TROUBLE

HEADLINE

フジ『グッディ!』土田晃之マジギレ番組批判の波紋…芸人コメンテーターの限界とバカスタッフ

フジテレビ系の情報番組「直撃LIVE グッディ!」が7日に放送した歌手の森進一(67)の直撃取材が物議を醸している。

森は先週、女性誌「女性セブン」の報道で28歳年下のOLと交際中であることが発覚。

「グッディ」のディレクターは森に心境を聞くべく、早朝4時半に自宅近くを散歩している森を直撃し、

「今は幸せいっぱいですか?」
「生活のどの辺に彩りが出ましたか?」
「ごはんの時はピンク色だったりするんですか?」

などとカメラを向けながら質問を浴びせたのだった。

tr20150821-6

この一連の取材VTRに対して番組コメンテーターの土田晃之(42)が

「うるせぇやつだな」
「本当にクソみたいな……」

tr20150821-1

と吐き捨てると、MCの高橋克実(54)も

「森さん、本当に失礼しました」
「一体何をしてたんですか、この番組は」

と取材ディレクターを非難。同じくMCの安藤優子(56)も「見ていて心臓ドキドキしましたよ。申し訳なくて」と同調したのである。

「グッディ」は今回の森に限らず、“直撃LIVE”とうたっているだけに、以前から芸能人への強引な取材方法が問題視されることがあった。

もちろん、80年代のワイドショー全盛期のような芸能人にマイクを突きつける取材手法はそれはそれで問題だろう。

しかし、である。同番組の顔であるMC2人が公然とVTRの内容や取材手法を非難してしまっては、番組制作サイドは立つ瀬がないのではないか。

他局の情報番組プロデューサーがこう話す。

「上から直撃を命じられた現場の若手はやってられないでしょう。MCやコメンテーターが映像を見て“クソみたいな”とかいうのは同じ番組を作っているという一体感や当事者意識に欠けます。

そもそも、生放送ではなく、VTRなのだから打ち合わせの段階で問題アリと判断したら企画を飛ばすか、映像を流さなければいいだけの話。

制作サイドと司会者の間でそうした最低限のコミュニケーションすら取れていないことが図らずも露呈してしまいましたね。視聴率が悪いのも納得です」

先日放送の27時間テレビでも企画を芸人に丸投げしたあげく、BMW破壊事件を起こすなどトラブルを挙げればキリがないフジテレビ。もはや宿痾というしかない“不治の病”には付ける薬なしである。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/10455908/]

フジテレビの失礼すぎる取材に土田晃之ブチギレ

VTRが終わるとスタジオ内の様子は一転し、微妙な空気に変わる。スタッフの取材態度に、出演していた土田晃之(42)が露骨な嫌悪感を示したからだ。司会の高橋克実(54)、安藤優子(56)らも苦笑いだ。

安藤も「心臓がドキドキしちゃいました。申し訳なくて」と恐縮しながらコメント、進行アナウンサーの大村正樹(48)は「直撃チームの中でも、本当に若手のディレクターなんですけども。本当に森さん、失礼いたしました」と、何度も頭を下げた。

tr20150821-2

大村アナがVTRの内容を進行通りにまとめ、

「(交際報道が2人の関係に影響を与えて)壊れちゃうとあれなので、ぜひとも上手くいってほしいなと…」

と締めくくろうとすると、土田がすかさず

「だったら、こういうところでいじんないほうがいいんじゃないですか?」
「何をしてくれてんだって話で」

と、厳しく苦言を呈し、この話題を取り上げている間、笑顔をみせることはなかった。

[引用/参照:http://news.ameba.jp/20150810-791/]

芸能人コメンテーターの限界とスタッフの頭の悪さ

確かに、長時間に渡り、早朝散歩をする森を追いかけ回したやり方はあまりに執拗だったし、そもそもそこまでやる相手か、という疑問は残る。

しかしこうした突撃手法は芸能記者、レポーターにとっては一種の“お家芸”であり、過去スキャンダルや熱愛が発覚した芸能人に対して頻繁に行われてきたものだ。

最近はあまり見かけなくなったが、「グッディ」はそれを復活させたともいえる。

実際、最初は無言だった森も、ディレクターの

「人生に彩りをということで、ご飯食べる時はピンク色だったりとか」

という捨て鉢な質問に、思わず失笑し、その後、ぽつりぽつりと質問に答え出したのだ。ある意味、芸能レポーターの本領発揮ともいえる直撃取材だった。

tr20150821-7

「グッディ」の直撃精神は今回の森だけではなく“マスコミタブー”であるジャニーズ事務所にも向けられたことがある。

それが今年5月26日の中居正広の囲み取材の場だった。

この日「コカ・コーラ ゼロ」のイベントに出席した中居だったが、その直前ラジオで父親が亡くなったことを明らかにしており、主催者からは「プライベートな質問はNG」とのお決まりの説明がされていた。

ところが、「グッディ」のレポーターだけは「(父親の死因である)ガンに対する思いは」などと執拗に質問をし、「安藤さんに聞いてこいっていわれたの」と返されている。

tr20150821-3

しかし、この中居の一件にしても、森のことにしても、それを取り上げたネットニュースや芸能マスコミは「土田が激怒」「執拗な取材に批判」「中居が大人の対応」「グッディがまたやらかした」などと「グッディ」を批判する形でこれを伝えている。

だが、はたしてそうなのだろうか。マスコミタブーである中居のプライベートを果敢に質問したことは芸能レポーターとしては賞賛に値する。

むしろ、問題は芸能ネタを取り上げる番組コメンテーターやMCを同じ芸能人が務めているということだろう。

俳優の高橋にしろ、芸人の土田にしろ、大御所歌手であり大先輩の森のスキャンダルに適切なコメントなどできるはずがない。

実際、大御所だけでなく所属事務所や利権、人脈の関係から、彼らは芸能ネタにはいつも完全に腰が引けている。

さらに言えば、自分たちも「何かあればレポーターに追いかけられる芸能人」という身。

そんな人物たちが同じ芸能人を叩くことはできないし、タブーを破ることなど期待できない。コメンテーターを務めること自体に無理があるのだ。

せっかくの直撃をこうしたMCやコメンテーターといった“身内”に批判されるのだから、スタッフもたまったものではないが、しかし、「グッディ」の場合はスタッフ側にも問題がないわけではない。

たしかに直撃取材やしつこい取材をやっていのだが、覚悟をもってやっているとは到底思えないのだ。

森や中居のケースを見てもわかるように、ただただ、突撃しているだけ。直撃すべき相手、執拗に食い下がるテーマかどうかという判断がまったくない。

そのダメさが露わになったのが、事故死した萩原流行の夫人の2回の会見だ。5月22日に行われた最初の会見では生中継を禁止する約束にも関わらず、それを破り代人弁護士から注意を受けている。

これに対しMCの安藤は「ちょっと現場の取り決めが、私達の解釈と違う部分があったのかもしれません」と仕切りや連携の悪さを露呈させた。

また7月1日に行われた妻の2回目の会見では、番組冒頭から「注目の会見が始まります」「生中継でお届けします」と煽りに煽っておきながら、その内容が警察批判だとわかると、すぐに生中継を打ち切り、話題さえも別なものに差し替えてしまった。

tr20150821-4

確信犯なのか、ケアレスミスによるトラブルなのか、万事こんな調子なのだ。

何をしても一貫性がなく、戦略性もなくグダグダ。現場とスタジオの考えが統一しておらず、何をやりたいのかの方針も不明。現場もスタジオも常にドタバタしていて、統括する人物はいないのかと疑問に思うほどだ。

土田の芸能人利権を守る態度にムカついて、一瞬、スタッフを擁護しようと思ったが、やっぱり、この番組、頭が悪すぎるかもしれない――。

[引用/参照:http://tocana.jp/2015/08/post_7054_entry.html]

コメント

  1. 11
    名無しさん 2015/08/23 15:24

    突撃取材とか、何を今更やってるんだか…
    丁寧に取材を重ねてその話題を見せる、なんて芸当が出来ないから、ただマイク突き出してるんだろ。
    そんなリポーターを称賛するなんてマネは、普通の人には思いもつかないわな。
    ゲスがゲスの為に作ってる番組など、観るに値しないと思うがな。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事