TROUBLE

HEADLINE

使途不明金の多い芸能界に国税がロックオン!?芸プロが一斉ガサ入れされていた!

アイドルグループ・AKB48などの運営会社「AKS」(東京都千代田区)が東京国税局の税務調査を受け、2014年11月期までの3年間で4億数千万円の申告漏れを指摘されていたことが判明した。

tr20150904-1

関係者によると、AKSはメンバーが住む住宅の家賃などを立て替え払いし、報酬として経費計上していた。

しかし国税局は、立て替え分は寄付金に当たり、課税対象になると判断。追徴税額は過少申告加算税を含め1億数千万円に上り、すでに納付済みという。

AKSは「国税局と見解の相違があったが、指摘を踏まえて適正に申告し、納税した。再びこのようなことがないよう努める」とコメントしている。

実はこの“事件”は、昨年末に広く業界で知られた話だった。関係者の証言。

「昨年末、AKS以外にも大手芸能事務所に相次いで国税局のガサが入った。不審に思った人物が背景を調べたら、どうもAKSが先に税務調査を受け、国税局とやり合っていることがわかった」

AKB48だけでなく、SKE48、NMB48などを抱えるAKSグループは、CDセールスでは独り勝ちを続け、コンサートやグッズ販売も堅調。金はうなるほど持っていると思われたが……。

「国税局が入ったのは、AKSが年間収支を赤字で申告してきたからだといわれる。国税局員が『芸能プロって、こんなに金がかかるんですか?』と知り合いの記者に電話してきたほど。

ところが、よくよく見るとメンバーの家賃やらパーティー代金、飛行機のチャーター代などを経費として計上していたそうだ。これでは通らない」(国税関係者)

芸能界にとどまらず、一般企業でも経費認定をめぐっては毎年国税局と激しいバトルを繰り広げている。

前出の関係者は「とりわけ芸能界は使途不明の経費が多い。AKSの件を受けて、他の大手事務所にもガサをかけた部分はある」と話す。

[引用/参照/全文:http://www.cyzo.com/2015/09/post_23720.html]

朝日新聞デジタルより

朝日新聞デジタルより

新興芸能プロは必ず狙われる!?

不可解な点が多く、例えばタレントの住居費用だが、会社経費での借り上げは芸能界では一般的で、眞鍋かをりさんの事務所の社長が脱税で起訴された際には、眞鍋さんの部屋が家宅捜索されたこともあった。

ただ、AKSの場合はメンバーと親が同居するため用の広い部屋代を出したり、旅行代金を負担するなど大盤振る舞いをしている。

しかも、全メンバーではないとは言えども、所属事務所を移っても部屋代を支給するなど「よその事務所でしかも(部屋代が)100~200万円と書いてありましたが、どんだけ手厚いんでしょうか」(前出関係者)という印象がある。

例えば2012年に一時期、東京都渋谷区内の新築マンションの1LDKに、前田敦子さん、大島優子さんらが生活していたことが明らかになったが、この間取りで家賃は1カ月約25万円と見られる。

2人とも所属は太田プロ。しかし、月額200万円の部屋を借りていたとなると、どのメンバーなのかは気になるところだが、本当に手厚いとしか言いようがない。

また、朝日新聞の報道では、前社長の交際費用4000万円も私的なものだと認定されている。

悪質かそうでないかに限らず、芸能プロの申告漏れは実は多い。人的なコネクションが勝負の世界であるため、トップは元タレント、元マネージャーが多く経理・総務畑の人はいない。

どうしても契約書や請求書がないドンブリ勘定の慣習は続いてしまう。また、なかには特定の相手に渡す裏金を作るために脱税をしたケースなども過去にはある。

国税庁にとっては、そうした隙を突きやすい業種であることか確かで、今後も新たに勃興した芸能プロは「通過儀礼」として狙われていくことだろう。

近年の芸能プロの主な申告漏れ・脱税事案

事務所 発覚年 申告漏れ額 画像は代表するタレント(現在は移籍含)

tr20150904-3
・アバンギャルド 2009年 3億4000万円

tr20150904-4
・人力舎  2010年 2億4000万円

tr20150904-5
・LDH 2010年 3億円

tr20150904-6
・ビーイング 2013年 10億円

tr20150904-7
・ゴーディーエンターテインメント 2014年 1億9500万円

[引用/参照/全文:http://media.yucasee.jp/posts/index/14816?la=nr5]

【関連リンク】

AKB48運営会社AKSが4億円申告漏れ!月200万円の家賃や私的な旅行代金を建て替え!?

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事