

『Camera360 Ultimate』Androud
『Camera360 Ultimate』iPhone
アイドルも自撮りで利用頻度の高いベストセラーアプリ

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2015/08/06 21:42

    最後の昔の鶴瓶の写真だけは似てなくても許してやる!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事